トランスフォーマー 最後の騎士王

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
トランスフォーマー 最後の騎士王
12%
38%
37%
9%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

マイケル・ベイ監督による大ヒットSFアクション大作「トランスフォーマー」シリーズの5作目。地球上に存在するあらゆるマシンに変形する金属生命体トランスフォーマーが、太古の時代から地球の歴史に干渉してきたという、新たな真実が明らかにされる。トランスフォーマーの起源であり「創造主」と呼ばれる異星人が、惑星サイバトロンの再生と地球侵略を計画。それを阻止すべく旅立ったオプティマス・プライムだったが、創造主に捕えられて洗脳されてしまい、人類を滅ぼすべく地球に舞い戻ってくる。一方、オプティマスが不在中の地球では、バンブルビーがオートボットの新たなリーダーとなり、復活したメガトロンとディセプティコンに対抗していた。バンブルビーらオートボットと行動をともにするケイド・イェーガーは、孤児の少女イザベラを助け、謎の英国紳士バートンの導きによってイギリスに向かうが、バートンのもとでオックスフォード大学の教授を務める女性ヴィヴィアンと引きあわされる。バートンは、ケイドとヴィヴィアンに、これまで隠されていた真実を明かすが……。前作に続いてケイド役のマーク・ウォールバーグが主演し、1~3作目のレギュラーキャストだったレノックス役のジョシュ・デュアメル、シモンズ役のジョン・タトゥーロが復帰。バートン役で名優アンソニー・ホプキンスが出演。

2017年製作/149分/G/アメリカ
原題:Transformers: The Last Knight
配給:東和ピクチャーズ

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15

(C)2016 Industrial Light & Magic, a division of Lucasfilm Entertainment Company Ltd., All Rights Reserved

映画レビュー

4.0ジョジョっぽいアクションも

AuVisさん
2017年8月13日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

楽しい

興奮

オートボットのキャラが時間を遅くして攻撃するシーンは、ジョジョのスタンドっぽくて楽しい。CGを駆使したトランスフォームの場面は、第1作を観たときの衝撃に比べたら、どうしたって回を重ねるたびに見慣れてしまうのは仕方ないが、変形自体の複雑化に加え、背景部分での爆発や破壊もどんどん細かくダイナミックに描写することで、シリーズのファンを飽きさせない工夫が伝わってくる。変形場面以外でも、カーチェイスのシークエンスを極端なローアングルで撮影したカメラワークは迫力を増すのに貢献していたと思う。

4作目から人間側のキャラクターを一新して新展開、という腹づもりだったのだろうけど、ドラマがうまくころがらないと判断されたのか、3作目までのジョシュ・デュアメル、ジョン・タトゥーロが呼び戻された。次回で新旧の登場人物が有機的にからんでドラマ要素を盛り上げてくれるといいのだが。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
AuVis

3.0せめてトランスフォームしてくれ

2019年11月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

興奮

寝られる

トランスフォーマー 最後の騎士王 【IMAX 3D】
鑑賞日 2017 8/12

シリーズ5作目となる作品で、ロストエイジで最後オプティマスが宇宙へ「創造主」に会いに行った後の話となる。相変わらず爆発シーンが多く、男子ならみんな興奮できるものだった。だが正直今回のトランスフォーマーはトランスフォーマーではなくただのロボット映画だった。なぜなら変形シーンが少なすぎるからだ。そもそも敵がトランスフォーマーじゃないし、宇宙に行くという時点でもうめちゃくちゃ。しかも主役であるオプティマスの変形シーンが1つもない。案の定全くヒットせず、過去最悪の結果となった。しかもその年の最悪の映画を決める賞・第38回ゴールデンラズベリー賞に9ノミネートしてしまった。ストーリーでいうと、創造主がオプティマスにかけた洗脳弱すぎない?という疑問。しかも最初あんなに強かった創造主もバンブルビーの一撃で退散…。何より残念なのは最後の騎士王の大失敗を機にトランスフォーマーシリーズが打ち切りになってしまったことだ。本作のエンドクレジットで地球のことをクインテッサが「ユニクロン」と言って終わるというめちゃくちゃ次回作が気になる終わり方だったのに……。だが、2018年11月公開のトランスフォーマーシリーズの初のスピンオフ「バンブルビー」が公開されるので、それの復興収入次第では打ち切り解消の予定もあるらしいので、とても楽しみだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画の子

3.5若手女優の発掘&育成映画?

maruさん
2019年10月2日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

安定のマーク・ウォールバーグの演技の幅が、若手女優を際立たせている気がする。トランスフォームのCGは相変わらずスゴいですが、ストーリーは弱い気がする。でも、映画として、ストーリー、ビジュアル、音、俳優陣など、複合的に見るとエンタテインメントとしての『映画』には仕上がっている。

個人的には「どんなトランスフォームをするのか?」が、そのCG技術が、見所と思っているので、ストーリーテラーとして俳優陣が置かれている感じに見える。
ハリウッド映画というネームバリューに気圧されがちだが、中身はほとんど無い。皮肉や悪口ではなく、トランスフォーマーは、コレで良いと思う。
『映像美』を魅せてくれる、そこで楽しませてくれる映画だと思うので、タイトルにもあるように『トランスフォーム』が売りだと思う。1作目のインパクトで☆5つだとしたら、見慣れてきて☆3.5になるのは仕方なし。

次回作があるとするなら、人間とAIの関係性を絡めてきて、物語がもっと濃いものになるはず。そこに期待している。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
maru

4.5トランスフォーマー!

マサオさん
2019年7月27日
スマートフォンから投稿

泣ける

笑える

楽しい

色々な意見があると思いますが
1回観たくらいじゃわからない!
第1作から全て観てる自分ですら!

とにかく映像が綺麗
ロボット同士のジョークや小ネタ 笑えます

車がかっこいい 変身しなくてもカッコいい
この夏にTSUTAYAで借りて観るべき映画!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マサオ
すべての映画レビューを見る(全247件)