そして父になる

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
そして父になる
そして父になる
17%
56%
21%
4%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

是枝裕和監督が福山雅治を主演に迎え、息子が出生時に病院で取り違えられた別の子どもだったことを知らされた父親が抱く苦悩や葛藤を描いたドラマ。大手建設会社に勤務し、都心の高級マンションで妻と息子と暮らす野々宮良多は、人生の勝ち組で誰もがうらやむエリート街道を歩んできた。そんなある日、病院からの電話で、6歳になる息子が出生時に取り違えられた他人の子どもだと判明する。妻のみどりや取り違えの起こった相手方の斎木夫妻は、それぞれ育てた子どもを手放すことに苦しむが、どうせなら早い方がいいという良多の意見で、互いの子どもを“交換”することになるが……。2013年・第66回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、審査員を受賞した。良多を演じる福山は自身初の父親役。妻みどりに尾野真千子、斎木夫妻にリリー・フランキー、真木よう子が扮する。

2013年製作/120分/G/日本
配給:ギャガ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第37回 日本アカデミー賞(2014年)

受賞

優秀助演男優賞 リリー・フランキー
優秀助演女優賞 真木よう子

ノミネート

優秀作品賞  
優秀監督賞 是枝裕和
優秀脚本賞 是枝裕和
優秀主演男優賞 福山雅治
優秀主演女優賞 尾野真千子
優秀音楽賞 松本淳一 森敬 松原毅

第66回 カンヌ国際映画祭(2013年)

受賞

コンペティション部門
審査員賞 是枝裕和

出品

コンペティション部門
出品作品 是枝裕和
詳細情報を表示

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)2013「そして父になる」製作委員会

映画レビュー

4.0まさに設定の勝利。

2020年7月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

病院で取り違えられた二人の子供を6年間育ててきた二組の夫婦。
生活環境も何もかも違う二組に、さあどうすれば良いのでしょうかという答えは、実はありません。

この映画でも、やはり最後まで答えは出ません。

つまりね。
これはもう、答えを出さずに済むのですから、福山雅治・尾野真知子組も、リリーフランキー・真木よう子組も、演技合戦やり放題。
監督、ほんとにいいネタを設定しましたね、って感じで、きっと話のほうが勝手に成長していってくれた、そんな映画と感じました。

つまり、これら名優たちの名演技を楽しむ映画というのが真の姿だと思います。

100%、設定の勝利って感じでしょうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
お水汲み当番

4.0最後のエンドロールへ続くカットは好み

2020年7月19日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

建設一流企業のエリートサラリーマンは都内の高級マンションに息子と妻の3人暮らし。

病院からの知らせで小学高入学を控えた息子が赤ちゃん取り違えが起きていたことを知らされる。血のつながった息子は下町の電気店で、夫婦と子供2人と5人暮らし。

お互いの家庭で息子を血のつながりの家庭に戻そうとし、互いの家庭環境の違いからすぐに融和できないが、それぞれに葛藤を抱えながら、成長していく。

一番変化があったのは、主人公のサラリーマン。父としての在り方を見つめなおし、子供との時間を増やしていく。

是枝監督の瑞々しい描写、リズムのいいカットで自然な流れるような展開でとてもみやすい。最後のワンカットで次第に引いていき、エンドロールが流れる展開は好み。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
菜野 灯

3.5考えさせられる映画

まるさん
2020年7月17日
Androidアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
まる

3.0うーん是枝監督

2020年7月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

まず、リリーフランキーは極悪や、scoopの役柄が私的にははまり役なので、いい父親と言うイメージがない。

福山の家庭はエリートで子供も一人っ子だし英才教育が可能。

家族の多い家でみんなでわちゃわちゃしてるのは楽しくみえるが、大人になった時にエリート家庭で英才教育を受けれた事には感謝すると思う。

自分が庶民だから、そう思うのかもしれない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
悠々同盟
すべての映画レビューを見る(全264件)

他のユーザーは「そして父になる」以外にこんな作品をCheck-inしています。