スノーピアサー

劇場公開日

スノーピアサー
9%
41%
37%
10%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「グエムル 漢江の怪物」「母なる証明」などで知られる韓国の鬼才ポン・ジュノが、欧米のキャストを招き、初めて手がけた英語作品。再び氷河期へと突入した近未来の地球を舞台に、生き残った人類を乗せて走り続ける列車の中で起こる抗争を描く。2014年、地球温暖化を防止するため78カ国でCW-7と呼ばれる薬品が散布されるが、その結果、地球上は深い雪に覆われ、氷河期が再来してしまう。それから17年後、かろうじて生き延びた人々は「スノーピアサー」と呼ばれる列車の中で暮らし、地球上を移動し続けていた。列車の前方は一握りの上流階級が支配し、贅沢な生活を送る一方、後方車両には貧しい人々がひしめき、厳しい階層社会が形成されていた。そんな中、カーティスと名乗る男が自由を求めて反乱を起こし、前方車両を目指すが……。出演はクリス・エバンス、ソン・ガンホ、ティルダ・スウィントン、オクタビア・スペンサー、ジェイミー・ベル、エド・ハリス。原作はフランスのグラフィックノベル「Le Transperceneige」。

2013年製作/125分/PG12/韓国・アメリカ・フランス合作
原題:Snowpiercer
配給:ビターズ・エンド、KADOKAWA

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

DVD・ブルーレイ特集

特集

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)2013 SNOWPIERCER LTD.CO. ALL RIGHTS RESERVED

映画レビュー

4.0車内で巻き起こる「祭り」にも似たカタルシス

2020年5月27日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 6 件)
牛津厚信

4.0設定が極端だけど、それは当然狙った部分

2021年9月24日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

地球温暖化を阻止するために世界中の頭のいい人達が7年間も議論した末、散布されることとなった「CW-7」。ところが量を間違えたのか、温暖化から一気に氷河期みたいな状況に。生き残った人類は、それまで変人としか思われていなかったウィルフォードが敷設していた世界一周鉄道で回周しながら絶滅を免れることになった。
この、偉い人たちが決めたことややったことで大変な目に遭う、という図式がほんと好きですね、ポン・ジュノ監督。
原作のすごいところだと思うが、鉄道という乗客に「等級」をつけていたシステムがそのまま社会階層の序列を現すような状況を生み出した後に起こる諸々が、いかにもポン・ジュノ監督の好みそうなものではある。きっと他の監督や製作会社でも映画化の企画を持っていただろうに、結果的にポン・ジュノに落ち着いた理由はきっとあるはずで、そこも興味深い。
今回2回目の鑑賞だったが、1度目の鑑賞時は正直「はあ、そうですか」以上の感想をほとんど抱かなかったのだが、今回は何故だかとても面白く観れた。上流・中流階級の人々にとって、最下層の人々は食料や水以下って感じに扱われて、いや、そもそもいるとも思っていないのだろう。それでもなぜか全員殺さないのは他に理由があったりで、とまあ、社会の縮図を列車の連なりの中に描くのは当たりだったな。
権力を表象するための食べ物=日本食、は韓国映画やドラマではよく出てくるので注目。まあそれも、ステーキにはかなわないわけだが。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
どうか夢だと言ってくれ!

4.0水族館ならぬ寿司族館

唐揚げさん
2021年8月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

興奮

知的

化学薬品の散布により氷河期に突入した地球。
生き残ったものたちは一つの電車に乗り込んだ。
前方車両は上流階級、後方車両には下層の人間たち。
日々上流階級の人々に酷使されていた下層の人間たちは車両を乗っ取りより良い暮らしを手に入れるため、先頭車両を目指す。

ポン・ジュノ監督のハリウッド作品。
化学薬品散布で…ってのもグエムルっぽい。
ソン・ガンホ-コ・アソン親子もグエムル以来2度目。
ポン・ジュノにしてはあまり評価が高くないので、期待値低めでしたが、普通に面白かった。
ただ、ツッコミどころはかなり多い。
反乱は何度も起きているらしいし、起きることが予測できるのにセキュリティガバガバだったり(これに関しては後から何故か分かるが)、翻訳機も使ったり使わなかったり、人種のバラツキもおかしいっちゃおかしい。
未来科学SFともなると、多少アラが出てきてしまうのはしょうがないかなと。
ノーランくらいじゃないと完璧には作れない。
プロテインバーの中身は日本人にとってはオェかもしれないけど、国連も注目してるように欧米では既に一般的な高タンパク源なので、(当時は意図してなかったかもしれないけど)ナイスですと言いたいです。

途中の子供たちのところあたりはブラックコメディっぽかったけど、アクションシーンは緊迫感がえげつなく、重苦しい感じは守っているハリウッド韓国映画。
やはり日本の話題が出てたので少し↓
・熱心な仏教徒設定⁉︎
・チッキショ
・sorry. 大丈夫です?大丈夫👌
・寿司を食べてる欧米の方々があんまり美味しそうではない

気候変動、環境問題、人口爆発、食糧危機、格差社会、戦争…etc
線路は続くよどこまでも。電車は人生であり世界であり。
氷河急行を使って、様々な社会問題を一つの箱に収めた発想力と力量は素晴らしい。
モヤモヤする終わり方だったけど、CGや世界観もそこまで気にならず楽しめました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
唐揚げ

2.5緊迫感ありましたが…面白くはありませんでした。

tunaさん
2021年6月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

緊迫感ありましたが…面白くはありませんでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tuna
すべての映画レビューを見る(全135件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る