そして父になる

ALLTIME BEST

劇場公開日

そして父になる
17%
56%
21%
4%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

是枝裕和監督が福山雅治を主演に迎え、息子が出生時に病院で取り違えられた別の子どもだったことを知らされた父親が抱く苦悩や葛藤を描いたドラマ。大手建設会社に勤務し、都心の高級マンションで妻と息子と暮らす野々宮良多は、人生の勝ち組で誰もがうらやむエリート街道を歩んできた。そんなある日、病院からの電話で、6歳になる息子が出生時に取り違えられた他人の子どもだと判明する。妻のみどりや取り違えの起こった相手方の斎木夫妻は、それぞれ育てた子どもを手放すことに苦しむが、どうせなら早い方がいいという良多の意見で、互いの子どもを“交換”することになるが……。2013年・第66回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、審査員を受賞した。良多を演じる福山は自身初の父親役。妻みどりに尾野真千子、斎木夫妻にリリー・フランキー、真木よう子が扮する。

2013年製作/120分/G/日本
配給:ギャガ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第37回 日本アカデミー賞(2014年)

受賞

優秀助演男優賞 リリー・フランキー
優秀助演女優賞 真木よう子

ノミネート

優秀作品賞  
優秀監督賞 是枝裕和
優秀脚本賞 是枝裕和
優秀主演男優賞 福山雅治
優秀主演女優賞 尾野真千子
優秀音楽賞 松本淳一 森敬 松原毅

第66回 カンヌ国際映画祭(2013年)

受賞

コンペティション部門
審査員賞 是枝裕和

出品

コンペティション部門
出品作品 是枝裕和
詳細情報を表示

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)2013「そして父になる」製作委員会

映画レビュー

4.0犬でも無理

のんさん
2021年9月3日
PCから投稿

自分は子供がいないので
とりあえず飼ってる犬で想定。

突然他人が飼い主になって、戸惑う愛犬を考えたら‥
もう泣けます。
(犬だって無理よ、と真木よう子さんも言ってましたね)
普通にくつろいでたら切ないですが。

血のつながりがどれだけのものか
にわかには想像がつかないけど
答えは出せない!

ラスト、カメラのとこは、号泣です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
のん

4.0リリーフランキーのクセが強いが、主役はもちろん◎

Koheiさん
2021年7月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

この映画の存在は公開当時から(おそらく)「ふわっと」認識していた。「なんと福山雅治が主演らしい」とも「ふわっと」認識していた。「そういえば、尾野真千子も出ているな」とも。福山雅治は、同じ長崎県出身ということもあって、ぱっと目についていたし、尾野真千子も、NHK連続テレビ小説「カーネーション」で主演をやっていたことがしっかりと記憶にあり、やはりぱっと目についた。だから、いつか観ようという気持ちは「ふわっと」あったのだが、自ら主体的に作品を手に取ろうとまでは至らなかった。

結局のところ、この作品を観るに至った動機は受動的なものだった。当時、私は、ブルーレイレコーダーに邦画を自動で録画するよう設定していた。そうすると「海街diary」や「万引き家族」といった是枝裕和監督の作品が自動的に録画されていた。この2つの作品はすでに鑑賞済みだったが、最後まで手をつけていなかったのが「そして父になる」だった。今回、連休に入ってようやくゆとりができたので、鑑賞することができた。以下に記すように、配役にはとても満足しているのだが、テレビで観るには少し物足りない印象を受けた。全体として映像は落ち着いた感じがしており、かつピアノのBGMは品がある。映画館のスクリーンで観てこそ映えるように思う。

前述の通り、是枝裕和監督の作品には少しだけ触れる機会があった。だから、リリーフランキーや風吹ジュン、樹木希林といった「いつもの顔」が出てくると安心感を覚える。いずれの作品においても、異なる役柄を演じているはずなのに、彼ら彼女らのキャラクターは何処か似通っているところがあるからだ。とりわけ、リリーフランキーの「抜け感」にはいつも笑ってしまう。是枝作品ではない別のドラマでも、社会不適合な感じの役をやっていて、これが「平常運転」なのだろうと確信に近い感覚を覚えて久しい。今作では、群馬の小さな電器屋の親父を演じていたが、不思議な方言を話していて、相変わらず「抜け感」抜群だった。

もちろん、福山雅治と尾野真千子もすばらしかった。福山雅治はもちろんいつもカッコ良いのだが、今作では少し不器用な父親を演じている。仕事には全力を注ぐが、子育てにはやや関心が薄い。父親に「なりきれていない」感じが出ている。今にも「愛情って何ですか?」なんて言い出しそうでおっかない。それとは対照的に、尾野真千子はいわゆる「良妻賢母」そのものを演じきっている。2人の子育てに対する温度差があって、それが最後にグッと縮まっていく気配が感じられるところが、鑑賞者の涙を誘う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Kohei

3.5”父”とは、”親”とは何なのか?

