超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか

ALLTIME BEST

劇場公開日:

解説

1982年~83年にTV放送されて人気になったSFアニメーション「超時空要塞マクロス」の完全新作劇場版。西暦1999年、宇宙から巨大宇宙船が地球に墜落したことで、異星人の存在が確認され、来るべき異星人との戦争に備えて人類は墜落した宇宙船を改装し、巨大な宇宙戦艦マクロスを建造する。2009年、マクロスの進宙式が行われる当日に異星人のゼントラーディ軍が出現し、人類は異星人同士の戦争に巻き込まれていく。地球統合軍のパイロット・一条輝らマクロスの乗組員は、激しい戦闘を潜り抜けていくなかでゼントラーディ人の驚くべき実態を知る。主人公の一条輝と年上の上司・早瀬未沙、戦争を終わらせる鍵となるアイドル歌手のリン・ミンメイの三角関係を描いた恋愛ドラマと、可変戦闘機バルキリーやマクロスが繰り広げるSFメカアクションが融合。高密度でハイクオリティな作画を含め、アニメ史に名を刻む一作。ストーリーはTV版をベースにしつつも、細部の展開や結末はTV版とは異なる。

1984年製作/115分/日本
配給:東宝

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0型を破った作風が、今では型の一つに

2019年10月27日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

ハードSFとアイドルとの三角関係ラブストーリーがこんな形で融合を果たしたのは、本当にユニークな発展したなと思う。そんな無茶な、と思う瞬間は正直あるのだけど、しかし、クライマックスのミンメイの歌をバックに壮大な戦闘を繰り広げるシーンは何度見ても興奮する。歌とは文化だが、文化は人類の叡智であるというのは最もな話。争いを乗り越えるのは文化の力だ、というその主張はとても説得力がある。アイドルソングでいいのか、という点はさておき。
音楽をフィーチャーしたアニメは今では珍しくないが、当時から振付もなかなか本格的だったんだなと再確認した。プロの振付師、牛丸謙の名前がエンドクレジットにもある。飯島真理の歌唱力は当然高いし、今も日本のアニメは同じようなことを続けており、さらに洗練させているのを見ると感慨深いものがある。これぐらい型破りなアイデアの作品がもっと登場してほしいなと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
杉本穂高

3.5男たちの文化

2022年3月22日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

萌える

初鑑賞

ヤック・デカルチャー

歌の力で世界平和を訴える喜納昌吉のような世界観

テレビアニメは全話観たし何度も観た
テレビアニメの再編集ではなくリメイク
劇場版のためかテレビアニメには多少グロい表現がある

最近の本格的シンガーと違い飯島真理の天使のような澄んだ歌声が素晴らしく耳触りが良く癒しになる

キャラクターデザインは美樹本晴彦先生
彼の絵は子供の頃から大好きだ

スタイリストの話では洋服がダサいらしいが未来に何が流行っているかわかったもんじゃないしいちいちつべこべ突っ込むところではない

テレビアニメの方をしっかり観てないとちょっとついていけない不親切な内容
初心者にはいきなりすぎるしスターウォーズのように冒頭にそれまでの説明があっても良かったのではないか
ウエルカムオタク一見さんお断りではあまりにも閉鎖的

ガンダムやダグラムなど従来の巨大ロボットアニメの敵も等身大の操縦者なのだがこの作品は巨人でロボットではなく強化服で戦う設定が斬新だった
強化服というよりキャタピラの代わりに足がついた戦車みたいなものかな

戦闘機がロボットに変形するのもカッコ良かった

巨大要塞の中に街がある
マクロスが非常時には可変ロボットになり街が壊れるのが印象的

テレビアニメでは敵は距離を置くものの男女共にゼントラーディ軍だが劇場版では男の巨人がゼントラーディ軍で女の巨人はメルトランディ軍に別れ敵対している設定に変更している

マイクローンと呼ぶ人間がイチャイチャしているのを見ると「プロトカルチャー」と言っては恐れ慄く巨人たちの姿は当時テレビアニメを観ていても滑稽に映った
ポルノも観ることがない童貞かよって

劇場版も一条輝リンミンメイ早瀬美沙の三角関係が1番の醍醐味
僕はリンミンメイではなく早瀬美沙派
妹キャラよりお姉さんキャラの方が好き

あと飯島愛って芸名はこの映画から拝借したのかもしれない
紗倉まなは芦田愛菜とさくらまやからつけた名前らしいしあの業界わりとそういうのテキトーだから

ちなみに当時まだ学生だった庵野秀明が原画担当としてテレビアニメからマクロスに参加している

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
野川新栄

5.0素晴らしい

ジュンさん
2021年10月11日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

興奮

アニメシリーズを見ていなくても、この作品だけを見て楽しめます。
物凄く良い映画です。作画も演出も全て素晴らしいです。ミサイルの飛んで行くシーンや戦闘シーンの躍動感はセル画の映画の中でもトップクラスだと思います。他のシーンも気が遠くなりそうな程細かく描かれています。また、アニメーター時代の庵野秀明氏も参加しています。1度は見て頂きたい映画のひとつです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ジュン

5.0最高ですね!

T-KAZUさん
2021年9月20日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

興奮

幸せ

昔、アニメをDVDで鑑賞、、
その後、本作観たら、断然!劇場版の方が良かった!のを覚えています。
しばらくぶりに観たら、やっぱり最高です‼️
ロボット、歌、恋愛がMIXされていて
尚且つ、画像は1枚、1枚手書きだけあって、
今でも色褪せないです。
個人的にはミサイルの飛び方に、、スゲ〜!!
って、本当に、この年代の映画なの?!
歌も映像も良くて。
ただ一条くんが、しょうもないけど。
だから、ミンメイと美沙さんが
余計可愛くみえる。
若い時はミンメイ派だったけど、
今観たら断然、美沙派になってた。
個人的にはガンダム、エヴァより
好きな映画でした。
この年代で、この水準、日本のアニメ凄いですね

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
T-KAZU
すべての映画レビューを見る(全7件)

他のユーザーは「超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか」以外にこんな作品をCheck-inしています。