アネット

劇場公開日:

アネット

解説

「ポンヌフの恋人」「汚れた血」などの鬼才レオス・カラックスが、「マリッジ・ストーリー」のアダム・ドライバーと「エディット・ピアフ 愛の讃歌」のマリオン・コティヤールを主演に迎えたロック・オペラ・ミュージカル。ロン&ラッセル・メイル兄弟によるポップバンド「スパークス」がストーリー仕立てのスタジオアルバムとして構築していた物語を原案に、映画全編を歌で語り、全ての歌をライブで収録した。スタンダップコメディアンのヘンリーと一流オペラ歌手のアン、その2人の間に生まれたアネットが繰り広げるダークなおとぎ話を、カラックス監督ならではの映像美で描き出す。ドライバーがプロデュースも手がけた。2021年・第74回カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞。

2020年製作/140分/PG12/フランス・ドイツ・ベルギー・日本・メキシコ合作
原題:Annette
配給:ユーロスペース
劇場公開日:2022年4月1日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第79回 ゴールデングローブ賞(2022年)

ノミネート

最優秀主演女優賞(コメディ/ミュージカル) マリオン・コティヤール

第74回 カンヌ国際映画祭(2021年)

受賞

コンペティション部門
監督賞 レオス・カラックス

出品

コンペティション部門
出品作品 レオス・カラックス
詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19

(C)2020 CG Cinema International / Theo Films / Tribus P Films International / ARTE France Cinema / UGC Images / DETAiLFILM / Eurospace / Scope Pictures / Wrong men / Rtbf (Televisions belge) / Piano

映画レビュー

4.5癖は強いが当たればハマる冒険的ロックオペラ

2022年4月1日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする 1件)
共感した! 24件)
ニコ

5.0人形は人間より雄弁

2022年5月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

表題となっているアネットは主人公夫婦の間に生まれる子供の名前だが、この役に人形を当てたのが大正解だった。人間はかなり古い時代から、人形を作ってそこに様々な意味を仮託してきた。不滅の肉体だったり、理想の身体だったり、聖性や呪いの象徴としても扱うこともあった。そのように意味付けされた人形の存在感は生身の人間を超えている。人形には表情がないから、人形を見る私たちはそこに自分の見たい感情を投影してしまう。そのせいで、人形は時に人間以上に雄弁な存在として振舞い得る。本作はまさに人形をそのような、人々の感情や理想を投影する偶像(アイドル)として用いている。
ミュージカルを選択したにもすごく良かった。リアリズムでいかなくて済むので、人形がいても違和感がない。超現実的な空間を見事に作り上げて現代的神話を創出している。カラックス久々の特大ホームラン。今年を代表する1本。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
杉本穂高

3.5オープニングがアガる為にその他の部分はあまり…

2024年5月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

オープニングがアガる為にその他の部分はあまり…

コメントする (0件)
共感した! 0件)
mozgumi

4.0舞台ミュージカルを映画の世界観で自由奔放に表現した楽しさと人形アネットの斬新さ

2024年1月17日
PCから投稿

笑える

悲しい

楽しい

完璧主義の耽美的な映像を得意とする寡作監督レオン・カラックス監督のユニーク且つ独創的なロック・オペラ・ミュージカル映画。舞台ミュージカル「アネット」上演が観客席の垣根を越え、街に躍り出て歌い踊り芝居をするカラックス独自の世界観が楽しい。狭い舞台では表現できない自然の息吹と街に巣くう人間の吐息を映像化した野心作にして、ストーリー自体が凡庸なのが勿体ないくらいで、もうひと捻りあれば文句なしの傑作になったであろう。しかし、この映画の面白さは、カラックス監督の映画愛に裏打ちされた野心にあり、それはアネットを操り人形で演じさせた挑戦に価値がある。人形が持つ独特な生命感と神秘性を生かし、最小限の動きだけでアネットの名演を生み出している。予想通り最後は人間の少女に替わったが、人形程の存在感が無いのがそれを証明している。

主演のアダム・ドライバーとマリオン・コティヤールの役になり切っての熱演も素晴らしい。カロリーヌ・シャンプティエの撮影は、夜のシーンが特に素晴らしく、カラックスの世界観を美しく表現していて見事。演出も含め嵐に遭遇するヨットの海のシーンの舞台劇的な表現と孤島に上陸した後の幻想的な絵画の色調の趣もいい。ヘンリーが住む家のプールの使い方の巧さも印象的。初めて聴くスパークスの音楽は台詞を重要視したもので、ロックの派手さより演技に寄り添った音楽の印象を持った。日本の古舘寛治が産婦人科医師役で出演しているが、何故そこにと思ってしまい可笑しくなってしまった。

最初のタイトルバックの録音スタジオから街に繰り出すスタッフ・キャストが期待感をもたせ、最後はカーテンコール宜しく森の中を皆が行進する。登場したアネットの人形たちも皆に抱えられている。悲しいストーリーのミュージカルでも、人形が活躍する斬新さと巧さが観ていて楽しいミュージカル映画でした。舞台の面白さ、音楽の素晴らしさ、そして映画の楽しさが一つになったレオン・カラックスの秀作。

コメントする 2件)
共感した! 8件)
Gustav