劇場公開日 2005年9月10日

チャーリーとチョコレート工場 : 映画評論・批評

2005年9月6日更新

2005年9月10日より丸の内ピカデリー2ほか全国松竹・東急系にてロードショー

これこそティム・バートンの真骨頂!

たとえ一児の父になろうとも、あなただけは永遠の子供、それもヘンな少年でいてほしい。と、オトナな「ビッグ・フィッシュ」を見て思ったファンは実は多いティム・バートン。その願いが伝わったのか、この最新作では<永遠の子供>、しかも<そーとーにヘン>なティムに会えるのだ!

悲惨過ぎて笑えるほどビンボーなチャーリーくんち。セルロイド人形が焼けるさまを子供と一緒に楽しむウォンカさん。ヤなガキに媚びられて震え上がるウォンカさん。拷問道具のような歯列矯正器具をつけている少年ウォンカさん。そのパパがクリストファー・リー! 超キモい同じ顔のウンパ・ルンパたち……挙げてたらきりがないんだが、すべてが極端で、しかもティム・テイスト。とりわけ焼ける人形に歓声をあげるウォンカさんは、そのまんまティムと重なり合う。そう、このウォンカさんはティム自身。媚びを売るようなガキはキライで、歯列矯正器具は拷問道具にしか見えず、パパがリーだったら怖いなとか、そんな彼の妄想をまんま映画にした感じなのだ。

だから、とってもティムが楽しんでいるのがよーくわかる。ティムが楽しいとジョニーもエルフマンも楽しいわけで、それはひいては私たちファンも楽しいわけだった。

(渡辺麻紀)

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る
「チャーリーとチョコレート工場」の作品トップへ