インセプション

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
インセプション
42%
45%
10%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ダークナイト」のクリストファー・ノーラン監督が、オリジナル脚本で描くSFアクション大作。人が眠っている間にその潜在意識に侵入し、他人のアイデアを盗みだすという犯罪分野のスペシャリストのコブは、その才能ゆえに最愛の者を失い、国際指名手配犯となってしまう。そんな彼に、人生を取り戻す唯一のチャンス「インセプション」という最高難度のミッションが与えられる。主人公コブにレオナルド・ディカプリオ、共演に渡辺謙、ジョセフ・ゴードン=レビット、マリオン・コティヤール、エレン・ペイジほか。

2010年製作/148分/G/アメリカ
原題:Inception
配給:ワーナー・ブラザース映画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第34回 日本アカデミー賞(2011年)

ノミネート

外国作品賞  

第83回 アカデミー賞(2011年)

受賞

撮影賞 ウォーリー・フィスター
視覚効果賞  
音響編集賞  
音響録音賞  

ノミネート

作品賞  
脚本賞 クリストファー・ノーラン
作曲賞 ハンス・ジマー
美術賞  

第68回 ゴールデングローブ賞(2011年)

ノミネート

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀監督賞 クリストファー・ノーラン
最優秀脚本賞 クリストファー・ノーラン
最優秀作曲賞 ハンス・ジマー
詳細情報を表示

DVD・ブルーレイ特集

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14

(C)2010 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

映画レビュー

5.0綿密に練り込まれた世界観がスゴい!

かつさん
2019年11月11日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

興奮

知的

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
かつ

5.0まるで精密機械!

N.riverさん
2019年10月31日
PCから投稿

公開当時、劇場で鑑賞し、TVでも鑑賞し、そしてアマゾンビデオでも見てしまった。
だが何度見ても飽きない。知っていてもハラハラする。そして見るほどに、物語と、「共有された夢の階層」を下りゆく中でのサスペンス要素や、構成、ギミックの絡みの鮮やかさに驚く。
そう、まさに精密機械か。

誰もが知らぬうちに今を信じ、次を決断している。
そんな「知らぬうち」の時間を夢の中(深層心理)ととらえるのか、それもまた現実の一部ととらえるのか。
「目覚めている時」があってこそ切り分けられるのだとして、だがしかし明確な境界線はだれにも引けず。
なら果たして今、私が見ている世界はどちらなのか。
観終わったあと妙な不安と希望に覆われる本作は、現実と私の関係についても否応なく考えさせられる名作と推したい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
N.river

4.0キックが必要な世の中

oshidaさん
2019年10月27日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

興奮

知的

難しい

オーシャンズシリーズと同じようなかっこよさを感じた。
各々が役割をこなして、危機を乗り越え、仲間を助けながらミッションをこなしていく。だけどそこには深い友情も愛情もなくて。あくまで“仕事”の関係。

夢の夢の夢の中までいくとさすがにもうわけがわからなくなるけど、
冷静に見ていくとなんとなくわかる気もして、クリストファーノーラン監督の天才的頭脳
を感じれました。
凡人だったらもうグッチャグチャな構造の映画になったに違いない・・・

「夢」という誰しもが見る空想をここまで大きくミステリアスに仕立て上げるのはさすがだなぁと。
構造は複雑だったし、理解するのも難しくはあったし、壮大なハリウッド演出もたくさんあったけど、監督の言いたいことが「自分がしたいこと見たいことは何か」というシンプルなメッセージというところにクリストファーノーランらしさを感じたり、、、
夢と現実を混在させてしまうのはとても怖いけれど、自分の居場所に囚われずに目的を失わないで生き続けられたらいいなぁと。思いました。

ネット社会が進む現代で、ネットの中の方が居心地がいい人は増えてきて。
たしかに自分の言いたいことが言えて、好きな人とだけ絡めばよくて、嫌な奴はブロックすることもできて。そんな居心地のいい世界に浸っていると抜け出せなくなってしまうから。キックが必要な世の中ですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
oshida

4.0重層的なストーリー

2019年10月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

俳優が豪華。「階層」を意識して観ないと理解が難しい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
カツカレーライス
すべての映画レビューを見る(全332件)

他のユーザーは「インセプション」以外にこんな作品をCheck-inしています。