スノーピアサー

劇場公開日:

スノーピアサー

解説

「グエムル 漢江の怪物」「母なる証明」などで知られる韓国の鬼才ポン・ジュノが、欧米のキャストを招き、初めて手がけた英語作品。再び氷河期へと突入した近未来の地球を舞台に、生き残った人類を乗せて走り続ける列車の中で起こる抗争を描く。2014年、地球温暖化を防止するため78カ国でCW-7と呼ばれる薬品が散布されるが、その結果、地球上は深い雪に覆われ、氷河期が再来してしまう。それから17年後、かろうじて生き延びた人々は「スノーピアサー」と呼ばれる列車の中で暮らし、地球上を移動し続けていた。列車の前方は一握りの上流階級が支配し、贅沢な生活を送る一方、後方車両には貧しい人々がひしめき、厳しい階層社会が形成されていた。そんな中、カーティスと名乗る男が自由を求めて反乱を起こし、前方車両を目指すが……。出演はクリス・エバンス、ソン・ガンホ、ティルダ・スウィントン、オクタビア・スペンサー、ジェイミー・ベル、エド・ハリス。原作はフランスのグラフィックノベル「Le Transperceneige」。

2013年製作/125分/PG12/韓国・アメリカ・フランス合作
原題:Snowpiercer
配給:ビターズ・エンド、KADOKAWA

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

DVD・ブルーレイ特集

特集

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)2013 SNOWPIERCER LTD.CO. ALL RIGHTS RESERVED

映画レビュー

4.0車内で巻き起こる「祭り」にも似たカタルシス

2020年5月27日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 6件)
牛津厚信

2.0凄くリアルな銀河鉄道999って感じか?

2022年7月28日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

この世界観。

とても好きにはなれないが、まあ良しとして、いちおう最後まで見てみました。

独特の表現に、ついていけない人は少なくないと思う。
例えば、「マッドマックス 怒りのデスロード」
あれを受け付けなかった人にはきっと、ダメな部類の映画だろう。
系統が同じだ。

砂漠で、今の文明が滅び、独自の価値観で、生存の欲求のために戦いが繰り広げられるストーリー、砂漠と氷河。対極にある作品世界とはいえ、両者は良く似ている。

なぜ、マッドマックスはあれほど高い評価を受けたのに、この「スノーピアサー」は不当に評価が低いのだろう。

舞台が列車、独特の世界観で、科学的な裏付けは一切なし、一本の筋道では破綻しているストーリー、という意味では「銀河鉄道999」とも共通点が多い。

「999」は多くの少年少女に夢を与え、希望をもって生きることの大切さを教えてくれた。一見奇抜とも言える大胆な設定も、ロマンの名のもとに愛され、何より鉄郎とメーテルという不滅のキャラクターを生み出した。

「スノーピアサー」
・何故列車なのか?
・どうやって走り続けるのか?動力はともかく線路や鉄橋などの保守点検は?
・列車の中で行われる暴動と鎮圧の目的や手段は?
・後付でどんどん付け足される戦いのルール「トンネル暴動鎮圧作戦」
・エンジンの「部品」として生き続ける子供たちの意味は?
・神様エド・ハリスの一見深遠にして浅い、無計画なのになぜか保たれる秩序
・絶望の中から這い上がってきたクリス・エバンスの闇すぎる過去
いちいち説明などいらない。それを含めて作品世界を愛せれば、きっとラストには大きな感動が得られる。

「999」のように(笑)

2016.6.19

コメントする (0件)
共感した! 0件)
うそつきカモメ

3.0鑑賞動機:ボン・ジュノ/ソン・ガンホ10割

2022年7月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

世界設定とか列車の秘密(?)とかは、まあそんな大層なものでもないので、曲者揃い役者さん(主役除く)の怪演が一番の見どころか。特にティルダ・スウィントン以下体制側の濃すぎるキャラクターで、正直主役が空気なんですが。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
なお

4.0好みの作品

2022年6月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

現代の日常とはかけ離れた世界。でも実際に起こりそうな世界。そんな環境下でも生きている人々。そんな環境下だからそこ生まれる特異な倫理観。アンバランスなものたちがギリギリのバランスを保って存在する世界が絶妙で好みだった。観終わってからポンジュノ監督の作品だったことを知り、半地下とはまた全く違った世界観の作品に懐の深さを感じた。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
take
すべての映画レビューを見る(全140件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る