家族の灯り : 映画評論・批評

メニュー

家族の灯り

劇場公開日 2014年2月15日
2014年2月4日更新 2014年2月15日より岩波ホールほかにてロードショー

現役最長老監督によるエロティシズム漂う冷徹な文明批評

105歳という現役最長老の巨匠マノエル・ド・オリベイラの新作は、一見、聖書の「放蕩息子の帰還」をベースにした古典的な物語であるかのようだ。一幕物の舞台劇のような簡潔なセット、名手レナート・ベルタの巧緻きわまるキャメラは、ランプの灯りで明暗の対比を審美的に際立たせ、画面にはジョルジュ・ラ・トゥールの室内画を思わせる深い静寂と神秘的な雰囲気さえ漂っている。

しかし、8年もの間、消息を絶っていた息子ジョアン(リカルド・トレパ)は、悔い改めるどころか、終始、家族の中で不穏な異分子として振る舞う。服役していたらしく、どこかドストエフスキーの小説の犯罪者のごとき不可解な闇を抱えた存在である。父親のジェボ(マイケル・ロンズデール)を「生まれた時から、負け犬の人生さ」と罵倒し、家族の前では「魂をもった犯罪者もいれば、もたない善人もいる。あんたらは全員、生き埋めにされた状態にいるんだ」などと呪詛の言葉をまき散らし、ジョアンは、自ら取り返しのつかない災厄を招きよせてしまうのだ。

近年、「ブロンド少女は過激に美しく」では、諧謔とアイロニーに富んだ軽妙なユーモアを披瀝していたオリベイラだが、本作では仮借ないタッチで、この家族の暗澹たる行末を冷徹に見据えている。ジョアンを溺愛する母ドロティアをクラウディア・カルディナーレ、皮肉家の友人カンディニアをジャンヌ・モローという神話的大女優が演じている、このあまりに豪奢なキャスティングに、つい目を奪われてしまうが、「家族の灯り」の肝となるのは、ジェボと息子の嫁ソフィア(レオノール・シルベイラ)の近親姦を思わせる濃密で官能的な情愛である。オリベイラは、この父娘が、ふたりきりになると、指をからませたり、互いの身体を触れ合う光景を描きこんでいる。辛辣な文明批評のテーマを掲げながらも、このさりげない妖しいエロティシズムこそが、オリベイラの真骨頂なのである。

高崎俊夫

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

家族の灯り[DVD] 家族の灯り[Blu-ray/ブルーレイ] ピエトロ・ジェルミ 刑事【ブルーレイ版】[Blu-ray/ブルーレイ] ローマ発、しあわせ行き スペシャル・プライス[DVD]
家族の灯り[DVD] 家族の灯り[Blu-ray/ブルーレイ] ピエトロ・ジェルミ 刑事【ブルーレイ版】[Blu-ray/ブルーレイ] ローマ発、しあわせ行き スペシャル・プライス[DVD]
発売日:2017年1月6日 最安価格: ¥2,939 発売日:2017年1月6日 最安価格: ¥3,924 発売日:2018年6月21日 最安価格: ¥3,819 発売日:2018年3月2日 最安価格: ¥1,000
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.0 3.0 (全5件)
  • 敷居が高過ぎた境地 2015年に106歳で亡くなるまで現役最高齢だったポルトガルの名匠マノエル・ド・オリヴェイラが、2012年103歳の時に手掛けた作品。 まず目を引くのが、映像。 カメラを固定した構図、薄暗い室内... ...続きを読む

    近大 近大さん  2016年12月7日 20:47  評価:1.5
    このレビューに共感した/0人
  • 灯りの影 ネタバレ! ...続きを読む

    小二郎 小二郎さん  2015年6月25日 19:43  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 家族の誇り。 現役最高齢105歳の巨匠マノエル・ド・オリベイラの新作。 まるで定点観測するかのようにカメラは動かず、灯りはランプ。 外舗道にガス燈も見える。これは絵画か或いは神話の世界か と迷う空間に、... ...続きを読む

    ハチコ ハチコさん  2014年8月18日 01:33  評価:3.0
    このレビューに共感した/1
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

  • 来る 来る ホラー小説が強烈エンタメに“変身”。人間の業と闇を描き続ける中島映画の到達点
  • メアリーの総て メアリーの総て 文学映画というより青春映画。傷つき抑圧された少女が怪物の物語を生み出す
  • マチルダ 禁断の恋 マチルダ 禁断の恋 帝政の理不尽に戦いを挑むマチルダは、まるでチュチュを纏ったファムファタール!
新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi