英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2018/19 ロイヤル・バレエ「ロミオとジュリエット」

劇場公開日

  • 予告編を見る
英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2018/19 ロイヤル・バレエ「ロミオとジュリエット」
80%
0%
20%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

イギリスが世界に誇る名門歌劇場ロイヤル・オペラ・ハウスで上演されたバレエやオペラの演目を、映画館のスクリーンで上映する「英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2018/19」の1作。巨匠ケネス・マクミランの振り付けでロイヤル・バレエにおいて400回以上も上演されている人気演目で、20世紀バレエの最高傑作とも言われる「ロミオとジュリエット」を収録した。キャピュレット家のジュリエットとモンタギュー家のロミオは情熱的な恋に落ちるが、互いの家が対立していることから、秘密裏に結婚する。しかし、運命のいたずらによってロミオはジュリエットの従兄弟ティボルトと決闘し、彼を殺してしまう。罰として追放されたロミオの後を追うため、毒薬を飲んで仮死状態になってロミオの元へと行こうと計画したジュリエットだったが……。

2019年製作/197分/G/イギリス
原題:Royal Opera House Live Cinema Season 2018/19: Romeo and Juliet
配給:東宝東和

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)ROH, 2015. Photographed by Alice Pennefather

映画レビュー

4.5バルコニーのパトゥドゥが最高にロマンティック。

だいずさん
2019年8月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

ロイヤルバレエのシグネチャーレパートリーであるロミオとジュリエットです。

映画でオリビアハッセーのもディカプリオのも見ているし、吉田都がジュリエットを演じたロイヤルバレエの演目を多分BSで所々見たような記憶があります。そして音楽が某ケイタイ会社のCMで耳に残っているので、まぁ分からんということはないです。

舞踏会のシーンの音楽が有名だから他の場面の音楽、知らなかったですが、バルコニーのパトゥドゥの音楽、すんばらしいですね。音楽だけでもめちゃくちゃロマンティックです。甘く切なく情熱的で、やー、すんばらしい。
そして、マシューとヤスミンの踊りと演技が相まってねぇ。ええもん見ました。

ロミオと友人2人がジュリエットの乳母?をおちょくるダンスとかも良かったです。
あと、殺陣での剣の当たる音が音楽と溶け込んで、パーカッションとして機能していて、ワオって思いました。

やー、よかったよかった。
場面がコロコロ変わるけどその間を音楽だけで繋ぐので、集中がすこし途切れる感じが気になりました。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
だいず
すべての映画レビューを見る(全1件)

「英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン」シリーズ関連作品

他のユーザーは「英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2018/19 ロイヤル・バレエ「ロミオとジュリエット」」以外にこんな作品をCheck-inしています。