トランスフォーマー ダークサイド・ムーン

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
トランスフォーマー ダークサイド・ムーン
18%
49%
28%
4%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

日本の人気玩具をもとに、マイケル・ベイ監督が実写化したSFアクションシリーズ第3弾。1969年7月20日、アポロ11号による人類初の月面着陸により、月の裏側に金属生命体=トランスフォーマーの宇宙船が不時着していたことが発見された。NASAとアメリカ政府により長らく隠されていたその事実から、トランスフォーマーをめぐるナゾが明らかにされていく。シャイア・ラブーフらメインキャストが続投するなか、ヒロインは前2作のミーガン・フォックス演じるミカエラから、モデル出身の新鋭ロージー・ハンティントン=ホワイトレイが演じる新キャラ、カーリーに交代。

2011年製作/154分/G/アメリカ
原題:Transformers: Dark of the Moon
配給:パラマウント

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第84回 アカデミー賞(2012年)

ノミネート

視覚効果賞  
音響編集賞  
音響録音賞  
詳細情報を表示

特集

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

(C)2011 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

3.0過去2作と比べCG描写がパワーアップ!!

YuuuuuTAさん
2019年4月29日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

単純

興奮

回を増すごとにスケールアップしていくトランスフォーマーシリーズ。
3作目となる「トランスフィーマー ダークサイド・ムーン」では
過去最高のCGアクションが堪能できる。

オートボットvsディセプティコンの故郷サイバトロン争奪戦争のさなか
オプティマス・プライムの先代の指導者センチネル・プライムを乗せた
一隻の宇宙船・アークが飛び立つも、襲撃に会い宇宙のかなたに消えてしまう。
時を経て1961年、アークは月の裏側「ダークサイド・ムーン」へ墜落する。
乗組員はオプティマス・プライムの先代の指導者センチネル・プライム。
アポロ11号にて金属生命体の存在がはっきりしたが
情報はごくわずかな関係者のみが知り、時は現在へ進んでいく。

サイバトロンに関わる情報がロシア・チェルノブイリにあると入手した
オートボットとNESTの一員は
調査の末、月の裏側にアークが墜落していることを知る。
月へ行きセンチネルを回収し、オプティマスのマトリックスにより復活させる。
再会を喜び合う2人。
しかしセンチネルには、恐ろしい野望があった。
その裏にはディセプティコンの陰謀があり……。

CGをふんだんに使った描写はシリーズ史上No.1だと思う。
ディセプティコンの一体が高層ビルをねじ切ろうとするシーンは
特に迫力があった。ビルの中にはサムや本作からヒロインを務めるカーリーなどがおり
斜めになった床を滑り落ちたり投げ出されそうになったり、
迫力満点のシーンだった。

それからディセプティコンを中心にキャラクターの種類が豊富になった。
これまで本来の姿は二足歩行のロボットが主流だったが
今作では四足歩行の動物だったり、鳥の姿が本来の姿であるトランスフォーマーが登場していた。
色んなキャラクターが見られるのも面白かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
YuuuuuTA

3.0月の裏側

kossyさん
2019年4月1日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 1969年のアポロ11号の月面着陸は裏側に何か到着したためだったんだな!それにしても当時の映像とうまくつなぎ合わせていて、このオープニングは面白い!

 サムはといえば、就職活動に余念がない。前作までの彼女とはどうやら別れているようで、新しい恋人ともうまくいっているようだ。

 オプティマスは月に不時着したセンチネル・プライムを回収し、マトリックスで復活させた。しかしセンチネルは故郷サイバトロンを復活し地球に転送しようとする。オプティマスはディセプティコンによって復活させるよう仕向けられていたのだった・・・国防省のメアリング(フランシス・マクドーマンド)が「ディセプティコンの攻撃を受けるのはオートボットがいるから」だとして、彼らを追放しようとする。しかしディセプティコンの攻撃は続き、センチネルはサイバトロンへの“柱”を完成させようと動く・・・

 ジョン・マルコヴィッチやマクドーナンドの出演によって引き締まる内容になるかと思えば、やはりグダグダ。ともかく154分という長尺は何とかならないかと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
kossy

3.0まあまあかな。

oracionさん
2018年12月22日
Androidアプリから投稿

まあまあかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
oracion

4.0史上最大の侵略

syu32さん
2018年8月30日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、映画館、TV地上波

楽しい

興奮

 「トランスフォーマー」シリーズ第3作。

 3Dで鑑賞。

 公開当時は本作をもって完結する予定でした。最終回に相応しいディセプティコンによる“史上最大の侵略”と、それに立ち向かうオートボットとサムや仲間たちの地球の命運を懸けた壮絶な戦いが繰り広げられました。

 歴史上の出来事にトランスフォーマーを絡めて来る展開は本作でも踏襲されていました。
 “アポロ11号”の月面着陸と以降の“アポロ計画”を絡めた壮大な陰謀が描かれ、史実と虚実の違和感の無い巧みな接続に関心しっぱなし。
 陰謀劇が大好きな私としては、夢中になるしかない要素がてんこ盛りでウキウキしました(笑)

 ディセプティコンが長い時間を掛けて張り巡らせた罠に嵌り、まさかまさかの裏切者の登場によって最大のピンチを迎えてしまい、手に汗握りました。
 やがて始まったディセプティコンの総攻撃と、まさかのサイバトロン星を地球近辺までワープさせて来るという暴挙…。
 なんと素晴らしい物語なんでしょうか! “最終回の醍醐味”がこれでもかと詰め込まれていて感無量でした。

 第1作の市街戦とは比べ物にならない迫力で展開されるシカゴでの戦いは、より洗練された映像表現が相まって終始興奮しっ放しでした。
 シカゴを占拠する勢いのディセプティコンの大物量攻勢に圧倒されながらも、不屈の闘志で立ち向かっていくオートボットと人類の戦いに胸が熱くなりました。
 クライマックスのオプティマスとメガトロンの一騎打ちは必見。双方ボロボロになりながら、お互いに一撃必殺の攻撃を繰り出す様が圧巻でした!

 有終の美を飾った見事な出来映えだと感心し、シリーズが終わってしまったことに寂しさを感じましたが、間も無く第4作の製作がアナウンスされ歓喜しました。その第4作の出来に関しては…何も言わないでおこう…(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
syu32
すべての映画レビューを見る(全101件)