ゾンビ

ALLTIME BEST

劇場公開日:

解説

「ゾンビ映画」というジャンルを確立した、ジョージ・A・ロメロ監督による傑作ホラー。惑星から降り注いだ光線により、地球上の死者がゾンビとして復活した。その群れは生者に襲いかかり、噛みつかれた者もゾンビへと変貌、生ける屍たちは瞬く間に世界中を覆い尽くしてしまう。テレビ局員のフランと恋人スティーブン、SWAT隊員のロジャーとピーターはヘリコプターで脱出し、郊外の巨大ショッピングモールにたどり着く。モール内のゾンビを一掃し食料と安全を確保したものの、物資を狙う暴走族の集団に扉をこじ開けられ、ゾンビの大群までなだれ込んできてしまう。ゾンビ、暴走族との三つどもえの殺戮戦の中、生き残りをかけて奔走するフランたちだったが……。本作にはアメリカ公開版(127分)、ダリオ・アルジェント監修版(119分)、アルジェント版をもとに日本の配給会社が独自の編集を施した79年の日本初公開版(115分)、ディレクターズカット版(137分)といった複数のバージョンが存在。そのうち配信もソフト化もされておらず幻のバージョンとなっているのが115分の「日本初公開版」で、2019年11月には日本初公開から40周年を記念し、「日本初公開復元版」としてリバイバル上映される。

1978年製作/115分/R15+/アメリカ・イタリア合作
原題:Dawn of the Dead
配給:ザジフィルムズ
日本初公開:1979年3月

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19

(C)1978 THE MKR GROUP INC. All Rights Reserved.

映画レビュー

5.0ゾンビなんてちょろいもんさ!(by石丸博也さん)

2022年7月21日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、DVD/BD、TV地上波

楽しい

怖い

興奮

また、超一級作品のレビューか…
荷が重すぎるんだよ!私には!

この映画ね、当時高校1年生の時だったと思うですよ。
劇場に観に行った秋山君(誰だよ!それ!)が、その面白さをみんなに喧伝してまわっていたの。
その熱弁が、正直「うざいヤツやなぁ…」って思ってたのね。
私が最初に観たのって、確か年の瀬のTV放映だったです。
年の瀬にこんなの放送するって(間違えていたならごめんなさい)悪意しか感じないですよ。
冒頭で、惑星だか恒星が爆発するシーン入りのやつを。
調べてみると、日本劇場公開版だそうですね。
ver.違いが多くてびっくりです。
そして、こちらの検索結果も多すぎです。

そのver.違いの問題。
たしか初見のTV放映時では、ゾンビに噛まれて、もはやゾンビ化を待つだけのロジャー(声は、兜甲児の石丸博也さん)が吠える吹き替え版の台詞なんですね。
「ゾンビなんてちょろいもんさ!」これが強烈に脳裏に焼き付いているの。
ところが、手元に持っているDVDのダリオ・アルジェント監修版や、ディレクターズカット版の字幕スーパーでは、ニュアンスが異なっているんですよ。
「俺たちの勝ちだ!」と。 ソレジャナイ!

で、やっとこさ映画のレビューです。
立て籠もったスーパーマーケットが、まさに物欲謳歌を満喫じゃないですか。
そこを現代社会の物質至上主義に当てはめて風刺したとか、しなかったりだとか言う批評を、何かで読んだ記憶があるです。
ところがこの私、物欲が強すぎるんですよね。
だから、あのスーパーマーケットを独り占めできるって、夢の世界ですよ。
とっかえひっかえ女装もやりたい放題だし。←久々に女装ネタぶっこみましたよ…っと(^_^;

本題。怖いんですよ、ゾンビの設定とビジュアルが。
予告編コピー通りの「許せない!この狂気じみた描写は許せない!憤激と憎悪を背負ってヨーロッパ全土で凄まじい大ヒット!残酷なれしたイタリア人のドギモをぬいた」映画ですよ。
イタリア人への偏見と風評被害ぱねぇ
謝って

イタリア人のみんなに謝って!

