ヴィンセントが教えてくれたこと

劇場公開日

ヴィンセントが教えてくれたこと
19%
60%
18%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ビル・マーレイ扮する破天荒なダメオヤジが、12歳の少年との交流を通して生きる力を取り戻していく姿を描いたハートフルコメディ。アルコールとギャンブルを愛する、嫌われ者の偏屈親父ヴィンセントは、隣に引っ越してきたシングルマザーのマギーから、彼女の仕事中に12歳の息子オリバーの面倒を見るよう頼まれてしまう。嫌々ながらも引き受けたヴィンセントは、行きつけのバーや競馬場にオリバーを連れて行き、バーでの注文方法からいじめっ子の鼻のへし折り方まで、ろくでもないことばかりを彼に教え込んでいく。オリバーはそんなヴィンセントと反発しあいながらも、一緒に過ごすうちに彼の隠された優しさや心の傷に気づいていく。マーレイは本作でゴールデングローブ賞主演男優賞(コメディ/ミュージカル部門)にノミネート。オリバーの母親役に「ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン」のメリッサ・マッカーシー。「21グラム」のナオミ・ワッツが妊婦のストリッパー役で出演。

2014年製作/102分/G/アメリカ
原題:St. Vincent
配給:キノフィルムズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第72回 ゴールデングローブ賞(2015年)

ノミネート

最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル)  
最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル) ビル・マーレイ
詳細情報を表示

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)2014 St. V Films 2013 LLC. All Rights Reserved.

映画レビュー

4.0ヴィンセント・ザ・セイント

2022年5月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ジャーニー

3.5大切な人を大切にできればそれでいい

21世紀さん
2021年10月16日
スマートフォンから投稿

ヴィンセントは正直口も悪いし、だらしなくてお世辞にも聖人とは思えないけれど、その人のことを表面だけで語ることはできない、と思いました。

無理に人に好かれようとしたりしなくても、大切な人を大切にできたら良いし、好きな人と一緒に幸せにいられればそれで良いよなぁと思わせてくれる映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
21世紀

3.0泣けた

2021年9月24日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

日本だったら、授業参観で、子供が親について赤裸々に書き綴った作文で、最後に「そんなお父さんが僕は大好きです」なんてまとめられて、ボロ泣きする西田敏行的な視点の映画ですね。

人生も終着点が近く、何もかもが上手くいかない。
もしかしたらお金で全部解決するんじゃないかと思える部分をさらけ出し、「老い」「借金」「人付き合い」なんかから全部逃げ出し、誇張もせず淡々と描き出したヴィンセントという人物像を、子供の視点を通してあぶりだしていく。

「最高の人生のはじめ方」「リトル・ミス・サンシャイン」「グラン・トリノ」なんかが好きな人にはお勧めの映画です。

2016.10.3

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
うそつきカモメ

4.5ヤラレタ!!(笑)

2021年7月1日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

楽しい

《お知らせ》
「星のナターシャ」です。
うっかり、自分のアカウントにログインできない状態にしていまいました。(バカ)
前のアカウントの削除や取り消しもできないので、

これからは「星のナターシャnova」

以前の投稿をポチポチ転記しますのでよろしくお願いいたします。
==============

子供と老人と言う構図で、落ちは解っていたんだけど
ここまでとは〜〜

本当の優しさや本当の強さや
色んなモノを内包してるヴィンセントじいさん!
お金にセコいのも、ちゃんとそれなりの訳があって
ギリギリのところで人物像が破綻して無いところが
流石な脚本だな〜〜と思う。

『St. VINCENT』と言う原題に繋がる部分はちょっと
やり過ぎ感があったけど〜〜
その後の、
事情はそれぞれ違って、それぞれが問題も抱えているけれど
心が通じ合える人同士が、1つの食卓を囲んで補い合って生きる。

私の一番好きなパターン。

そのテーブルにあの子までいるなんて〜〜〜
ああ、ヤラレタ〜〜(涙)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
星のナターシャnova
すべての映画レビューを見る(全136件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る