美女と野獣

劇場公開日:

美女と野獣

解説

名作ディズニーアニメ「美女と野獣」を、「ハリー・ポッター」シリーズのエマ・ワトソン主演で実写映画化。「ドリームガールズ」のビル・コンドンがメガホンをとり、呪いで野獣の姿に変えられた王子と美しく聡明なヒロインのベルが惹かれ合っていく姿を描く。魔女に呪いをかけられ、醜い野獣の姿に変えられてしまったひとりの王子。魔女が残していった1輪のバラの花びらがすべて散るまでに「真実の愛」を見つけなければ、永遠に人間に戻れなくなってしまう。希望をなくし失意の日々を送っていた野獣と城の住人たちの前に、美しい町娘ベルが現れる。自分の価値観を信じて生きるベルは、恐ろしい野獣の姿にもひるまず、彼の持つ本当の優しさに気づいていく。王子役をテレビシリーズ「ダウントン・アビー」のダン・スティーブンス、町一番のハンサム男ガストン役を「ホビット」シリーズのルーク・エバンスがそれぞれ演じるほか、燭台のルミエール役でユアン・マクレガー、時計のコグスワース役でイアン・マッケラン、ポット夫人役でエマ・トンプソンが出演。

2017年製作/130分/G/アメリカ
原題:Beauty and the Beast
配給:ディズニー

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第41回 日本アカデミー賞(2018年)

ノミネート

最優秀外国作品賞  

第90回 アカデミー賞(2018年)

ノミネート

美術賞  
衣装デザイン賞 ジャクリーン・デュラン
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13

(C)2017 Disney. All Rights Reserved.

映画レビュー

3.5これぞまさしくハリウッド・レガシー!!

2017年4月23日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

楽しい

パワフルで能動的なヒロイン、ゲイ・キャラクターの登場と、新味投入の実写版は、何よりもエマ・ワトソンのミュージカル然としていない歌と他立ち居振る舞いがある意味衝撃的。決して過度に可愛く見せたくないという頑固さと、同じく過度に歌い上げないという開き直りが、徹頭徹尾、清々しいほどに貫かれているのだ。にもかかわらず、中盤以降はディズニーの力業で絢爛豪華なファンタジー・ミュージカルへとシフトしていくのを目の当たりにして、さすがに老舗の力は半端ないと実感した。同時に、最後に素顔を現すヴォイスアクターたちの顔ぶれの凄さにも。つまり、これぞまさしくハリウッド・レガシー。何度でも、如何様にも作り替えられるアーカイブがある限り、ハリウッド映画は不滅なのだと、今更ながら脱帽した次第。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 15 件)
清藤秀人

2.550点

2022年8月17日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

映画評価:50点

吹き替え版で観ましたが、
とりあえず口パクが凄い(苦)

セリフよりも歌のシーンが
口の動きと、声の出てくる所が違い過ぎて
どうしても集中出来ませんでした。

ストーリーに関しても、
アニメ版を観ていたから
脳内で補完しながら観れましたが
所々説明不足というか、
ツギハギに感じるシーンも多かったです。

原作の重要シーンも何故か少しずつ違うので、
意味合いが変わってしまう所もチラホラ。

うーん、、
初めて見る方には良いけど、
ファンが見る作品ではないかなと
総合的に感じました。
エマ・ワトソンファンにはオススメです。

でも美女と野獣ファンの方は
これを見るなら、
ミュージカル版をオススメします!

【2022.8.16観賞】

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まぁと@名作探検家

5.0アニメも良いけど実写も良かった。 映像もドレスや小物、装飾、全てが...

2022年6月29日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

アニメも良いけど実写も良かった。
映像もドレスや小物、装飾、全てが鮮やかでキラキラしていて観ていて楽しい。
ポット婦人やチップがアニメと比べるとあまり可愛らしくないのが微妙なところですが(笑)
やっぱりあの野獣の優しい目が好き。
実写も同じくベルを想う目は素敵でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よっしー

5.0華麗で切ない本格的恋愛ファンタジー

2022年4月10日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

楽しい

興奮

本作は、アメリカ映画の良さが遺憾なく発揮された傑作である。本作はミュージカル仕立てのファンタジーであり、アメリカ映画の最も得意とするジャンルの作品である。
物語の舞台は中世のフランス。我儘の限りを尽くしていた傍若無人な城の王子は、美しい魔女の怒りを買い、野獣(ダン・スティーヴァンス)に変えられてしまう。臣下たちも家具に変えられてしまう。魔女が持ち込んだバラの花が枯れるまでに、王子が真実の愛を見つけなければ、魔法は永遠に解けない。一方、城のある村に住む美しい娘ベル(エマ・ワトソン)は、その進歩的考え方故に村人から異端視され、孤立していた。ふとした切欠で二人は出会うが、最初は全く嚙み合わなかった二人だったが、読書という共通の趣味によって、次第に二人は理解し、惹かれ合うようになり、真実の愛が成就するかに思われたが、二人の前には試練が待ち受けていた・・・。

本作の最大のポイントは、ベルが野獣に惹かれるプロセスである。不自然なプロセスでは、ラブストーリーとして破綻してしまうが、そこは抜かりない。ベルを知的好奇心の強い性格にしたことが奏功している。ベルは固定観念を持たずに野獣に近づき、彼の知性、内面に惹かれていく。読書を通した知的な会話の深まりが自然で、内面に惹かれるということを納得させてくれる。
また、本作は、本格的ミュージカルなので歌唱シーンが多く、ストーリー展開が遅くなる感は否めないが、そのどれもが、力感に溢れ、美しい歌声と意味深い歌詞が心に染み渡る。やはり、ミュージカルはアメリカ映画の得意技であることを再認識させられた。

本作のファンタジーとしての真骨頂は、城でのベルの一人だけの晩餐会を盛り上げる魔法に掛けられた臣下達の躍動シーンであり、CG技術を駆使した展開が素晴らしい。不思議の国のアリス、スターウォーズなどを彷彿とさせるが、魔法に掛けられ家具に身を窶しながらも王子を慕う臣下達の想いに胸が熱くなる。

進歩的なベルを異端視し、ベルの説得を振り切って、野獣の住む城を襲撃する村人たちの考え方、行動は、魔女狩りの名のもとに自分たちの理解できない者を排除してきた中世欧州社会そのものであり、リアルであり説得力がある。

ファンタージーであるので、予定調和となるだろうと分かってはいても、本当に魔法は解けるのだろうかというハラハラ・ドキドキ感が半端なく、ラストは涙が込み上げてきた。王子、臣下達の演技が抜群であり、人間の姿をしていない彼らが最も人間的であり、魔法を巡る彼らの葛藤に素直に感情移入ができた。

本作はラブストーリーではあるが、主人公二人に過度にフォーカスせず、魔法に掛けられた臣下達、ベルを異端視する村人達など、主人公二人を取り巻く登場人物達を丁寧に描写することで、物語のすそ野が広くなっており、しっかりとした土台を築いている。その結果、雄大・壮大さと、華麗な美しさを併せ持つ、観る者を魅了して止まない作品に仕上がっている。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 12 件)
みかずき
すべての映画レビューを見る(全739件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る