アヴリルと奇妙な世界

劇場公開日

アヴリルと奇妙な世界
23%
45%
27%
5%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

行方不明の家族を捜す少女アヴリルと飼い猫ダーウィンが異次元のパリで繰り広げる奇想天外な冒険を描き、アヌシー国際アニメーション映画祭グランプリを受賞したフランス製アニメ映画。1870年。若き科学者ギュスターブは、ナポレオン3世から戦争用の秘密兵器として不死身の秘薬の開発を命じられるが、完成前に爆発事故で命を落としてしまう。これによって戦争は回避され、フランスの歴史は大きく変わる。時は流れ、ナポレオン5世が支配する1941年のパリ。70年もの間、優秀な科学者たちが次々と失踪したために産業革命は起こらず、街は蒸気機関だけが頼りとなっていた。そんなパリで暮らす孤独な少女アヴリルと飼い猫ダーウィンは、消息を絶った科学者の両親と祖父ポップスを捜す旅に出るが……。声優には「エディット・ピアフ 愛の讃歌」のマリオン・コティヤール、「髪結いの亭主」のジャン・ロシュフォール、「息子のまなざし」のオリビエ・グルメら豪華キャストが集結。「アデル ファラオと復活の秘薬」の原作者ジャック・タルディがビジュアル総監督を務めた。新宿シネマカリテの特集企画「カリコレ2019/カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2019」(19年7月13日~8月9日)上映作品。

2015年製作/105分/G/フランス・ベルギー・カナダ合作
原題:Avril et le monde truque
配給:アクセスエー

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)2015/JE SUIS BIEN CONTENT STUDIOCANAL KAIBOU Production UMT Inc. NEED Productions ARTE France Cine' ma JOUROR Distribution RTBF TCHACK

映画レビュー

3.5スチームパンクの新たな秀作

2019年7月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

科学者が攫われて科学が今の地球のように発達しなかった、そのせいで蒸気機関が発達してスチームパンク的世界が生まれた、という世界観が面白い。スチームパンク的世界の成り立ちをちゃんと説明している作品は、意外と少ないのではないか。物語は、科学者一家の娘であるアブリルが消えた家族と、不老不死の血清を巡り地球外生命体と壮大なスケールで争うというもの。自然と科学という、宮崎駿的なテーマを匂わせつつ、しゃべる猫の相棒や、飛行機、雷雲の中の本拠地などや歩く家などスタジオジブリの様々な作品の意匠の影響を受けている。
科学の究極の罪とも言える核兵器も登場し、科学は人を幸せにするのか不幸にするのかを観客に問いかける。
主人公のアブリルはとてもチャーミング。猫のダーウィンも憎まれ口が上手く、憎めない性格をしている。終盤のダーウィンの大活躍はむしろ主人公を食う存在感だった。不老不死の猫すごすぎる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
杉本穂高

3.5猫サムライとスノードーム

kossyさん
2020年9月18日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy

3.5木炭の世界

2020年9月10日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

産業革命が起きず、木炭による蒸気機関が動力の世界、主人公の少女は画期的な薬の開発から家族を殺され、ひっそりと開発を続けていた。
この世界観が「スチームボーイ」に似ていて、楽しめた。
セル画風のアニメは暖かみがあって好き。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

5.0可愛くないのに可愛く見えてくる恋するスチームガール

regencyさん
2020年4月22日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

興奮

幸せ

まず鑑賞開始直後の第一印象は、「ヒロインが可愛くない!」だったけど、不思議なもので観続けていくうちに可愛く感じてくる。
つまりそれだけアヴリルが人間味あふれ、魅力的に描かれているという事。
このあたりは、『アリータ:バトルエンジェル』のヒロインに通じる物がある。
あえて可愛くないキャラデザにしたのは製作スタッフの意図らしいが、それは見事に奏功している。
ちょっと唐突なぐらいアヴリルが愛に重きを置くあたりは、いかにもフランス人っぽい。

これもスタッフが公言しているが、宮崎アニメにオマージュを捧げていたり、スチームパンクな世界観で繰り広げられるあらすじ自体は、『スチームボーイ』を彷彿とさせる。
ていうか、期待させすぎて残念な出来だった『スチームボーイ』よりも全然『スチームボーイ』、否『スチームガール』している。

製作年が2015年という事で、4年近くも日本公開が寝かされていたのが勿体ないぐらいの出来。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
regency
すべての映画レビューを見る(全11件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る