偉大なる、しゅららぼん

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
偉大なる、しゅららぼん
4%
28%
49%
14%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「鴨川ホルモー」「プリンセス・トヨトミ」の人気作家・万城目学による同名小説を、濱田岳と岡田将生の主演で映画化。滋賀県琵琶湖畔に位置する石走(いわばしり)の町には、代々不思議な力を伝承する日出一族が江戸時代から現存する城に暮らしていた。分家の息子・涼介は一族の掟に従い、高校入学を機に力の修行のため日出家の城に居候することに。風変わりな日出家の面々に戸惑う涼介は、日出家の跡取りで最強の力の持ち主とされる高校生・淡十郎に従者扱いされ、振り回される日々を送る。やがて淡十郎の色恋沙汰が、日出家とライバルの棗家を巻き込み、思わぬ騒動へと発展していく。

2014年製作/114分/G/日本
配給:東映、アスミック・エース

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)2014映画「偉大なる、しゅららぼん」製作委員会 (C)万城目学/集英社

映画レビュー

3.5【壮大な万城目ワールドを映像化しようとしたが、ちょっと無理があったかな】

NOBUさん
2020年1月5日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

幸せ

 琵琶湖から授かった不思議な力を伝承する一族 ”日出家 VS 棗家”の1300年に亘る因縁は現在でも続いていた・・。

 日出淡十郎(濱田岳)の現代の”殿”ぶりと、ぼんやりのんびり男、日出涼介(岡田将生)との主従関係や、淡十郎の最強の姉清子(深田恭子)が登場するシーンや白馬を乗りこなすシーン(VFX)は面白かった。

 琵琶湖が割れるシーン(十戒か!)なども面白かったが、原作の壮大な万城目ワールドを表現しきれていなかったかな。

<2014年3月12日 劇場にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
NOBU

3.0まあまあ万城目ワールド

唐揚げさん
2019年6月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

楽しい

興奮

以前原作を読んでいて(と言ってもほんのさわりの部分だけですが)、ある程度の内容、設定はわかった上で見ました。
岡田将生さんは正直高校生ぽくはなかったのと、濱田岳さんもツンツンしたキャラは初めて見たので驚きました。
ただ、だんだん目が慣れ、頭がついてきて、理解できたので最初は自分のイメージと違ったものの、最後までしっかりと見ることができました。
かなりぶっとびがちな設定にしては良くできていたと思いますが、賛否両論出るのもわかる気がします。
津川雅彦さんが出ていました。
ご冥福をお祈りします。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
唐揚げ

1.0しゅらら、、、ぼん

kossyさん
2019年3月2日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 琵琶湖の近くだけで特殊な力を発揮するという日出(ひので)家と棗(なつめ)家の1400年もの間の争い。そして、同級生速水(大野いと)と父親である校長(村上弘明)との関係・・・結局は両家の争い(といっても大した事件は起きない)に亀裂を入れたのは使用人である源じい(笹野高史)だった。

 この際、深田恭子と貫地谷しほりは脇役にすぎなかったのだな・・・超能力を使うときに発する音というのが凄い!その音がしゅらら、ぼん。って、それもわけわかんない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy

1.0あまり良い感じがしない後味悪し

2018年9月27日
PCから投稿

60年記憶を消された復讐に、街を出ろとゆうただけなのに、また記憶消されて、可哀想です。
殺されるのに近い。
万城目は当初純文学で売れず奇抜なストーリーで売れたのだが、本質は文章の旨さにある。
だから、ストーリーをなぞるだけならこのように平凡な出来になる。
その点、伊坂幸太郎とは違うんですね。
岡田だけが気を吐いた演技。
濱田はイマイチでしたね、珍しく。
CGも素人レベルで観てて恥ずかしいくらい。
印象の薄い作品でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシン
すべての映画レビューを見る(全69件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「偉大なる、しゅららぼん」以外にこんな作品をCheck-inしています。