AIKI

劇場公開日

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

デンマークの実在の車椅子武術家、オーレ・キングストン・イェンセンをモデルに、下半身麻痺となった青年が合気柔術を通して再び生きる力を取り戻していく姿を描いた人間ドラマ。監督は「無敵のハンディキャップ」の天願大介で、脚色も担当。撮影に『アジアンビート5 台湾篇シャドー・オブ・ノクターン』の李以須があたっている。主演は「回路」の加藤晴彦。第59回ヴェネチア国際映画祭出品、第27回報知映画賞助演男優賞(石橋凌)受賞、日活創立90周年記念、平成14年度文化庁映画芸術振興事業、文部科学省選定(青年向、成人向)、厚生労働省推薦、東京都知事推奨作品。

あらすじ

ボクシングに青春を懸けていた太一は、新人王決定戦を目前にバイク事故で下半身麻痺となり、車椅子生活を余儀なくされてしまう。それから一年。すっかり自暴自棄になっていた彼は、しかし大東流合気柔術=AIKIと出会ったことで、再び生きる希望を取り戻す。師範の平石やギャンブラーのサマ子らに励まされ、AIKIの基本を会得していく太一。そして、大使館で行われる演武会にAIKIの代表として参加することになった彼は、見事な演技を披露して喝采を浴び、黒帯を与えられるまでになるのであった。それから数日後、今や自らの運命を受け入れ、人としても成長した太一は、愛犬・フェイクと共に、突然彼の前から姿を消した愛する女性・サマ子を捜す旅に出る……。

2002年製作/120分/日本
配給:日活

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.5もっと注目されてほしい映画シリーズ〜

守銭奴さん
2018年2月26日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、映画館

楽しい

どんどんぱふぱふo(^o^)o
公開時、渋谷なのに映画館はガラガラだった。
平日だったけど

石橋凌はこの映画からだいぶ役柄の方向性が変わったと思う。それまではやーさんな役ばかりだったけど
「キッズ・リターン」とか
とにかく大東流合気柔術師範役としてのたたずまいがよくて、本当に達人に見える。

映画のストーリーとしては地味かもしれない。ショッキングな出来事がいくつも起きるにもかかわらずだ。
武道を題材にしてるわりに大きい見せ場がない、というかんじだからかもしれないが
最後にスカッとする場面が用意されてはいます

ネタバレでもないだろうから言っちゃうと、主人公は事故で車椅子生活になってしまうんだけど、そのことを変に憐れんだり、特別な人間としてあまり描いてないのがいいんだよね。

それもあってか、終わったあともさわやかな感動が残り、お涙頂戴になってない。
しかし主人公の加藤晴彦最近みないなあ。なんかあったんだっけ?

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
守銭奴
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る