美女と野獣
ホーム > 作品情報 > 映画「美女と野獣」
メニュー

美女と野獣

劇場公開日

解説

名作ディズニーアニメ「美女と野獣」を、「ハリー・ポッター」シリーズのエマ・ワトソン主演で実写映画化。「ドリームガールズ」のビル・コンドンがメガホンをとり、呪いで野獣の姿に変えられた王子と美しく聡明なヒロインのベルが惹かれ合っていく姿を描く。魔女に呪いをかけられ、醜い野獣の姿に変えられてしまったひとりの王子。魔女が残していった1輪のバラの花びらがすべて散るまでに「真実の愛」を見つけなければ、永遠に人間に戻れなくなってしまう。希望をなくし失意の日々を送っていた野獣と城の住人たちの前に、美しい町娘ベルが現れる。自分の価値観を信じて生きるベルは、恐ろしい野獣の姿にもひるまず、彼の持つ本当の優しさに気づいていく。王子役をテレビシリーズ「ダウントン・アビー」のダン・スティーブンス、町一番のハンサム男ガストン役を「ホビット」シリーズのルーク・エバンスがそれぞれ演じるほか、燭台のルミエール役でユアン・マクレガー、時計のコグスワース役でイアン・マッケラン、ポット夫人役でエマ・トンプソンが出演。

作品データ

原題 Beauty and the Beast
製作年 2017年
製作国 アメリカ
配給 ディズニー
上映時間 130分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

受賞歴

第41回日本アカデミー賞(2018年)

ノミネート
最優秀外国作品賞  

第90回 アカデミー賞(2018年)

ノミネート
美術賞  
衣装デザイン賞 ジャクリーン・デュラン

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

あの名曲・名シーンがより壮大に美しく、繊細に。ファンの願いに応えた実写版
美女と野獣の映画評論・批評

本当は怖いおとぎ話の数々を夢溢れるアニメーションとして生まれ変わらせ、子供はもちろん大人の心も捉えてきたディズニー。アニメーションでお馴染みの世界を「マレフィセント」や「アリス・イン・ワンダーランド」など切り口やテイストを変えた実写化...美女と野獣の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.9 3.9 (全686件)
  • これぞまさしくハリウッド・レガシー!! パワフルで能動的なヒロイン、ゲイ・キャラクターの登場と、新味投入の実写版は、何よりもエマ・ワトソンのミュージカル然としていない歌と他立ち居振る舞いがある意味衝撃的。決して過度に可愛く見せたくない... ...続きを読む

    MP MPさん  2017年4月23日  評価:3.5
    このレビューに共感した/9
  • まあ、、 普通。期待しすぎたかな? ...続きを読む

    s sさん  2018年6月18日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • こういう内容だったのね。いいじゃん! 王子様が云々なお話はあまり好きじゃなくて、この有名な作品はアニメも含めて避けてました。 なのでとても新鮮でした。 ベルの心を開いたのが、野獣の城にある蔵書っていうのがいいねえ。 で二人が少しずつ... ...続きを読む

    fukui42 fukui42さん  2018年5月26日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

他のユーザーは「美女と野獣」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

映画ニュースアクセスランキング

映画ニュースアクセスランキングをもっと見る
Jobnavi