2021年6月6日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

知的

とても大切なことを投げかけた題材(だからカンヌで絶賛される)。
家族とは何なのか、幸せとは何なのか。

上映後の監督のスピーチで聞いた。
 監督の娘さんの一言をきっかけにして生まれた作品だそうだ。家から仕事に向かう監督に、娘さんが言った一言「また、来てね」。手塚治虫先生もお子さんに言われたとどこかで読んだ。
 偉大な仕事をする男は、そうならざるを得ないのか。けれども、それでいいのか。そんな疑問がよぎる。
 監督も「父としてこれでいいのか」と思ったとか。

だからか?
 監督が娘さんとやりたかったことが、斎木家に投影されているんじゃないかと思う演出。

 「慶多が良多を尊敬して良多みたいになりたいと思っているから、良多だってそれなりの父だった」というコメントをどこかのレビューで拝読したが、一概にそうとは言えない。
 このくらいの年の子どもは、自分を虐待する親のことも肯定して、虐待する親のようにふるまえないから、暴力を振るわれると思う。虐待する親を理想化して虐待する自分を価値のないものだと思い込む。だって、”家族”が”法”であり、”世界のすべて”。それ以外の価値観を子どもは知らない。(”家族の価値観”以外の”価値観”を知るために”学校”は大切。)

”父”という役目を誤解していた男の成長譚としてみれば、それなりに見られる映画なんだけれど…。

”家族”の物語として観てしまうと…。

あの流れで、子どもを取り換えるか?と唐突。お試し期間だとしても。「交換しなきゃね」と思わせるような描写がもっと欲しかった。

また、周りの人々とのやり取りの中で野々宮が自分の生き方を振り返るのは良いとして、
カメラのシーンは涙を誘うけれど、『そして父となる』というテーマなら、息子たちとのやり取りの中でももっと葛藤・気づきを得てほしかった。
とってつけたように、一番従順だった息子の反乱が描き出されるけれど、そこも唐突。慶多の描写は、今までにない自由な環境で楽しんでいる描写しかなかったのに。慶多が過剰適応していると匂わせてくれるショットが少しでもあればよかったのに…。
もう一人の息子との心の掛け違えの描写は秀逸。でもあのシーンだけ他で撮ってはめ込んだような違和感…。
そして、この事件の現況の家族。血のつながりについて、良多が思いをはせるきっかけとしては重要なエピソードなのだけれど、ここを削って二つの家族と子どもをもっとじっくり描いてほしかった。

そして、笑っちゃうほどステレオタイプな人物造形。
 子ども目線で子どもと心の交流するけれど、躾のできていない斎木家。
 子どもの気持ちなんて無視する管理者気質+過干渉的な関りしかしないけれど、躾と教育はしっかりしている野々宮家。
 衣装にも意味を持たせてコーディネートしている話を伺うと、そこまで設定するのかすごいなと思うのだけれど。
 その対比すらも表面をさらったような描写。

何より、上にも記したけれど、子どもたちの気持ちが表現されていない。当事者の二人の戸惑いはあんなものなのか?兄弟たちは?突然兄がいなくなったらそれなりの反応があるだろう。

ドキュメンタリー手法を得意とされる監督と聞く。
『誰も知らない』では成功した手法だが、この作品に合っていたのか?
ドキュメンタリーなら、かえって実際にこのような被害にあわれた方を取材した方が、もっと迫力のある、真実が描き出されたのではないか。
 ー取り換え事件を描きたかったのではないのだろうけれど。
 ー”父”としての自覚が芽生えていく過程を描きたかったのなら、『クレイマー、クレイマー』のシチュエーションの方がシンプルだったと思うけれど…。

監督ご自身がまだ”父”としてどうあるべきか迷っていらっしゃるのではないか。
”父”として現役だから、これ以上思索を深められなかったし、客観化が中途半端になってしまったのではないか。
二兎を追う者は一兎をも得ず。頭で考えた感の演出・脚本が、今一つ乗れない。

