家族の灯り

劇場公開日

  • 予告編を見る
家族の灯り
4%
42%
33%
17%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

1908年生まれで現役世界最高齢監督のマノエル・デ・オリベイラが、104歳となる2012年に発表した長編作品。ヨーロッパの小さな港町で、帳簿係として働くジェボは、妻と義理の娘とともに、8年前に失踪した息子ジョアンの帰りを待ちわびていた。そんなある日、息子が突然姿を現し、家族は動揺を隠し切れず……。ジャンヌ・モロー、クラウディア・カルディナーレという2人の名女優を筆頭に、マイケル・ロンズデール、ルイス・ミゲル・シントラらをキャストに迎え、ある家族の愛を描いたポルトガルの戯曲を映画化した。

2012年製作/91分/G/ポルトガル・フランス合作
原題:O Gebo e a Sombra
配給:アルシネテラン

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)2012 - O SOM E A FURIA / MACT PRODUCTIONS

映画レビュー

1.5敷居が高過ぎた境地

近大さん
2016年12月7日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

寝られる

2015年に106歳で亡くなるまで現役最高齢だったポルトガルの名匠マノエル・ド・オリヴェイラが、2012年103歳の時に手掛けた作品。
まず目を引くのが、映像。
カメラを固定した構図、薄暗い室内で眩い輝きを放つランプの灯り。
絵画のような美しさ。
舞台はほぼ室内、登場人物も最小限、ストーリーもシンプル。
無駄を削ぎ落とし残ったものこそ、長老が辿り着いた芸術の境地。

でも自分には、敷居が高過ぎた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
近大

3.5灯りの影

小二郎さん
2015年6月25日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
小二郎

3.0家族の誇り。

ハチコさん
2014年8月18日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

現役最高齢105歳の巨匠マノエル・ド・オリベイラの新作。
まるで定点観測するかのようにカメラは動かず、灯りはランプ。
外舗道にガス燈も見える。これは絵画か或いは神話の世界か
と迷う空間に、観客が取り残されるか一緒に漂うかの選択を
強いられるような作品だが、妖しさだけは艶かしく潜んでいる。
C・カルディナーレとJ・モローが並んでいるだけでも世界遺産。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
ハチコ

2.0最後が…

anさん
2014年6月24日
スマートフォンから投稿

単純

映像は綺麗で見入りました…
ストーリーも面白かったですが、結末がえー‼︎ と思ってしまいました……
映像や流れるような構成は好きです…

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
an
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る