パディントン

ALLTIME BEST

劇場公開日

パディントン
19%
57%
21%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

1958年に第1作が出版されて以降、世界40カ国以上で翻訳され、3500万部以上を売り上げるイギリスの児童文学「パディントン」シリーズを初めて実写映画化。真っ赤な帽子をかぶった小さな熊が、ペルーのジャングルの奥地からはるばるイギリスのロンドンへやってきた。家を探し求める彼は、親切なブラウンさん一家に出会い、「パディントン」と名付けられる。ブラウンさんの家の屋根裏に泊めてもらうことになったパディントンは、早速家を探し始めるが、初めての都会暮らしは毎日がドタバタの連続で……。「ハリー・ポッター」シリーズを手がけたプロデューサーのデビッド・ハイマンが製作。ニコール・キッドマンらが出演し、パディントンの声は「007」シリーズのベン・ウィショーが担当。

2015年製作/95分/G/イギリス
原題:Paddington
配給:キノフィルムズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C) 2014 STUDIOCANAL S.A. TF1 FILMS PRODUCTION S.A.S Paddington Bear TM, Paddington TM AND PB TM are trademarks of Paddington and Company Limited

映画レビュー

3.5いつかあの駅に行ってみたい

2019年12月29日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

パディントン駅には行ったことがないけど、いつか行ってみたい。あのクマの銅像があるらしいので、聖地巡礼というか、現地でクマのパディントンに会いたいという気分にさせられる作品だった。密輸船に乗ってロンドンにやってきたクマが都会の冷たさにうちひしがれながらも、ブラウン一家の温かさに触れ、都会に馴染んでいく。よそ者との共生の難しさと大切さを、しゃべるクマを通じて描いたメルヘンだけれど、移民問題に揺れるヨーロッパの切実な問題意識が内包されている。
ニコール・キッドマンがこういう映画に出るのは珍しいし、普段やらないようなオーバーな芝居を披露しているのがなんだか面白い。ミッション・インポッシブルのパロディのようなシーンもあって、元旦那の代表作じゃないかと思ったり。クマのパディントンの声をベン・ウィショーが担当しているが、あのモフモフの外見に渋く低い声なのが、ギャップ萌えだ。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 1 件)
杉本穂高

4.0ピンだがうさぎサン一派に負けていない(笑)

SpicaMさん
2021年7月12日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
SpicaM

5.0パディントンがかわいい☆

2021年2月28日
PCから投稿

色使いが賑やかで見ていると幸せな気持ちになれる☆
旅行気分が味わえる☆

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
「大空のサムライ」映画化して!

4.0クマ、ロンドンへ行く

棒人間さん
2021年1月18日
Androidアプリから投稿

楽しい

幸せ

原作未読
奇妙な生物が突如ロンドンに現れる。並みのSF映画ならマスコミやら研究者やらが殺到しそうな事件だが、この街では日常のほんの一部に過ぎず、皆当たり前のように受け入れている。
絵本なら当たり前に感じられる情景だが、こうして実写の画面でみてみるとなんだか不思議な感じがした。平和で素敵な世界なのに、いつからこんなに変に感じるようになったんだろうなぁ。
変わっていく人や空気感が分かりやすく、挿入歌も印象的。
GYAO!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
棒人間
すべての映画レビューを見る(全185件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「パディントン」シリーズ関連作品