命みじかし、恋せよ乙女

劇場公開日

命みじかし、恋せよ乙女
9%
32%
45%
7%
7%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

2018年9月に他界した樹木希林が初めて出演した海外製作作品で、女優として最後の出演作となったドイツ映画。桃井かおり出演の「フクシナ・モナムール」など、これまでにも日本を舞台にした作品を手がけてきたドイツ出身のドーリス・デリエ監督が、孤独なドイツ人男性と、男の父親と親交のあった日本人女性が、人生を取り戻すためにともに旅する姿を描いた。ミュンヘンに暮らすカールは、酒に溺れて仕事を失い、妻は子を連れて家を出てしまう。孤独に苦しむ彼のもとに、ある日、ユウという日本人女性が訪れてくる。ユウは10年前に東京を訪れていたカールの父ルディと親交があり、ルディの墓と生前の家を見に来たのだという。最初はしぶしぶユウに付き合っていたカールだったが、次第に彼女に惹かれていき、今度はユウの祖母に会うため日本へ向かうが……。2人が訪れる茅ヶ崎の老舗旅館「茅ヶ崎館」の女将を樹木が演じている。

2019年製作/117分/G/ドイツ
原題:Kirschbluten & Damonen
配給:ギャガ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)2019 OLGA FILM GMBH, ROLIZE GMBH & CO. KG

映画レビュー

4.0死生観、霊、家族、性同一性、依存症への示唆に富む豊穣な物語

AuVisさん
2019年8月28日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

知的

まず単純に、ドイツ人女性監督ドーリス・デリエが日本の文化と映画人へのリスペクトを込めた映画を作り続けていることが喜ばしい。80年代から活躍し、ドイツで最も成功した女性監督と評されるが、この20年ほどで日本を題材にした映画を5本制作(本作含む)。中でも「HANAMI」(08年)と繋がりが強い本作は一応続編の扱いだが、前作を未見でも大丈夫。

茅ヶ崎館は、かつて小津安二郎が投宿し、樹木希林も「秋刀魚の味」撮影時に杉村春子の付き人として訪れたとか。また、歌詞が邦題になった「ゴンドラの唄」は、黒澤明の「生きる」でも歌われた。さらに日独の死生観や死後の存在(身近な人の亡霊)のとらえ方についての考察も込められている。

死を控えた樹木だからこそ「生きてるんだから、幸せにならなきゃ」の言葉がしみる。国際的なダンサーの入月絢も存在感をみせるが、日本での活動を考えると清水富美加似のルックスがマイナスか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
AuVis

3.0希林さんはあくまで脇役❗

2019年10月15日
スマートフォンから投稿

星🌟🌟🌟樹木希林さんの最後の作品なので観たのですが…あくまで脇役で主人公のカールとユウを導くような役柄で希林さん目当てで観ると期待外れになると思います❗内容はちょっと幻想的で自分はちょっと理解出来ない感じの作品でしたが…希林さんがこの作品に出演する条件が撮影まで生きていたら…と言うのが希林さんらしいと思いました❗もうだいぶ撮影の時は調子が悪かったそうですが渾身の演技を見せてくれてると思います❗

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ミリン一番搾り

3.0ユーは何しにドイツへ?(シャレなので突っ込まないでください)

kossyさん
2019年10月11日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
kossy

3.0人間の複雑さは幽霊よりも怖い

OKOYAさん
2019年9月1日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

昔、ドイツに行ったときにドイツ人はほとんど幽霊を信じないと言われたのだが、だからこそ日本を登場させ、あえてそこから幽霊を引っ張り出してきた作品だったのだろうか。
子どもの頃から抱える家族関係の葛藤、現在も苦しむアルコール依存症、それらによる幻覚症状など、精神的な病と闘う主人公の心の隙間に入り込むようにやってきた一人の怪しい日本人女性。
ドイツの重々しい雰囲気の景色の中に突然現れたユウというその女性の存在がとびぬけて浮いていて、彼女の存在は幽霊なんだろうなと最初からわかってはいたけど、幽霊というよりも妖怪のようにも見えて、ある意味おもしろさも含んだ存在に見えてしまった。
小津安二郎監督や是枝裕和監督が海外でも愛された名作映画の執筆を手掛けてきた「茅ヶ崎館」が後半の舞台となっており、ここの宿の主人が現代の日本映画を支えてきた樹木希林さんという日本作品に対するリスペクトはすごく感じられる作品だったけど、茅ヶ崎館はすばらしい旅館なのは間違いないのだろうけども、ロケーションとして茅ヶ崎が弱い事を実感してしまい、地元民として見ていて申し訳なくなってしまった。
希林さんに対する追悼のメッセージがエンドロールに添えられていた事がとても嬉しく感じました。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
OKOYA
すべての映画レビューを見る(全16件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「命みじかし、恋せよ乙女」以外にこんな作品をCheck-inしています。