英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2016/17 ロイヤル・バレエ「真夏の夜の夢/シンフォニック・ヴァリエーションズ/マルグリットとアルマン」

劇場公開日

  • 予告編を見る
英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2016/17 ロイヤル・バレエ「真夏の夜の夢/シンフォニック・ヴァリエーションズ/マルグリットとアルマン」
50%
50%
0%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

世界に名をはせるイギリスの名門歌劇場、英国ロイヤル・オペラ・ハウスで上演されたバレエやオペラを映像収録し、映画館のスクリーンで上映する「英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2016/17」の1作。ロイヤル・バレエが誇る振付師のフレデリック・アシュトンが振り付けを担当した「真夏の夜の夢」「シンフォニック・ヴァリエーションズ」「マルグリットとアルマン」の3つを収録。「真夏の夜の夢」には日本人プリンシパルの高田茜が出演。

2017年製作/204分/G/イギリス
原題:Royal Opera House Live Cinema Season 2016/17: The Dream/Symphonic Variations/Marguerite and Armand
配給:東宝東和

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C) ROH.PHOTO Tristram Kenton  Bill Cooper

映画レビュー

5.0盛りだくさんだった

あんこさん
2017年9月3日
iPhoneアプリから投稿

真夏の夜の夢
プロにこんな事を言うのは失礼かも知れないけれど、オベロンとパックが物凄く踊りが上手くて圧倒された。立っても回っても美しい。選ばれた人っているんだなーって感じ。ティターニアの高田茜は軽やかで正に妖精。若々しいのでオベロンとの喧嘩は新妻に振り回される新婚夫婦って感じで可愛かった。

シンフォニック・ヴァリエーションズ
途中までは新体操みたいだなと見てたら、音楽が明るくなる辺りから急にダンスさを出してくる。演出が昔風な感じがする。

マルグリットとアルマン
今回見た三つの中で一番好き。マルグリット役の人の引退公演。ダンスが素晴らしいのは言うまでもなく、その上で演技が凄かった。恋に落ちた幸せな2人、マルグリットが捧げた無償の物に値段を付けられた悲しみ、死の床でなお失わないアルマンへの愛。全てが胸に迫った。今まで知らなかったけど、素晴らしいダンサーがこの世に居たんだなぁ。もっと見たいけど、せめて最後に見れてよかった。引退する人はお別れにバレエ団の人から花束を渡されるんですね。いつまでも花束が観客席から投げ込まれて、バレエ団からも観客からも愛されて、幸せな引退だなと思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あんこ
すべての映画レビューを見る(全1件)

「英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン」シリーズ関連作品

他のユーザーは「英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2016/17 ロイヤル・バレエ「真夏の夜の夢/シンフォニック・ヴァリエーションズ/マルグリットとアルマン」」以外にこんな作品をCheck-inしています。