裸足の季節 特集: M・コティヤール、D・アロノフスキー監督、M・N・シャマラン監督が超絶賛!アカデミー賞も認めた《5人姉妹の脱出劇》が、すがすがしさと勇気をくれる!

ホーム > 作品情報 > 映画「裸足の季節」 > 特集 > M・コティヤール、D・アロノフスキー監督、M・N・シャマラン監督が超絶賛!アカデミー賞も認めた《5人姉妹の脱出劇》が、すがすがしさと勇気をくれる!
メニュー

裸足の季節

劇場公開日 2016年6月11日
2016年6月6日更新

M・コティヤール、D・アロノフスキー監督、M・N・シャマラン監督が超絶賛! 
アカデミー賞も認めた《5人姉妹の脱出劇》が、すがすがしさと勇気をくれる!

世界を魅了した5人姉妹の「脱出」の物語が、いよいよ日本公開! 世界を魅了した5人姉妹の「脱出」の物語が、いよいよ日本公開!

15年のカンヌ国際映画祭で話題を集め、フランス代表としてアカデミー賞外国語映画賞、ゴールデングローブ賞外国語映画賞にノミネートされた話題作「裸足の季節」が、6月11日より全国順次公開される。卓越した構成力と美しい映像、そして5人の少女たちのみずみずしい姿に、ハリウッドの有力映画人も大絶賛を送った。

画像2

アカデミー賞&ゴールデングローブ賞ほか、38もの各国映画賞を受賞! 
ハリウッド実力派俳優&名監督をここまで夢中にさせる《まばゆい作品力》

オスカー女優のマリオン・コティヤールリース・ウィザースプーン、実力派俳優として人気を博すキルステン・ダンストジェームズ・フランコ、さらには映画ファンの信頼も厚い鬼才監督ダーレン・アロノフスキーM・ナイト・シャマラン監督の心をつかみ、「感動!」「素晴らしい!」と絶賛させている話題の作品が、いよいよ日本公開を果たす。

画像3

15年のカンヌ国際映画祭監督週間で上映されるや、卓越した構成力と美しい映像がまたたく間に話題となり、アカデミー賞ではフランス代表に選出されて同・外国語映画賞にノミネート。ゴールデングローブ賞外国語映画賞にもノミネートされ、各国映画賞では観客賞と主演女優賞を中心に、38の賞を受賞するという快挙を成し遂げた。

画像4

トルコの小さな村を舞台に描かれる、5人の美しい姉妹たちの姿は、みずみずしい青春の物語であり、また、抑圧からの解放、自由を求める魂の「脱出」の物語でもある。ハリウッドの映画人、全世界を魅了したあふれるばかりの存在感を放つ5人姉妹に、あなたも引き込まれてしまうはずだ。そして、本作で長編デビュー作とは信じられない才能を披露した女性監督デニズ・ガムゼ・エルギュベンは、米バラエティ誌による「2016年に注目すべき映画監督10人」にも選出。すでにオスカー女優ハル・ベリーとタッグを組む次回作も決定しており、今後の動向から目が離せない監督であるのは間違いない。



[5人姉妹役の女優たち][脱出を描く物語][問題提起][鑑賞後の興奮と感動] 
本作が高く評価される《4つの輝く魅力》

なぜ、本作はこれほどまで世界から賞賛を受けているのか。その理由を「主演」「物語」「問題提起」「鑑賞後感」の4つの側面から解説しよう。

監督に見出された5人の少女たちが、生命力にあふれた美しき5人姉妹を熱演する 監督に見出された5人の少女たちが、生命力にあふれた美しき5人姉妹を熱演する

本作で最も観客をひきつけるのは、まばゆくみずみずしい輝きを放つ、まるでダイヤモンドのようなきらめきを持つ5人の女優たちだ。彼女たちは三女役以外は演技自体も初体験でオーディションやスカウトによって監督が見出した新人だったという。はしゃぎ、泣き、支えあう5人の姿。たなびく美しいロングヘアとあふれかえる生命力。それぞれが発揮した個性、作品をけん引する天性の魅力に、リュミエール賞、サラエボ映画祭、サハリン国際映画祭ほかが女優賞を授けた。

