ゾンビ

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ゾンビ

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ゾンビ映画」というジャンルを確立した、ジョージ・A・ロメロ監督による傑作ホラー。惑星から降り注いだ光線により、地球上の死者がゾンビとして復活した。その群れは生者に襲いかかり、噛みつかれた者もゾンビへと変貌、生ける屍たちは瞬く間に世界中を覆い尽くしてしまう。テレビ局員のフランと恋人スティーブン、SWAT隊員のロジャーとピーターはヘリコプターで脱出し、郊外の巨大ショッピングモールにたどり着く。モール内のゾンビを一掃し食料と安全を確保したものの、物資を狙う暴走族の集団に扉をこじ開けられ、ゾンビの大群までなだれ込んできてしまう。ゾンビ、暴走族との三つどもえの殺戮戦の中、生き残りをかけて奔走するフランたちだったが……。本作にはアメリカ公開版(127分)、ダリオ・アルジェント監修版(119分)、アルジェント版をもとに日本の配給会社が独自の編集を施した79年の日本初公開版(115分)、ディレクターズカット版(137分)といった複数のバージョンが存在。そのうち配信もソフト化もされておらず幻のバージョンとなっているのが115分の「日本初公開版」で、2019年11月には日本初公開から40周年を記念し、「日本初公開復元版」としてリバイバル上映される。

1978年製作/115分/R15+/アメリカ・イタリア合作
原題:Dawn of the Dead
配給:ザジフィルムズ
日本初公開:1979年3月

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 封印映像27
  • 封印映像28
  • ハロウィンII
  • ファンハウス
  • モーガン・ブラザーズ
  • ハロウィン2016
  • ロスト・ボディ
  • トランストリップ
  • 道化死てるぜ!
  • 監禁/レディ・ベンジェンス
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

(C)1978 THE MKR GROUP INC. All Rights Reserved.

映画レビュー

5.0日本公開版 ZONBI!

banicoさん
2019年9月19日
iPhoneアプリから投稿

観ました、40年前…劇場で。
中学1年生の時。
SF映画と勘違いして…

ホラー映画なんて見たこと(と、いうか見る気など)無かったので、あまりの恐ろしさに、家に帰ってから一緒に観た兄と2人で部屋にこもってずっと震えてました。

映画のオープニングで、いきなり惑星の爆発後、イタリアのプログレバンド、ゴブリンによる「心臓の鼓動」のような重たいリズムのメインテーマが始まり、パニック状態のテレビ局が映し出されると、観ているこっちもパニック状態!

訳の分からないまま、今度はビードが効いた「ゾンビ」のテーマ曲と共にSWAT隊のプエルトリコ人アパート襲撃、そしてゾンビ達による衝撃映像の連続で、観ているこっちは完全に打ちのめされました…

途中、気分が悪くなり映画館を出ようかと思いましたが、中学生の小遣いで払うには高いチケット代を払っているので、何とか頑張って最後まで観覧しました。

そして、何とも救いようないラスト…

あの当時の中学生が観るには、とにかく衝撃的な映画でした。

ところが、これがきっかけとなり、その後ホラー・スプラッター映画にハマってしまい、数多くのゾンビ・ホラー作品を観ることとなりましたが、この「ゾンビ」を超える映画作品
に出会うことはありませんでした…

あれから40年ですか…😅

今では、すっかりこの手の映画を観ることも無くなりましたが、やはり「ゾンビ」はゾンビ・ホラー映画の金字塔ですね👍

監督のジョージ・A・ロメオでさえ、この作品をしのぐ「ゾンビ」映画を作れていないと思うし…

映画の内容や印象・感想は、好感的なレビューを書いてる方々とほぼ一緒です。
でも、やっぱり「頭を撃つ(破壊する)」のと「ゾンビが走らない(動きが遅い)」は、この映画を成立させる上で重要な設定だと思います。

この「日本劇場公開版」は、数ある「ゾンビ」公開バージョンの中でも1番上映時間が短いですが、その分テンポがよく、BGMも全てゴブリンの音楽なのでの、アメリカ版のようなチグハグ感もなく、スッキリと見れるのではないかな…と。

ただ、ゾンビ襲来シーンでは、当時の日本配給会社が少しでも衝撃シーンを抑えようと、ゾンビが人にかじり付いた瞬間に映像が止まって、食いちぎられる音だけになったり、スーパーマーケットで暴走族がゾンビに襲われるシーンでは、映像がモノクロになったりします。
(しかし、それが逆に妙なリアルさを感じさせるんですが…😅)

まぁ、もう40年前の作品だから、現代のゾンビ映画を見慣れた方や、若い方が観たら怖くない思うかも知れないですが、この機に「日本劇場公開版」を観て「ゾンビ」という作品が、なぜ今尚「高い評価」をうけているのか、その芯の部分を感じ取ってみるのも良いのでは…

自分も、久しぶりにデカいスクリーンでこの映画を見てみたいと思います!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
banico

5.0生涯ベスト

2019年6月17日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

興奮

ゾンビ映画は色々あるが、結局ここに帰る。
この発明はすごい。ゾンビで映画を作る全ての映画関係者はロメロに著作権料を払うべき!!!

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ひかりん

3.5これはゾンビ行進曲だ!

カメさん
2019年6月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

個人評価:3.6
人間がゾンビより残忍になる描写はよく描けているが、ゾンビの行動パターンやルール付が曖昧で、完成度が低く感じる。これは作った時代が新しいとか古いとかは関係なく、作り手の追求が単純に低いと感じる。
しかしながらゾンビの数は多く、大作感はしっかりと出ている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
カメ

4.0原点を初めて鑑賞

2019年1月18日
iPhoneアプリから投稿

アメリカ劇場公開版のレビュー

アクション、ホラー、コメディ
どの要素を取っても面白い!

軍隊 対 ゾンビ の構図が黎明期の作品からある事にまず驚いた。
パンデミックに陥っていく街の様子も妙にリアル。

青塗りの俳優をゾンビに見立てた特撮は今の目で見るとシュールだが、大量のゾンビの群れが列をなす様子はなかなかの迫力!

署の死体置き場で食い荒らすゾンビ。
ヘリコプターに頭を切断されるゾンビ。
エスカレーターで転ぶゾンビ。
子供ゾンビ。

ゾンビ表現もシチュエーションもバリエーションに富んでいて面白い。
このシュールなギャグもたまらない。

生前行った場所に群がる習性。
頭部が損壊するまで死なない。
…など、この時点で基本設定が出来上がっているのも流石だ。

なによりショッピングセンターという閉鎖環境を活かしたアクションが面白すぎた!
地の利を生かした戦略、ゾンビを隔離してのショッピングセンターライフ!
舞台立ての妙こそ、この映画最大の魅力と言えるだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ジョイ☮ JOY86式。
すべての映画レビューを見る(全20件)