銀魂

劇場公開日

銀魂
19%
42%
26%
8%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「週刊少年ジャンプ」連載の空知英秋原作による大ヒットコミックを、小栗旬主演で実写映画化。テレビドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズの福田雄一がメガホンをとり、宇宙人に支配された江戸で万事屋を営む侍・坂田銀時と仲間たちの活躍を描く。江戸時代末期、宇宙から襲来した「天人(あまんと)」が日本を開国。天人の台頭と廃刀令により、侍は衰退の一途を辿っていた。そんな中、未だに侍魂を堅持する風変わりな男・坂田銀時は、廃れた剣術道場の息子・新八や、戦闘種族である夜兎族(やとぞく)の少女・神楽と出会う。彼らが営む万事屋の周囲では、次から次へと事件が巻き起こり……。万事屋メンバーの新八役を菅田将暉、神楽役を橋本環奈が演じるほか、新八の姉・妙役に長澤まさみ、攘夷浪士・桂小太郎役に岡田将生、真撰組・近藤勲役に中村勘九郎、銀時の宿敵・高杉晋助役に堂本剛と豪華キャストが集結。

2017年製作/130分/G/日本
配給:ワーナー・ブラザース映画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22
  • 画像23

(C)空知英秋/集英社 (C)2017「銀魂」製作委員会

映画レビュー

3.5原作の魅力を実写できっちり再現した

2017年7月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

漫画の実写作品も、非常によく出来たものと、そうでないものの差が開きつるあるように感じる。きちんと原作の魅力の本質を理解して、実写映像というフォーマットの違う表現手法に置き換えることができている作品と、見てくれの再現だけの作品と。

銀魂は前者。原作の魅力をきちんと掘り下げて、実写作品ならではの味付けで見せてくれた。

アクションが迫力不足なのは残念だが、銀魂ならではの際どいパロディを惜しげもなく披露してくれたし、ダサいところはダサく、カッコいいところはカッコいい銀時の魅力を、小栗旬がしっかりと作り上げていた。菅田将暉の芸達者ぶりも光っていた。帝一の國に続いて、コメディセンスを発揮していた。

漫画やアニメの実写化作品に対して、アレルギーのように拒否反応を示す人もいるが(その原因は映画製作側のこれまでの不名誉な実績にあると思うが)、こういう成功例が地道に積み重なれば、そうした人も少なくなるだろう。

コメントする
共感した! (共感した人 20 件)
杉本穂高

4.5銀魂

じぇらさん
2021年8月23日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

銀魂の原作が大好きなので、少しの抵抗を感じながらもDVDが出てすぐに観ました。
良い意味でかなり期待を裏切られた作品でした。
一つ一つのキャラクターのクオリティがかなり高く、観終えたあとにこれは銀魂だ…と思わず呟いてしまいました。
特にパロのくだりがほんとに面白く何度も笑ってしまいました。
一部は違うかな?と思うキャストさんもいらっしゃいましたが、原作好きのファンからもアニメの実写映画として全体的にはほぼ満点です◎

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
じぇら

4.0コスプレの橋本環奈だけでも鑑賞する価値がある

2021年6月28日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

萌える

映画館では2017年8月28日地元のイオンシネマで鑑賞

原作はチラッと読んだがセリフ多すぎてしんどいのですぐにやめた
『ギャグマンガ日和』は大好きだが漫画の『銀魂』にははまらなかった
アニメも同じ理由でほとんど観ていない
美男美女がギャグ漫画に寄せているであろう感動
豪華俳優陣
原作ファンではない自分は銀魂といえば小栗旬主演の実写映画しか思いつかない
ちなみにジャンプを手に取ってしっかりと読んだのはドラゴンボール連載終了が最後だ

福田雄一監督作品
彼はレビューに書き込む熱心なオタクとは相性が悪い
福田ファンはレビューを読まないかレビュアーをリスペクトしてないんだろう

最高のエンターテイメント

宇宙人に侵略された江戸時代の話

剣戟だが『るろうに剣心』と比較するのはナンセンス

見どころは
顔芸の菅田将暉
金色の中村勘九郎
唾飛ばす大声の安田顕

神楽は橋本環奈の一番の当たり役
中国人は語尾に「ある」をつけてしゃべったりしない
神楽とゼンジー北京

当事は存じ上げていなかったが『しくじり先生』でお馴染みのアルコ&ピースの酒井がチョイ役で出ていた

新井浩文も出ていたね
本当にお尋ね者となるとは
悪役は実は良い人だったはず

数年前に地元の女子が語尾に「ッス」をつけて喋るのがとても気になったがこいつの真似をしていたのかもしれない
女性的魅力を感じたことはないがストイックのせいかスタイルは良いんだなと感心させられた菜々緒

オタクと共感できることは殆どないがシャア役の配役にショックを受けたのなら同情する

ギャグはところどころすべっている
それがアニメだとかなり痛々しいが実写はそうでもない
二次元ではなく自分と同じ三次元だからだろう

余談だが大人ならDVDやBDは傷つかないように扱って欲しい
動画配信の時代でも

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
野川新栄

4.0とにかく面白い!

2021年5月27日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

とにかく面白いです!
キャストが本当に笑っているシーンも出ていて面白です。
仕事のプロジェクトでも、話題になぜか出てました(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
嶋村吉洋
すべての映画レビューを見る(全538件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「銀魂(実写)」シリーズ関連作品