怪物や猛獣じゃなくて、人の形をしてるのに人じゃない物(死体)が、人を喰うために群がって襲ってくる設定がめっちゃ怖いです。
何よりも、なぜ死者が生者を襲うようになったのかの説明づけが一切ないの。
『ザ・チャイルド』もそんな感じだったですよね。
理由や理屈がない不条理なお話の方が断然に怖いの。
そして、ビジュアルだったり“のそのそ”した動作だったり、呻き声がマジ卍(死語?)怖いんですよ。
特殊メイクが本当に凄いの。言っちゃアレなんですが、ゾンビって肌がただ青いだけなんですよね。デスラーか!
でも、それの頭が木っ微塵に吹き飛んだり、人の臓物引きちぎりながら食うシーンが怖すぎると思ったの。
昨今のゴア描写やクリーチャーに慣れた目(私は残酷なれですよ・笑)で見ても、本当に怖いの。マジ卍←だから!
人によって好みが大きく割れるようですが、私は不条理&“のそのそ”系&死体系ゾンビを圧倒的に支持するです。

超一級名作レビューで必ず触れる音楽のことも。
ダリオ・アルジェント監修版のゴブリンの数々の曲が、不気味さ&緊迫感100点満点なのね。
ダダッ!ダッ!ダダダダダダッ!ダッ!ダダダダダダッ!ダッ!ダダッ!ジャッ♪ジャッ♪ジャッ♪ジャ~ン♪これが好き。
(またこれか!いつも伝わってないんだよ!みなさんに!)
ディレクターズカットver.だと、音楽が全く違うので興醒めしちゃうです。

唯一不満に感じたのは、血の色がペンキ色丸出しだった点くらいかなぁ。
特殊効果がまだまだ未熟だったためなの?
それともゴア描写にフィルターをかけるため、意図的になのかな?

そして意外や意外、こちらのみなさんの評価では★3.8の“そこそこ”作品なのですね。
えっ、私?もちのろんで★5ですよ。
むしろ、もっともっと上のオーバー・ザ・・トップ作品認定でいいですよ!

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 7 件)
野球十兵衛

5.0映画で体験し得る恐怖の最高峰

Garuさん
2022年7月13日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

 ロメロ監督が生み出したゾンビ映画は、死人が生き返る原因と理由を明示しない。 「人間の集団性の恐ろしさ」 だけが表現されている。 ゆっくりと歩きながら迫ってくるゾンビたちそのものが、我々が潜在的に抱く集団に対する恐怖を象徴しており、恐怖心と不安感を本能レベルで揺さぶるのだ。

 ゾンビに襲われた人間が、一人また一人とゾンビに変わり、仲間たちが、そして社会全体が徐々に人間性を失ってゆく。 閉じ込められた狭い空間の中で、わずかな希望も徐々に失われていく。 自分も食い殺された末に同類になってしまう……と、 絶望感に追い詰められていくあの底知れぬ恐怖。 これこそが、ゾンビの恐怖体験だ。

 「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド」で、映画の世界にゾンビを登場させたジョージ・A・ロメロ監督は、 ゾンビ2作目となるこの「DAWN・OF・THE・DEAD」で、人間が映画で体験し得る恐怖の一つの頂点ともいえる地獄を演出した。

 ホラー映画の金字塔となった 「ゾンビ」(邦題) が生まれた背景にあるのは、おそらく戦争と飢え、そして、全体主義社会の記憶ではないだろうか。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
Garu

4.5恐怖

LaLaさん
2022年2月23日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、映画館、TV地上波

ジョージ・A・ロメロ監督の傑作ホラー

学生時代に観たホラー作品の中でも
群を抜いて怖かったです。

「ゾンビ」映画も数々あれど・・
やはり、ロメロ監督ですね。
68年の
『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』を
観ていなかったので
一番最初に観たゾンビ映画となります。

『ドーン・オブ・ザ・デッド』の
(走るゾンビ)リメイク版も鑑賞済。

「サスペリア」のダリオ・アルジェント監督も
協力されたようで
怖いのは当たり前ですね。

ショッピングモールに集まってくる
ゾンビ達を阻止しようと
懸命に闘うシーンに
ハラハラ ドキドキしたものです。
エレベーターのシーンも恐ろしくて
しばらくエレベーターに
乗るのが怖かったもの・・・

でも、一番怖いのは
ゾンビではなく
暴走した人間が、
破壊してゆくシーンでした。

CSで、ディレクターズ・カット版も
鑑賞できました。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 1 件)
LaLa

3.5全バージョン含めて初めて観た

なおさん
2021年11月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
なお
すべての映画レビューを見る(全42件)