メリッサ・マッカーシー&クリス・オダウド「ヴィンセントが教えてくれたこと」監督の新作で再タッグ

2019年6月23日 15:30

メリッサ・マッカーシー
メリッサ・マッカーシー

[映画.com ニュース] 「ヴィンセントが教えてくれたこと」「ドリーム」のセオドア・メルフィ監督の新作「The Starling(原題)」に、メリッサ・マッカーシークリス・オダウドが出演交渉中と米Deadlineが報じた。マッカーシーとオダウドは、「ヴィンセントが教えてくれたこと」「ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン」で共演している。

脚本家マット・ハリスが執筆しブラックリスト(製作前の優秀脚本リスト)に選出された「The Starling(原題)」は、ある悲劇に見舞われた夫婦を描く作品。夫が悲しみを乗り越えようとする一方、妻リリーは家に閉じこもる。夫は彼女のために庭を美しく整備するが、妻は近所に巣をもつ黒い大きなムクドリに恐怖心を抱き、獣医のところへ。すると、かつて精神科医だったが人間に嫌気がさし獣医に転向したその男性は、彼女の相談に独自の解決策を伝えるのだった、というストーリーだ。「ヴィンセントが教えてくれたこと」に似たコメディタッチの心温まる寓話的作品で、マッカーシーとオダウドが夫婦役を演じるという。

本作は2017年に、キアヌ・リーブスアイラ・フィッシャー主演、ドメ・カルコスキ監督作として製作が検討されていた。当時はムクドリに悩む主人公が夫の設定だったが、マッカーシーに合わせて妻に書き換えられたそうだ。「The Starling(原題)」は今夏クランクインが予定されている。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース