超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか
33%
51%
16%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

1982年~83年にTV放送されて人気になったSFアニメーション「超時空要塞マクロス」の完全新作劇場版。西暦1999年、宇宙から巨大宇宙船が地球に墜落したことで、異星人の存在が確認され、来るべき異星人との戦争に備えて人類は墜落した宇宙船を改装し、巨大な宇宙戦艦マクロスを建造する。2009年、マクロスの進宙式が行われる当日に異星人のゼントラーディ軍が出現し、人類は異星人同士の戦争に巻き込まれていく。地球統合軍のパイロット・一条輝らマクロスの乗組員は、激しい戦闘を潜り抜けていくなかでゼントラーディ人の驚くべき実態を知る。主人公の一条輝と年上の上司・早瀬未沙、戦争を終わらせる鍵となるアイドル歌手のリン・ミンメイの三角関係を描いた恋愛ドラマと、可変戦闘機バルキリーやマクロスが繰り広げるSFメカアクションが融合。高密度でハイクオリティな作画を含め、アニメ史に名を刻む一作。ストーリーはTV版をベースにしつつも、細部の展開や結末はTV版とは異なる。

1984年製作/115分/日本
配給:東宝

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0型を破った作風が、今では型の一つに

2019年10月27日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

ハードSFとアイドルとの三角関係ラブストーリーがこんな形で融合を果たしたのは、本当にユニークな発展したなと思う。そんな無茶な、と思う瞬間は正直あるのだけど、しかし、クライマックスのミンメイの歌をバックに壮大な戦闘を繰り広げるシーンは何度見ても興奮する。歌とは文化だが、文化は人類の叡智であるというのは最もな話。争いを乗り越えるのは文化の力だ、というその主張はとても説得力がある。アイドルソングでいいのか、という点はさておき。
音楽をフィーチャーしたアニメは今では珍しくないが、当時から振付もなかなか本格的だったんだなと再確認した。プロの振付師、牛丸謙の名前がエンドクレジットにもある。飯島真理の歌唱力は当然高いし、今も日本のアニメは同じようなことを続けており、さらに洗練させているのを見ると感慨深いものがある。これぐらい型破りなアイデアの作品がもっと登場してほしいなと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
杉本穂高

4.0ドッグファイトのシーンは、衝撃的でした。

よしさん
2020年6月2日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

遠い未来の世界。文明を失った戦闘系異星人と遭遇した人類の闘いの物語。

1984年はアニメにとってエポックメーキングな年のように思います。ナウシカ、うる星やつら、そしてマクロスが劇場公開された年でした。マクロスは前2作と比較すると後年の高評価を得ていませんが、単純な面白さとしては甲乙つけ難い作品だと思います。
映像の美しさ、ミュージカル仕立ての斬新さ、戦闘シーンの迫力。今鑑賞しても、かなり高いレベルにあると思います。
TV版を再構成してのストーリーも、無理がなく楽しめるものでした。しかし、TV版と比較すると、どうしても奥行きがなく、あっさりとした印象があるのも事実です。ガンダムのように3部構成等にしたら、そんな感想にはならないのでしょうが、流石にそこ迄のパワーはありませんし、難しいところですね。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
よし

4.5細部までこだわった名作

2018年12月15日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、TV地上波、CS/BS/ケーブル、映画館

楽しい

興奮

知的

TVとは違い、SFアニメの動きや作画の凄さが楽しめる作品。TVシリーズのように紙芝居のようなシーンは皆無。ストーリーも納得の内容。敵のためにわざわざ言語まで新しく作るこだわりは凄いの一言。ラストの戦闘シーンは伝説として語り継がれるべき名シーンです。飯島真理さんの歌も最高です。一言苦言を言うと、スタッフの遊びと思われるカットが目に余る箇所が有り、やり過ぎ感が有るのでマイナス。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
ミネルバ250

4.0プ、プロトカルチャー〜!!

近大さん
2014年6月13日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

興奮

萌える

今も新たなシリーズが作られている人気アニメの原点。
1982年に放送され、一世風靡した。

男だけの“ゼントラーディ”と女だけの“メルトランディ”の異星巨人族同士の争いに巻き込まれ、壊滅的な被害を受けた地球。生き残った人々は変形型巨大宇宙船“マクロス”に乗って脱出するも、争いは激化し…。

ロボット主体のSFアニメでありながら、そこに正反対の要素をミックス。
人気アイドルのリン・ミンメイ、統合軍パイロットの一条輝、上官で戦闘管制官の早瀬美沙、若者三人の三角関係ラブストーリーが同時に進行。
男と女が戦うだけしかなかった巨人族が目の当たりにした男女の共存、キスや恋愛感情、そして歌…。

SF!ロボット!歌!アイドル!ラブストーリー!
これらのジャンルを見事融合させ、同時代、他のアニメと一線を画するアニメとなった。

巨人族との戦いもさることながら、やはり三角関係ラブストーリーの方にこそドキドキ。
知らぬ者は居ない超人気アイドルで、ちょっと小悪魔的でありながら純情。
片や、一見任務に厳しい上官だが、実はか弱く繊細な大人の女性。
輝君がミンメイにふらふら、美沙にふらふらで、女性の方にとっては苛々するだろうが、男ならこの気持ち、分かるでしょう!(笑)

ミンメイの歌が巨人族の心の中に文化の記憶を呼び覚ます。
古今東西、異文化同士は争うのは常。が、争うより、文化の交流こそ尊い。
戦いに終止符を打つ為、ミンメイの歌と共に、敵戦艦に総攻撃を開始するクライマックスは、アニメ史上稀有な高揚感。

本作はTVシリーズを一本の映画にまとめ上げた、劇場版リメイク。
大胆に省いたり脚色してあるが、TVシリーズを見た事ある者にとっても、さほど違和感はない。
画も新たに書き起こされ、クオリティはアップ。
メカデザインやバトルシーンもより緻密に。キャラデザインもリアルになった。
主題歌“愛・おぼえていますか”を始めとするミンメイの歌の数々も印象的。

SFロボットアニメ+ラブストーリーは今や目新しいジャンルではないかもしれない。
しかし、その礎となった本作を見逃すのは勿体無い。
今見ても尚、魅力的なアニメーションだ。

見た後間違いなく議論になるのは、ミンメイ派?美沙派?
ちなみに僕は…
美沙派かな?(笑)

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 3 件)
近大
すべての映画レビューを見る(全4件)

他のユーザーは「超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか」以外にこんな作品をCheck-inしています。