「敷居が高過ぎた境地」家族の灯り 近大さんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「家族の灯り」 > レビュー > 近大さんのレビュー
メニュー

家族の灯り

劇場公開日 2014年2月15日
全5件中、1件目を表示
  •  
映画レビューを書く

敷居が高過ぎた境地

2015年に106歳で亡くなるまで現役最高齢だったポルトガルの名匠マノエル・ド・オリヴェイラが、2012年103歳の時に手掛けた作品。
まず目を引くのが、映像。
カメラを固定した構図、薄暗い室内で眩い輝きを放つランプの灯り。
絵画のような美しさ。
舞台はほぼ室内、登場人物も最小限、ストーリーもシンプル。
無駄を削ぎ落とし残ったものこそ、長老が辿り着いた芸術の境地。

でも自分には、敷居が高過ぎた。

近大
さん / 2016年12月7日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報