美女と野獣のレビュー・感想・評価

メニュー

美女と野獣

劇場公開日 2017年4月21日
686件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

これぞまさしくハリウッド・レガシー!!

パワフルで能動的なヒロイン、ゲイ・キャラクターの登場と、新味投入の実写版は、何よりもエマ・ワトソンのミュージカル然としていない歌と他立ち居振る舞いがある意味衝撃的。決して過度に可愛く見せたくないという頑固さと、同じく過度に歌い上げないという開き直りが、徹頭徹尾、清々しいほどに貫かれているのだ。にもかかわらず、中盤以降はディズニーの力業で絢爛豪華なファンタジー・ミュージカルへとシフトしていくのを目の当たりにして、さすがに老舗の力は半端ないと実感した。同時に、最後に素顔を現すヴォイスアクターたちの顔ぶれの凄さにも。つまり、これぞまさしくハリウッド・レガシー。何度でも、如何様にも作り替えられるアーカイブがある限り、ハリウッド映画は不滅なのだと、今更ながら脱帽した次第。

MP
MPさん / 2017年4月23日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 2 件)
  • 共感した! (共感した人 9 件)

まあ、、

普通。期待しすぎたかな?

s
sさん / 2018年6月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

こういう内容だったのね。いいじゃん!

王子様が云々なお話はあまり好きじゃなくて、この有名な作品はアニメも含めて避けてました。
なのでとても新鮮でした。

ベルの心を開いたのが、野獣の城にある蔵書っていうのがいいねえ。
で二人が少しずつ心を寄り添っていくのもいいんですが。
個人的には、城の時計や燭台・ポットなどが生き生きと動いているのが面白かった。ラストで誰がその小物たちの声をしていたのがわかる場面。「やっぱり」「あらそう!]。

日本での興行成績が良かったのも、納得かな。
夢はいつか冷めるけど、目を開けたらまた新しい世界。
見て気分すっきりしました。

野獣といっても、目がとてもきれいでしたね。

fukui42
fukui42さん / 2018年5月26日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アニメを超えた傑作

高評価のアニメ版を超えた傑作です。エマ・ワトソンのクオリティは素晴らしい。現在の映像技術を駆使してとても綺麗な仕上がりとなっている。期待を超えた実写版。

ミネルバ250
ミネルバ250さん / 2018年5月19日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD、CS/BS/ケーブル、映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

実写化でも素晴らしい

ディズニーの美女と野獣が名作だからこそ、実写化ってどうなのよ!って思ってました。だけどこの作品はオリジナルの部分も素敵で、映像とエマ・ワトソンの美しさに魅了されまくりでした!!

もっち
もっちさん / 2018年5月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

魔女 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

結局魔女は何がしたかったんだろう?
意地悪なのか優しいのか、なんだかキャラがブレてるような。
王子を野獣に変えたのは教育的指導で、野獣に変えた後も近くで見守ってたの?
でも野獣に変えるなんて厳しすぎだし、薔薇の花びらが落ちるまで、なんてストレスフルだし、城の中にいた人全員変身させちゃうなんて意地悪すぎ。と言いつつも最後は生き返らせて優しい感じだし?
よく分からない魔女でした。

秋楡
秋楡さん / 2018年5月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大好きな映画の実写版

美女と野獣の実写映画ということで、もともとアニメ版が大好きだったので見に行きました。

まず、エマ・ワトソンが何よりベルの役にハマっていました。芯の強い女性の役をうまく演じていたと思います。

映像もとても綺麗でした。
また、家具や置物に変身させられた召使いたちは喋ったり動いたりしますが、そこも不自然なくなかなかリアルに表現出来ていてよかったです。
アニメ版のコミカルで可愛いというよりは結構大人っぽい印象になりますがこれはこれで実写化で落ち着いて仕上がっていていい部分だと思います。

ストーリーは実写版のオリジナルストーリーも多少付け加えられていましたが、おおまかな流れはほとんど変わりません。

私の特にお気に入りのシーンは、ベルと野獣が踊るシーンなのですが、野獣がベルを持ち上げて踊るところで大号泣してしまいました。

2人の愛の話だけではなく、親子の愛や友情愛なども組み込まれているのでラブストーリーだけで泣ける映画ではなく、どんな方が見ても人によって違う愛の感じ方ができるのではないかと思います。

