MIRACLE デビクロくんの恋と魔法

劇場公開日

  • 予告編を見る
MIRACLE デビクロくんの恋と魔法
12%
25%
42%
14%
7%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「嵐」の相葉雅紀が映画単独初主演を務め、山下達郎の名曲「クリスマス・イブ」をモチーフにした中村航の小説「デビクロくんの恋と魔法」を映画化。相葉と榮倉奈々、ハン・ヒョジュ、生田斗真が演じる男女4人のすれ違う思いと、クリスマスの夜に起こる奇跡を描いたラブストーリー。メガホンをとったのは、「ジョゼと虎と魚たち」「のぼうの城」の犬童一心。主人公の光だけが見ることのできる存在で、物語のキーとなるキャラクター「デビクロくん(デビルクロース)」の声を、劇団ひとりが担当した。漫画家になる夢を抱きながら書店員として働く光は、世界的な照明アーティストのソヨンに恋をし、幼なじみの杏奈に相談するが、偶然にもソヨンは杏奈の仕事仲間だった。杏奈は光の恋を応援するが、彼女は幼いころから密かに光に思いを寄せている。一方の光は、大学の同級生で売れっ子漫画家の北山が、かつてソヨンと付き合っていたことを知り……。

2014年製作/114分/G/日本
配給:東宝、アスミック・エース

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)2014「MIRACLE デビクロくんの恋と魔法」製作委員会 (C)2013 中村航/小学館

映画レビュー

3.0大分前に

2020年1月11日
Androidアプリから投稿

単純

幸せ

寝られる

映画館で観て来ました。
何故だかわかりませんがどはまり
してました。
音楽が良く好きなのかも知れないけど。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
色んな映画を観る‼️

2.0NO MIRACLE X'mas

近大さん
2019年1月28日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

単純

寝られる

萌える

山下達郎の名曲をモチーフにした小説の映画化。
男女4人が織り成すクリスマス・ラブストーリー。
こういう作品ってロマンチックでハートフルで雰囲気的にもいい好編多いが、つまらなくてびっくり。

何がつまらないって、ストーリー。
漫画家を目指す書店員の光。
光と幼馴染みの杏奈。
杏奈の仕事仲間の照明デザイナー、ソヨン。
光の同級生で売れっ子漫画家の北山。
光はソヨンに恋をする。
杏奈はずっと光に片想い。
ソヨンと北山は元恋人同士で…。
誰が誰を好き、誰が誰に片想い…何処かで見た事あるようなベタな男女恋愛関係。
片想い、届かぬ想いの切なさも全く感じず。
少女漫画かファンタジーのような現実離れ、ご都合主義。
なので、展開やオチもある程度想像付く。

所々登場する光の漫画のキャラクター、デビクロ。
実写とアニメの融合はユニークだが、何だか子供騙し。

榮倉奈々、ハン・ヒョジュら女優陣は魅力的。(採点のほとんどはこの2人に)
主役である筈の相葉雅紀の演技と役柄が酷い。“ミスターごめんなさい”のあだ名の如何にも“ボク、善人で~す”って感じがリアリティー無し。

近々公開される中島美嘉の名曲をモチーフにしたもう予告編を見るのもうんざりの某作品もそうだが、山下達郎のあの名曲を聴いて、どうしてこんな中身の無い作品になるのか。
曲を聴いている方がずっといい。
作り手側の感性や想像力の欠如。
監督誰かと思ったら、まさかの犬童一心!
こんな作品を手掛けるとは…。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
近大

2.0ん〜

2017年2月27日
iPhoneアプリから投稿

今一歩だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まっちゃん

3.0予定調和ぶりが凄い、でも相葉雅紀&榮倉奈々ファンなら必見でしょう

2016年11月27日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

単純

幸せ

犬童一心監督は一体どうしちゃったんだ?と言いたくなるぐらい、超ベタ、超予定調和な恋愛映画でしたが、「クリスマス」「奇跡」「恋」がキーワードだっただけに、あえて誰でも作れそうだけど誰も作りたがらないベタ中のベタ路線に行ったんでしょうかね。
だとしても、もう一工夫欲しかったような。
まあ個人的にはクリスマスのベタ物は結構嫌いじゃないので、何だかんだでこのベタさ加減を楽しんだりはしたのですが、これだと世間的な評価が微妙だったのは何となく納得かも。

ただ主演の相葉雅紀&ヒロインの榮倉奈々ファンなら評価が甘くなるのも確実でしょう。
ほとんど2人のPVのようなラブストーリーでしたもんね。
私も何だかんだで榮倉奈々のキャラにガッツリやられた口ですが、ホント2人のいいところをキャラクターにしたような役どころでしたので、双方のファンならこの脚本でもある程度の満足感は得られるはず。
いい人を画に描いた様な鈍感男の光、男勝りで姉御肌な杏奈、まさしくイメージ通り、予定調和な結末でも妙にほっこりとさせられました。

2人の子供時代の回想シーンも、何気に出来が良かった印象で、特に松本来夢→榮倉奈々への成長は物凄く納得、光を守る杏奈、杏奈を癒す優しい光、この関係性があったからこそ、ある程度納得できた気がしました。
でも、子供の頃からこの関係性があるならば、光はもうちょっと早く何とかしておけよ!(苦笑)
光の鈍感さには、かなりイライラさせられました、けど相葉雅紀がまたそんな役が似合うから憎めないんだなぁ。

光が惹かれるソヨンとの物語は、いくらなんでも無理がありすぎたかな、でも演じたハン・ヒョジュが物凄く美しかったので、惹かれる気持ちは分かるし見ていて目の保養にもなりました、けど、かませ犬感は半端じゃなかったね・・・。
それと生田斗真は思いのほか出番が少なく、しかもソヨン共々・・・何だかねぇ。
アニメキャラのデビクロくんも、声が劇団ひとりだった分、効果が薄まってしまった感。
正直全体的な完成度は微妙だった印象ですが、まあこの時期は特に堅いこと抜きにこんな予定調和でクリスマスソング満載な恋愛映画を見るのも、悪くはないかもしれませんね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
スペランカー
すべての映画レビューを見る(全42件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「MIRACLE デビクロくんの恋と魔法」以外にこんな作品をCheck-inしています。