何の迷いもなかった自由な日々は、やがて古い慣習によって束縛されていく…… 何の迷いもなかった自由な日々は、やがて古い慣習によって束縛されていく……

本作では、13歳の末っ子ラーレを主人公に、古い慣習と封建的な思想に包まれた小さな村からの脱出が描かれる。10年前に両親を亡くし、今は祖母の家で叔父とともに暮らす5人姉妹が、年頃となったために携帯電話やPCを隠され、窓に柵をつけられて軟禁状態となり、ひとりまたひとりと大人たちが勝手に決めた結婚相手に嫁がされていく。そんななかラーレはあきらめない。自由を取り戻すべく、なんとか村から出ることができないかと奮闘し、ある秘密の計画を立てるのだ。

エルギュベン監督自身の体験も反映し、トルコの女性にまつわる社会的問題を描き出す エルギュベン監督自身の体験も反映し、トルコの女性にまつわる社会的問題を描き出す

思春期の少女たちの輝きとエネルギーを捉えながらも、今なお女性や子どもたちへの抑圧が続くトルコの現状を描き出そうとするメッセージ性にもひきつけられる。都会から1000キロも離れた村に華やかな美人姉妹が暮らしているという映画的な創作はあるが、田舎の村がいまだに封建的なルールに囚われたままであることは事実に違いない。少女たちの物語は、抑圧された女性の解放を願う問題提起でもあるのだ。

姉妹で最も強い独立心を持つ末っ子のラーレ(ギュネシ・シェンソイ) 姉妹で最も強い独立心を持つ末っ子のラーレ(ギュネシ・シェンソイ)

果たして、5人の姉妹たちの運命はどうなるのか。そして、ラーレの画策は成功するのか。重い現実を題材にしながらも、少女たちの魅力とクライマックスの展開が、見る者にすがすがしさと勇気を与えてくれるのは間違いない。つらい毎日でも、必ず希望がある。末っ子ながら最も独立心を持ち、き然としたたたずまいを見せるラーレは、美女たちが自由に向けて逃走した「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のフュリオサを思い起こさせるヒロインなのだ。

画像10


「チョコレートドーナツ」「グランド・ブダペスト・ホテル」「サウルの息子」etc. 
次の《良質ロング・ヒット作品》は──本作、「裸足の季節」

強い作家性と、見る者の心を揺さぶる俳優の演技力──高いクオリティを誇る作品は、観客に長く愛され、ロング・ヒットを記録する傾向にある。「裸足の季節」もまた、「チョコレートドーナツ」「グランド・ブダペスト・ホテル」「サウルの息子」等、こうした作品に魅了されてきた映画ファンにおすすめしたい注目作なのだ。

画像11

5人の美しい姉妹に扮した新人女優たちの天性の魅力と、女性・子どもを抑圧する封建的なしきたりを浮かび上がらせる社会派テーマが、新人監督とは思えないデニズ・ガムゼ・エルギュベンの監督力によって1本の映画に封じ込められたのが、本作「裸足の季節」。見る者の胸を締め付けるような、姉妹を取り巻く状況を描きつつ、自由を求めて古い慣習から抜け出そうとする姿を映し出す。ストーリーテリングの妙と映像美が、観客に強い印象を残すのは間違いない。世界各国で高い評価を受けた本作もまた、ロング・ヒットの可能性を大いに秘めた1本と言えるだろう。

画像12

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

少女たちが因習的な価値観に抗い、闘いに挑む姿を清々しく描き出す
映画評論

ソフィア・コッポラ監督の「ヴァージン・スーサイズ」は、10代の女の子にしかわからないふわふわした情感が渦巻く正真正銘のガーリームービーだった。一方、同じく5人のティーンエイジャー姉妹を主人公にしたこの映画は、自由と自立を勝ち取るための...映画評論

フォトギャラリー

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す