とても感動しました〜〜。

ま ど か
ま ど かさん / 2018年5月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

召使いたちが良いね ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

食器たちのCGはさすがに技術が進んでて素晴らしかった。野獣の魔法が解けたときの姿がなんともカッコ悪くて笑った。ありゃ逆に嫌いになるわ。

ボケ山田ひろし
ボケ山田ひろしさん / 2018年5月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

はじめて

今まで見た映画の中で一番の感動を味わいました(涙)

おまめ
おまめさん / 2018年4月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

綺麗

映像、音楽、演技、背景、全て細かくて素晴らしい!

ベル役がエマワトソンで彼女しかいない!と思うほどはまり役でした

Honday
Hondayさん / 2018年4月24日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作に忠実。

メインになるキャラは役にハマっていてぴったりでした。特にガストン!笑

それより周りの人物がみんな似ていてなぜか濃い。ヘアメイクのせいなのかな?特徴があってもいい気がする。

オリジナルな部分もあったが、映像が美しく、
ミュージカル映画はやっぱり楽しい。

セリーヌディオンの時は永遠に。オリジナルトラックみたいですが、こちらもすごく良かった。

Riri
Ririさん / 2018年4月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

横綱相撲

美女がエマ・ワトソン、野獣はダウントンアビーのダン・スティーブンスで素顔は最後だけ。
ストリーも歌も知っているので、実写版は果たして、なんて思ったが、何のことはない、堂々たる面白さで大満足。
ディズニーの安定感は神業レベル。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2018年4月16日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人間の邪悪は野獣もてこずる ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ディズニーがアニメで有名にした名作だとはなんとなく知っていて、アニメの美女と野獣の一枚の絵のようなものはみたことがあったが、実写版で初めて観てしまった。ミュージカルが織り込まれているが、それをミュージカルと言うのだろうか。全部が歌ではないが。昨年の公開だとは、どこで漏れたのか、私の記憶に無かった。愛のない暴力的な位の高い男が、その罰として野獣に変えられてしまった。お互いに愛を知る人と出会うと人間に戻るという魔法だった。薔薇の花の最後の一枚が散ると永遠に人間に戻れなくなる。召使たちは食器に変えられたりしていたが、話したり動くことが出来た。ちょっとぼおっとしていたら話が進んでしまっていて、なぜか一人の若い女が野獣に変えられた男たちの住む城に入り込んだ。食器たちが、この女こそ呪いをかけられた自分たちを人間に戻すことのできる、すなわち野獣と愛し合えばそうできる女だと感じて、女をもてなす。これがアニメでなくても表現できてしまう時代になってしまったCGの凄さが見て取れる。もし美女と野獣が結ばれる結末なのだとしたら、食器たちの女へのもてなしは、祝福の儀式のようなものであって、周囲というか、社会と言っても良いが、そうした背景に結婚への祝福があれば、結婚へつながっていくのだろう。現在の日本は社会の多くが、男女の結びつきに絶望している。野獣も女をみた最初は人間で無くなってしまったこともあって、絶望的だった。女は複数のオオカミに自らを防衛しようとするほど勇気があったが、危機一髪の時に野獣が現れ、オオカミたちと格闘して女を救った。
そして気絶した。この物語では、男の姿が野獣であっても、命を助けてくれたものとしての女の気持ちがあった。なぜ野獣は女を助けたのかというのもある。その二人とは別に、女と結婚を望む、
がさつなガストンという男が出るが、これがひどい男で、女の父親が言うことを聞いてくれないので、オオカミに食われてしまえと木に縛って道に放っておいてしまう。これでは父親も女もガストンとは結婚するもんかと察知しているわけである。脇役には善人もいれば悪人もいるが、ここでは悪役であった。物語によっては善人の脇役が主役の男女二人が結ばれるサポートをしたりする。この物語では食器たちであろう。食器たちは女と結婚しようというわけではないが、人間に戻れるきっかけにはなる。食器たちの愛が自らも人間に戻り、愛を教えてくれているのかも知れない。社会が結婚を祝福するならば結婚は増えるだろう。ガストンたち対食器たちになるが、邪悪な人間のほうが、
野獣よりも怖いのかというようなところを垣間見せているのだろうか。ガストンが悪者だと知った男が、カップのおばさんを助けて味方になるところは爽快であった。強欲な人間の男こそ形は人間でも野獣だったんだな。キリスト教の復活のような影響があるんだろうか。それでもカタルシスな感じだった。個人的にはキスシーンはないほうが良いと思ってしまっている人が私なのだが、西洋的なラストだった。愛は勝ち、戻るのだった。

