マイ・エンジェル

劇場公開日

  • 予告編を見る
マイ・エンジェル
6%
44%
44%
6%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

南仏コート・ダジュールの美しい海辺の街を背景に、傷つきながらも愛を築いていく母娘の姿を描いたドラマ。「エディット・ピアフ 愛の讃歌」のマリオン・コティヤールが、天使のような我が子を愛しく思いながらも、愛し方の分からない母親役を熱演する。コート・ダジュールで暮らすシングルマザーのマルレーヌは、愛する8歳の娘エリーと2人で、その日暮らしの気ままな生活を送っていた。貧しくも幸せな日々を過ごす母娘だったが、再婚相手との関係が破綻したマルレーヌは、厳しい現実から逃れるようにエリーの前から姿を消してしまう。監督は、本作が長編デビューとなるバネッサ・フィロ。「アーティスト」でアカデミー賞撮影賞にノミネートされたギョーム・シフマンが撮影を担当。

2018年製作/108分/PG12/フランス
原題:Angel Face
配給:ブロードメディア・スタジオ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)PHOTO JULIE TRANNOY

映画レビュー

4.0「存在のない子供たち」「ワイルドライフ」との共時性

AuVisさん
2019年8月27日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

悲しい

またも身勝手な親にネグレクトされた子の視点で描く、胸の痛む映画。本作はフランス映画、「存在のない子供たち」はレバノン、「ワイルドライフ」は米国と、それぞれ自国での公開時期は若干差があるだろうが、日本で7月上旬~8月上旬の1カ月間に立て続けに封切られたのも感慨深い。是枝裕和監督のパルムドール受賞作「万引き家族」も育児放棄や虐待の延長にある話だったが、カンヌ初受賞となった「誰も知らない」(2004)はずばりネグレクトがテーマ。彼の映像作家としての問題意識が世界で共有されてきた、というのは考えすぎか。

監督・脚本のバネッサ・フィロはこれが長編デビューだが、毒親役を引き受けたオスカー女優マリオン・コティヤールのチャレンジ精神に感服。若い女性監督にチャンスを、との思いもあったはず。娘役エイリーヌ・アクソイ=エテックスも素晴らしく、「存在のない~」の主人公の少年と同様に観客の心を射抜く目力がある。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
AuVis

4.0悲しい人魚

2019年9月5日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
マリエル

4.0家族のことが好きってこういうことか

フロムさん
2019年8月29日
Androidアプリから投稿

散々、子どもをほったらかしにして、子どもを返せと怒鳴り込む親を不思議だと思っていたけれど、こういうことかもしれない。
子どもに必要なのは安定した愛(アガペー)、一方で恋愛などで燃え上がる愛はエロス。
3日も家にいなかったら子どもは不安で不安で仕方ない。「一人にしないで」と叫びたくなる。
親になれないまま子どもに自分の親の役割を押し付け、こどもにアガペーを求めるのは酷な話だ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
フロム

4.0う~ん💦

2019年8月22日
スマートフォンから投稿

悲しい

怖い

難しい

愚親感をあまり感じなかったのは
M・コティヤール元来の美貌と品の良さのせいかと・・やや、無理感がありました(すいません💧💧)

そのコティヤールを霞ませる程
「こいつガキのくせにスゲェ」心痛ませる神演技をみせてくれたエイリーヌちゃんに★を上乗せ

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
nemoちゃん
すべての映画レビューを見る(全10件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る