血か時間か。よくわからない。
 狩野先生という精神科医がある講義で「一緒に過ごす時間が家族を家族としてくれる」とおっしゃっていた。
 血のつながりはなくとも、人として尊重して愛され育まれている子どもを知っている。
 血のつながりがある親から搾取されている子どもを知っている。
 血のつながりはあり、同じ家に住む父を「たんなる同居人」という青年~大人は多い。
取り換え事件に巻き込まれた家族を調査した論文では、100%”交換”をして、成功したらしい。
論文を読んでいないから反証はできないが、”成功””適応”をどのように評価したのか。
年齢にもよるが、子どもは大人の決定に従わざるを得ない。自分で変えられない環境なら”適応”するしかない。

子どもは授かりものである。
子どもを”作る””育てる”という感覚が身についてしまったけれど、
子どもとの時間は、子どもが与えてくれるもの。子どもがいなければその時間は存在しない。
子どもがその人の元に来るおかげで、その人は”親”になることができる。
なのに、いつから私たちは、そのすべてを私たちがコントロールできると思い込んでしまったのだろう。

親子の関係。最終的に当事者の子どもにしか評価できないのだと思っている。
カプセル親子、双子親子、友達親子という言葉ができて久しい。毒親という言葉もメジャーになってきた。
 甘やかすだけでもダメ。厳しいだけでもダメ。
 子は意外に親をちゃんと見ていて判断している。その躾や行為を誰のためにやっているのか。
自分のために生きるのか、誰かのために生きるのか。
血であろうが、時間であろうが、親子になるのは難しい。

(区の企画鑑賞会にて)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とみいじょん

4.0泣けるなぁ。4人の親と子供が、健気です

Marikoさん
2021年5月29日
iPhoneアプリから投稿

今まで大切に育ててきた6歳の息子が、実は産院で取り違えられた他人の子供だということがわかり、さぁ、どうする・・・と双方の家族が翻弄されるというストーリー。

エリート夫婦に福山雅治と尾野真知子、下町の電気屋の夫婦にリリーフランキーと真木よう子。
このままがいいのか、それともやはり元の親に戻す方がいいのか・・・
話し合い、やはり交換する方向で、とりあえず週末だけ新しい子供と過ごすそれぞれの家族。

かわいそうなのは子供です。急に預けられてもわけわかんないよね…
急に、私たちがほんとのパパとママなんだ、と言われても…

結末はあえてここに書きませんが、子供がいる人には心がズキンときてたまらない映画です。

でも、でも、取り違いはもちろんあってはならない事で悲劇には違いないんですが、この事があったことで、この4人の親は、人として、親として、家族として、すごく深みが出て、絆が深まって、あらためて愛を知ることができたのは間違いない。
(あの看護師には怒りしか感じない… どうしても同情できなかった)

私は母親の立場としてやっぱり観るので、真木よう子と尾野真知子が困惑しながらも目の前の子を一生懸命愛して世話する健気な姿に胸打たれ、2人が河原で抱き合うシーンに涙でした。母は強し、愛深し。やっぱり男と違ってお腹痛めて産んでるからなぁ。

福山雅治の演技も結構好きなんですよね。淡々としてるけど、ふとした時にグッときます。
最初はほんとに嫌な人で、上から目線で自信家で、冷たい感じなんだけど、もちろん彼も悩み苦悩してるわけで。。。
ちゃんと息子と向き合うラストには泣かされました。

リリーさんの、子供と転げ回って遊ぶ庶民的な父も好きだし。
そうそう、今は亡き樹木希林さんが祖母役で出てますが、あのフワッとした感じ大好きです。
「昔はねぇ、戦争の時、孤児になって貰われたり親戚の子を引き取ったり、そりゃあ色々あったんだよ」って。

家族ってなんだろう。
血のつながりって、なんだろう。

良い映画です。

さすが「万引き家族」の是枝監督。
「海街Diary」も良かったけど、是枝さんは家族のコアな部分に迫るのが上手い!!鋭い!!

次回作ではソン・ガンホさん主演とのこと。楽しみです!

コメントする (コメント数 4 件)
共感した! (共感した人 9 件)
Mariko
すべての映画レビューを見る(全273件)

他のユーザーは「そして父になる」以外にこんな作品をCheck-inしています。