Takehiro
Takehiroさん / 2018年4月13日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

映像とエマの歌声がキレイ 原作大好きだからクオリティ高い実現で嬉しい

映像とエマの歌声がキレイ
原作大好きだからクオリティ高い実現で嬉しい

m1n@
m1n@さん / 2018年4月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

実写がアニメを越えた!

これまでアニメを実写化するとがっかりする事ばっかだったけど、この作品はアニメを越えたと思う。
エマ・ワトソンも良かったが、映像も非常にキレイで良かったし、野獣の迫力も増してた。ガストンも良かった。
ただ実写で観ると魔法が解けた後の召使い達の化粧がキツかった。
個人的にはアリアナ・グランデの歌もアニメ版のセリーヌ・ディオンより好きだ。PVも良かった。

トラ吉
トラ吉さん / 2018年3月31日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最高に綺麗で最高に泣ける。

大好きなディズニーだからこそ、なんでもかんでも実写にしないでよ、、と思ってましたが、もう!もう!!最高すぎました。歌も踊りも音もミュージカルを生で見てるかのようで、映像の綺麗さもあり、アニメとは少しストーリーが異なる部分もあり、自分でも、わかってるようで、わかってない、そんな感覚で見れました。代表的な踊るシーンあたりから、ラストまで、情緒不安定なのか!?wwと思うほど、永遠と泣いてました。w
ラストが思ってた感じのストーリーじゃなく、そこにも号泣。。。

あまりに良くて、珍しく2回見ました。
DVDも買いました。w

SORA
SORAさん / 2018年3月30日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

とにかく映像は綺麗。はじめは吹き替えで見てたけど、途中から字幕で。...

とにかく映像は綺麗。はじめは吹き替えで見てたけど、途中から字幕で。字幕のほうが好き。アニメは何度か観たことあるけど、個人的にアニメのほうが好き。でもふたりのダンスシーンはほんっとに綺麗!そのダンスシーンまではあんまり面白くなかった印象

ぱんちゃん
ぱんちゃんさん / 2018年3月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これだけ言いたい

アニメ版の…大好きな…図書室プレゼントするシーンがあっさりだった……

アニメ版にはないオリジナルの野獣の歌で泣いた。(アニメ厨)

ゆら
ゆらさん / 2018年3月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD、映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

まとまってます

好きな所
ガストン
嫌いな所
少し長く感じた。
再鑑賞
無し

カトカツ
カトカツさん / 2018年3月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

エマ好きにはたまらない

美女と野獣は幼い頃から見ていて内容も知っているが、それでも面白かった。この映画のテーマである真実の愛が、ベルと野獣以外でも、ベルと父親、母親や野獣の使用人たちそれぞれの愛も描かれていたことがよかった。
そしてエマの歌声はとても綺麗だし、ミュージカルはアニメに忠実な部分と応用のバランスが良く、想像以上の楽しさだった。
ベルの黄色いドレスやお城は空想の世界を現実にしたような再現力で、図書館のシーンは心踊るような感覚だった。
また、この映画の中には人種差別や女性人権、子供の人権を考えるようなシーンも見受けられた。

ほとんど完璧な作品に思えたが、1つだけ気になったのが、ベルが村の図書館で本を借りるシーンで、図書館の本が机の上に数冊並べられているだけで、あまりにも少なく、、、あれ、?となった。

aiue
aiueさん / 2018年3月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

686件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi