ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ

劇場公開日:

ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ

解説

コリン・ファースとジュード・ロウの主演で、1920年代にアメリカ文学の名作を数多く手がけた実在の編集者と37歳で生涯を閉じた小説家の人生と友情を描く。アーネスト・ヘミングウェイら世界的な作家を見出した編集者マックスウェル・パーキンズの元に無名の作家トマス・ウルフの原稿が持ち込まれた。その才能を見抜いたパーキンズはウルフを父親のように支え、処女作「天使よ故郷を見よ」をベストセラーへと導く。更なる大作に取り組んだ2人は、昼夜を問わず執筆に没頭し第2作を完成させるが、ウルフは「この本をパーキンズに捧げる」と献辞を付け足し、ヨーロッパへと旅立ってしまう。パーキンズ役をファース、ウルフ役をロウが演じ、ガイ・ピアース、ドミニク・ウェスト、ニコール・キッドマン、ローラ・リニーが脇を固める。監督は英ロンドンの劇場ドンマー・ウエアハウスで芸術監督を務め、本作が長編映画初監督となるマイケル・グランデージ。

2016年製作/104分/G/イギリス・アメリカ合作
原題:Genius
配給:ロングライド

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)Genius Film Productions Limited 2015

映画レビュー

3.5暗い時代にこそ物語ることが大切!!

2016年10月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

興奮

知的

人気作家とその作品の背後には、自我の強い作家たちを根気よく説き伏せ、より高い完成度を目指してリライトのペンを取らせた編集者がいたことを再認識させるビハインド・ストーリーには、大恐慌時代から現代にまで繫がる強いメッセージが託されている。それは、名編集者と謳われたマックス・パーキンズと作家のトマス・ウルフが肩を組み、共に誓い合う、「暗い時代にこそ何かを物語ることに意味がある」という、小説ばかりか、芸術、エンタメ、全般に通じるミッションのようなもの。勿論、その中には我等の映画も含まれている。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
清藤秀人

3.0実話もの。編集者と作家。 言葉を生み出す苦悩、言葉があふれ出る天才...

2022年6月20日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

実話もの。編集者と作家。
言葉を生み出す苦悩、言葉があふれ出る天才。
天才故に人を傷けてしまう。
すれ違ってしまっても、最後まで心の中に想う友がいる、そんな最後は幸せだったのではないだろうか。
シンプルな最後もいろいろと思うことができる余韻で良かったのかもしれない。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
よっしー

3.0編集者と作家

2021年1月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
Kinoko

3.5ラストのコリンにジーンとくる

2019年1月22日
iPhoneアプリから投稿

コリンとジュードとニコール、好きな俳優さんばかりが出演する天才作家と編集者の物語。天才作家はあんなにスラスラと書けるんだ、冷蔵庫を台にして執筆するなんて、ちょっと座って書いたらいかがですかと言いたくなる。2人でニューヨークの景色を眺めるシーンがまるで恋人同士のようで良かった。
ラストのコリンの演技が素晴らしくジーンときました。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
サラ
すべての映画レビューを見る(全64件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」以外にこんな作品をCheck-inしています。