マリオン・コティヤール

マリオン・コティヤール
英語表記
Marion Cotillard
誕生日
1975年9月30日
出身
フランス/パリ
Instagram

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

仏パリ出身。両親ともに舞台役者で、幼い頃から父の舞台に立つ。オルレアン国立高等演劇学校で演技を学び、10代で映画デビュー。リュック・ベッソン製作「TAXi」(98)で注目を浴び、ティム・バートン監督作「ビッグ・フィッシュ」(03)でアメリカに進出。伝記映画「エディット・ピアフ 愛の讃歌」(07)でアカデミー主演女優賞など数多くの賞を受賞した。以降、「パブリック・エネミーズ」(09)や、クリストファー・ノーラン監督の「インセプション」(10)、「ダークナイト ライジング」(12)などハリウッド映画でヒロインを務めるほか、仏映画「君と歩く世界」(12)や、「愛を綴る女」(16)に主演。「サンドラの週末」(14)では、2度目のアカデミー主演女優賞にノミネートされた。プライベートでは、「世界でいちばん不運で幸せな私」(03)で共演した仏俳優ギョーム・カネと長年交際し、17年に第2子を出産した。

関連作品(映画)

マリオン・コティヤールの関連作品(映画)をもっと見る

受賞歴

マリオン・コティヤールの受賞歴の詳細を見る

写真・画像

マリオン・コティヤールの写真・画像をもっと見る

関連動画・予告編

マリオン・コティヤールの関連動画・予告編をもっと見る

関連記事

マリオン・コティヤールの関連記事をもっと見る

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

「マリオン・コティヤール」の関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る