ハウス・オブ・ザ・デッド

劇場公開日

0%
0%
0%
45%
55%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

人気シューティング・アクション・ゲームを下敷きに映画化したホラー・アクション。ゾンビが潜む南海の孤島へやってきた若者たちが、決死のサバイバルを繰り広げる。監督は”ゲーム世代のスピルバーグ”と謳われるウーヴェ・ボル。出演は「デッド・コースター」のジョナサン・チェリー、「キャットウーマン」のオナ・グローアー、「Uボート」のユルゲン・プロホノフ。特殊メイクには「フレディVSジェイソン」のビル・テレザキス。

2003年製作/90分/アメリカ・ドイツ・カナダ合作
原題:House of the Dead
配給:日活

ストーリー

ある孤島でパーティがあることを知ったサイモン(タイロン・レイツォ)は、密かに気になっているアリシア(オナ・グローアー)や友人のカップル、グレッグ(ウィル・サンダーソン)とシンシア(ソーニャ・サロマ)、カルマ(エヌーカ・オークマ)を誘って島へ向かおうとする。が、すでに船は出てしまったあとだった。小さな船をチャーターして、島へと渡ろうとするサイモンたち。だが、彼らが目指す島の名前を聞いた瞬間、その場にいた男サリッシュ(クリント・ハワード)の表情が変わった。「その島には決して行ってはならない…」。彼らが目指す孤島は、地元民からは通称”イスラデル・ムエルテ”(=死の島)と呼ばれ、恐れられている場所だったのだ。サイモンたちはサリッシュを雇っているカークと名乗る船長(ユルゲン・プロホノフ)に高い金を払い、島へと渡らせてくれるように頼む。いやがるサリッシュもカークとともに船を出すことにした。島へと到着するサイモンたち。そこは何かがおかしかった…。パーティの飾りつけがされているにもかかわらず、人の気配がまったくなかったのだ。一体、ここで何が起きたのか? サイモンたちは、グレッグ、シンシアのカップルと残り3名とに分れ、島の中を探索し始める。最初に姿を消したのはグレッグだった。不安に陥るシンシア。そして、彼女にも黒い影が襲い掛かった。サイモンたちの3人組は荒れ果てた古い屋敷を発見した。おそるおそる中へと入っていく3人。そこにいたのは…意外にも、アリシアの元彼ルディー(ジョナサン・チェリー)とその友人のヒュー(マイケル・エクランド)だった。ルディーは手にしていたビデオカメラで、パーティ会場で何が起きたのかをアリシアたちに見せる。そこに映し出されたのは目を覆う惨劇だった。パーティに集まった若者たちに、この世のモノとは思えぬほどおぞましい姿となったゾンビたちが襲い掛かっていたのだ。一人また一人とゾンビによって殺戮される若者たち。凄惨な場面が繰り広げられていた。映像を見てしまっては、信じないわけにはいかなかった。ルディーたちは、残してきたグレッグやシンシアたちのもとへ戻る。姿を消したグレッグはトイレの中に身を潜めて生きていた。ルディーたちがグレッグを助け出した時、彼らにゾンビとなったシンシアが襲い掛かってきた! 変わり果てた姿に呆然とする一同。その時、銃声が響き渡った。彼女を仕留めたのは沿岸保安官のキャスパー(エリー・コーネル)だった。彼女は制止を聞かずに船を出したカークを追って、この島へやって来ていたのだった。その頃、入り江にいたカークたちもゾンビの襲撃を受けていた。銃を手に応戦するカーク。やがて、ルディーたちもカークと合流する。獲物の匂いを嗅ぎ付け、集まってくるゾンビたち。生き残るにはゾンビを倒すしかない。サバイバルのための長い夜が始まった。果たして、誰が生き残るのか。生きて島を出ることのできる者はいるのか?

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ROOM237
  • ヘンリー
  • スペイン一家監禁事件
  • カルト
  • オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主
  • バレット・バレエ
  • 映画「怪談新耳袋 殴り込み!」【TBSオンデマンド】
  • 吸血鬼ゴケミドロ
  • ザ・ボーイ ~人形少年の館~
  • 稲川淳二 真相 恐怖の現場~恐怖の検証~ Vol.4 《異界へ誘う、呪縛トンネル / 生霊が嘆く墓》
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画レビュー

2.0泳ぐゾンビ!

kossyさん
2018年11月11日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

1.5微妙

2015年6月14日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

単純

寝られる

ゾンビ映画だけど「ゾンビに殺された」っていうシーンはほぼ映ってない
あるのは「ゾンビに群がられて食い殺される直前」までなので
出血や内臓が画面に映ることはほぼないのがゾンビ映画として残念

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
胡麻麦茶

1.0イマイチな作品

2015年5月28日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

怖い

単純

この作品はSEGAのゾンビガンシュー「ハウス・オブ・ザ・デッド」の映画化作品の筈なんだけど、まず冒頭でキャラをいちいち説明する必要はないと思う。所々に1の動画を入れるのも微妙。
ゲームを意識し過ぎてる感があってダメだと思う。
かと思えば無駄なエロシーンがあるし…。スピーシーズみたいに物語に重要な意味を持つんだったらいるけどさ…。
それと原作でもノロいゾンビ何でダッシュさせんの?
人を中心に回りこむ様な撮り方も必要ない。完全に的外れな方向へノリで撮ってる感じがする。
ゾンビ映画なら☆☆だけどゲームの映画化としては☆

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
神社エール

1.032点 しょーもない・・・・・。

2013年11月15日
PCから投稿

寝られる

 B級以下。B級と称されるものには ”らしい”愛着があるけど
               ソレすら全くかんじられない。

  ぞんび映画で この残念感は初めて。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画電気(びりびり)
すべての映画レビューを見る(全4件)