シムソンズ

劇場公開日

シムソンズ
シムソンズ
3%
50%
37%
7%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

2002年のソルトレイクシティ五輪に出場した北海道常呂町(現・北見市)のカーリング女子日本代表チーム「シムソンズ」をモデルに、4人の少女たちの奮闘を描いた青春ストーリー。北海道常呂町の高校に通う伊藤和子は、自分の将来に焦りを抱きながらも無為な日々を過ごしていた。そんな和子が、カーリング日本代表として長野五輪に出場した地元の英雄・加藤正人との出会いをきっかけに、友人たちとカーリングチームを結成する。製作から12年を経た18年、平昌五輪で日本の女子チーム「LS北見」がカーリングで日本勢初の銅メダルを獲得したことを受け、道内のイオンシネマなどでデジタルリマスター版がリバイバル公開される。「シムソンズ」のメンバーを演じたのは加藤ローサ、藤井美菜、高橋真唯(現・岩井堂聖子)、星井七瀬。監督は、本作の後に「キサラギ」「脳内ポイズンベリー」などヒット作、話題作を手がける佐藤祐市。

2006年製作/113分/日本
配給:ドリームステージピクチャーズ、アットムービー、エスパース・サロウ

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2006「シムソンズ」製作委員会

映画レビュー

3.0氷上のスポーツで瑞々しい演技

2019年2月19日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館、DVD/BD

楽しい

幸せ

演じているキャストも若く生き生きとしているし、観ていて楽しい。
大泉洋もすでに頭角を表しており、指導者らしい顔をしている(笑)

加藤ローサも天真爛漫で明るく主人公に似合っている。
高橋真唯が改名しているのは最近知った。

感想ではないが、当時フィルムは35mmしかなくて、パンチが付いてなかったような記憶がある。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
うにたん♪(コロナが当たり前の世界)

4.0シムソンズを見ないで青春は語れない。

2018年2月12日
iPhoneアプリから投稿

ゲームを馬鹿にするつもりはない。ないのだが
ゲームばかりして自分の部屋にこもってる高校生や中学生には是非是非シムソンズを見て欲しいと思った。たしかにシムソンズは綺麗にまとまってる。100パーセント実話でないのは
勿論。そんなのは当たり前だ。だがしかし一人でひっそりと喜ぶより、怒ったり泣いたり笑ったりでチームで何人かのメンバーで何かを目指すのは、たしかに
難しい難しいが経験して欲しい気がする。
カーリング「チーム青森」を検索して読み始めたら
止まらなくなりそうなので開くのをやめ、レビューを
打つことにした。自分を信じ仲間を信じ笑顔で未来に向かって進んでいく。嘘・嘘は難しいが、自分が有利に進む嘘は必ずやめようと思った。苦しくなりたくないから、腹から笑いたいから。シムソンズ。
布団の中でシムソンズを見て明日からのイメージを
シムソンズスタイルで過ごしたいと思いながら
また布団の中から何か見ると思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
G・・HT3

3.5よかった

canmoreさん
2016年2月23日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

想像以上によかった。
そしてどのキャストもはまってた。
よかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
canmore

4.5若いって、いいね。

2006年7月23日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

北海道常呂町から2002年ソルトレークオリンピックのカーリング競技を目指した四人の女の子の話。最後のエンドロールに四人の名前がクレジットされています。”シムソンズ”が”SIMSONS”であって、それは、”SIMPSONS”の間違いであったと言うのは、中々天然でいいです。四人の女の子の内二人(小野寺歩さん、林弓枝さん)は、2006年トリノオリンピックにも出場しています。って言うか、映画中の誰が小野寺さんで、誰が林さんだったんでしょうね?
さて、トリノオリンピックでの日本女子チームの活躍に伴い、この映画も人気が出て、公開延長や公開館が増えました。思わぬところでのオリンピック効果ですね。帰国後の日本選手権大会で、代表チームが常呂中チームに破れたというのはご愛嬌。もっとも、決勝トーナメントでは雪辱を果たし、優勝していますけどね。
良いです。”青春!”って感じですね。「ウォーター・ボーイズ」「スイング・ガールズ」とこの手の青春映画はいろいろあり、何れも良かったですが、これも良いです。比べるのもなんですが、先ごろ公開されたディズニー版「南極物語」より感動しました。
その他この映画の良いところは、ルールの解説がさりげなくあり、カーリングの基本をきちんと追う事が可能なところ。カーリングは一般的にルールなどが知られていないので、こう言う細かい配慮は良いですね。
加藤ローサが良いです。天真爛漫な女子高生を見事に演じています。それから大泉洋。彼は芸達者ですねぇ。おちゃらけた演技から、シリアスな演技まで、見事に演じています。彼は最近、東京にも進出していますが、あくまでもベースは北海道。地方にこう言う役者がいると言うのは驚きです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
勝手な評論家
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「シムソンズ」以外にこんな作品をCheck-inしています。