ワイルド・スピード

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
ワイルド・スピード
ワイルド・スピード
12%
53%
32%
3%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

スピードの限界に命を賭ける若者たちを描いたカー・アクション。監督は「ザ・スカルズ/髑髏〈ドクロ〉の誓い」のロブ・コーエン。音楽は「ドリヴン」のBT。出演は「ザ・スカルズ/髑髏〈ドクロ〉の誓い」のポール・ウォーカー、「ピッチブラック」のヴィン・ディーゼル、「ガールファイト」のミシェル・ロドリゲス、「姉のいた夏、いない夏」のジョーダナ・ブリュースター、「ヒマラヤ杉に降る雪」のリック・ユーン、「遠い空の向こうに」のチャド・リンドバーグ、「追撃者」のジョニー・ストロングほか。

2001年製作/107分/アメリカ
原題:The Fast and the Furious
配給:UIP

ストーリー

ロサンゼルスを車で自在に走り回るドミニク(ヴィン・ディーゼル)は、夜な夜なレースに挑んでくる連中を相手に、一度のレースで一万ドルを稼ぐ凄腕。そんな彼に、謎めいた男ブライアン(ポール・ウォーカー)がレースに挑むことになる。実はブライアンは、トラックの連続ジャック事件を極秘に追う警官だった。容疑者は腕の立つストリート・レーサーたちだったので、潜入捜査を行なっていたのだ。しかし、ドミニクと、チャイニーズ系のジョニー(リック・ユーン)がそれぞれ率いる二大組織の対立が高まりつつある中、ブライアンはドミニク、また彼の妹ミア(ジョーダナ・ブリュースター)との絆を深めていく。果たして、真犯人はドミニクのグループだった。ドミニクは逮捕されそうになるが、彼に友情を感じるようになったブライアンは警察の仕掛けた罠を教え、ドミニクを逃がすのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

写真提供:アマナイメージズ

映画レビュー

3.5雰囲気が最高にカッコイイ✨

2021年5月14日
スマートフォンから投稿

興奮

登場人物や街の雰囲気に魅了される映画だった。こういうのは日本人では真似できない。やはりアメリカ人でないとなかなか演出できない映画だろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
だいすけ

4.0車好きでなくても魅了される

バニラさん
2021年5月8日
Androidアプリから投稿

車好きでなくても、カーアクションは疾走感と緊張感があって目が離せませんでした。

そして物語の大きな構図。
警察捜査官と強盗犯。
本来、交わるはずのない2人がお互いに惹かれ合い絆が深まっていく。
「友情」と「立場」。
今作では、感情は理性を上回る。
そんな描が印象的でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
バニラ

3.0人気シリーズの1作目

たろうさん
2021年3月1日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

アマゾンプライムで観賞。
人気シリーズなのに今まで見てこなかったので、思い切って観賞した。

うーん…つまらないとまでは思わないけど、カーアクションがそこまでって感じかな。キャラクターもそこまで好きになれなかったし、終盤も個人的にもう少し何か欲しかった感じ。

せっかくだから2作目も見てみようかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たろう

3.0ゼロヨン、改造車、エンジン音だけで興奮!

アルさん
2020年10月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

観る時間が取れず、録りためていたシリーズ。
まずは一作目!という事だが、
観る前から昔を思い出す内容にドキドキ。
おじさんの青春時代の車がズラリ勢揃い。

一般道でのゼロヨンはもちろん道交法違反、
道路が狭く信号も多い日本では馴染みは少ないが、
限界まで改造(いじった)車は、やはり楽しい。
一瞬の駆け引きと緊張感の再現は完璧。
「A'PEX i」「VeilSide」などの、
走り屋御用達の最近見ないステッカーも、
車体の至る所に見えて、車好きには堪らない。

ミア演じるジョーダナ・ブリュースターが、
とにかく可愛い。もう、本当に可愛い!

さて、見た目の部分はここまでにして、
ストーリーとしては至極普通。
大きな伏線も無く、突っ込みどころも多々、
死者、怪我人を出しながら、そこすらも回収無し。
途中で中弛みがあり、そこを上手く纏めれば、
もう少し深く人物を掘り下げられたかと。

そこまでの危険を犯す理由も無く、
全て冷静に物事を判断していたドミニクが、
最後に勢いで突っ走ってしまうのも疑問。
ラストのバトルの緊張感は特筆モノだが、
ここまで来ると何だか納得してしまうエンド。

それでもシリーズ化される理由は続編に。
、、、あると思うので、期待。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
アル
すべての映画レビューを見る(全71件)