チャーリーとチョコレート工場

劇場公開日:

解説

ロアルド・ダールの名作児童小説「チョコレート工場の秘密」を、ティム・バートン監督&ジョニー・デップのタッグで映画化。不思議なチョコレート工場に招待された子どもたちの驚きの体験を、ブラックユーモアを散りばめながら独創的な世界観で描き出す。

失業中の父と母、そして2組の祖父母とともに、貧しくも幸せな生活を送る心優しい少年チャーリー。一家が暮らす町にはウィリー・ウォンカが経営する謎めいたチョコレート工場があり、そこで製造されるチョコレートは世界中から人気を集めていた。ある日ウォンカは、販売中のチョコレートの中に5枚だけ紛れ込ませたチケットを引き当てた子どもを工場に招待すると発表。運良くチケットを手にしたチャーリーは、他の当選者たちとともに不思議に満ちた工場に足を踏み入れるが……。

「ネバーランド」のフレディ・ハイモアが主人公の少年チャーリーを演じ、チョコレート工場の経営者ウォンカをデップが怪演。「ビッグ・フィッシュ」のジョン・オーガストが脚本、「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」のダニー・エルフマンが音楽を担当。

2005年製作/115分/アメリカ
原題:Charlie and the Chocolate Factory
配給:ワーナー・ブラザース映画
劇場公開日:2005年9月10日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第29回 日本アカデミー賞(2006年)

ノミネート

外国作品賞  

第63回 ゴールデングローブ賞(2006年)

ノミネート

最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル) ジョニー・デップ
詳細情報を表示

インタビュー

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

写真:Album/アフロ

映画レビュー

3.5ティム・バートンの世界

2023年3月2日
スマートフォンから投稿

子供の頃、誰もが夢見るであろう。お菓子の家とかチョコレートの川で泳ぎたいとか。実際観てみると何ともグロテスク。あの矯正器具で食事ができるのか?色々な所にトラップみたいな遊び心があり、一筋縄ではいかない楽しさがありました。観終わった後はもれなく、チョコレートが食べたくなります。。。

コメントする 8件)
共感した! 14件)
ホビット

4.590点

2024年7月9日
Androidアプリから投稿

笑える

楽しい

幸せ

映画評価:90点

昔、観た事あったのですが、
内容を所々しか覚えておらず。

ウォンカの新作を観る為にも、
復習の意味で視聴したのですが…

めちゃくちゃ面白いですね!

結構、完璧ってくらい面白いです。

序盤から当たり付きのチョコレートの販売でワクワク、年寄りだと思っていた爺ちゃんは小躍り
その時点で楽しい。

中盤はどんどん脱落していくサバイバル形式。
その一つ一つが気味の悪いミュージカルで、当時の想像できる限りのクソガキやその甘やかした親達に説教している様なスカっとするストーリー

終盤はこの作品が伝えたかった家族愛をメインに、
チャーリーと出会ったウォンカの変化が嬉しくなる

この作品の中には、
嬉しいやら、楽しいやら、ワクワクやら、
これでもかってくらい
ダークで不気味な喜怒哀楽が詰まっています。
全年齢が楽しめる最高の作品でした。

【2024.7.1観賞】

コメントする (0件)
共感した! 0件)
まぁと@名作探検家

2.0文化の違い?

2024年6月17日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
りり

4.5ティム・バートン×ジョニー・デップ が織りなす〝覗いてはいけない?〟世界

2024年1月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

一軒家がポツンと浮かびあがった時
周りの全てが変わったとしても
息子の帰りを待つ頑固な父の本心を感じた。

ななめに傾いた建物のベッド兼食卓で
薄いスープをすすりながら笑顔とジョークを絶やさず
思いやりという知恵を分け合うあの家族たちと
心の一番奥底には変わらないものがあったのを知り
ちょっとじんわり。

こどもが大人になるまでの時間と
こどもを大人が育てる時間は
「生きて」いて
「動いて」いて
互いに思い通りにならず
行き違いもあって
それは
多分ぜんぜんふしぎじゃない。
通りすぎたらみえた景色みたいでもあるかな。

チャーリーがどんなときも
大切なものを見失わないでいた姿が
こどもと大人に
チョコより美味しいしあわせのヒントをくれた。

それにしても、数年前に観た作品の
感じ方が変わった…

自分をもうつし出す、というのか…
映画はつくづく面白いなとおもいながら
また〝覗いてよかったなぁ〟と浸る復習でした。

コメントする 3件)
共感した! 20件)
hum