第三の男

ALLTIME BEST

劇場公開日:

解説

イギリス人作家グレアム・グリーンのオリジナル脚本を名匠キャロル・リードが映画化したフィルムノワール。第2次大戦終戦直後、米英仏ソの四カ国による分割統治下にあったウィーンに親友ハリー・ライムを訪ねてきたアメリカ人作家のホリー。だが、ハリーの家に着くと守衛からハリーは交通事故で死亡したと告げられる。腑に落ちないホリーはウィーン中の関係者をあたり、真相究明に奔走するが……。出演はジョセフ・コットン、アリダ・バリ、そして謎の男ハリー・ライムにオーソン・ウェルズ。カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞。1949年製作で、日本では52年に劇場公開。2020年8月、人気声優による名画吹き替えプロジェクト「NEW ERA MOVIES」で新たに制作された吹き替え版(ホリー・マーチンス役=平田広明/ハリー・ライム役=鈴村健一/アンナ・シュミット役=本田貴子)で公開(モービー・ディック配給)。

1949年製作/105分/G/イギリス
原題:The Third Man
配給:モービー・ディック
日本初公開:1952年9月16日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

写真:Album/アフロ

映画レビュー

4.0映像と音楽で有名だが、実は超文学的?な映画

2022年10月3日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする 2件)
共感した! 10件)
Kazu Ann

5.0第四は?

2022年6月21日
iPhoneアプリから投稿

ないの

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ミスター

4.0歴史背景を感じさせる名作。

2022年5月23日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

興奮

知的

内容は第二次世界大戦後の各国分割統治下にあるドイツ🇩🇪の中で起こる第三の男について。往年の名作と云われる作品だけに冒頭の20分は引き付けられました。三角関係の絡れから逃れられ無いお互いの姿は、眼に見え無い呪いの様にも映り1945年当時の男女関係の理想とする所が見え隠れして面白かったです。好きな台詞は『新作は第三の男です。』丁度ミッドポイントにもなる作家によるインタビュー場面はハッキリしていてすきです。映画の最初と最後で墓に土をかけるシーンではアンナの死を受け入れる思いが切なく我が強い当時の女性像の一端を見た様な揺り戻しの変化が楽しかった。名場面では下水道を逃げるハリーが広い下水部屋につき其々の穴から声や音がして自分を脅かす当時のドイツが抽象的に表現され迷う姿が国を無くした民族の行末を暗示させる上手い表現でした。ホリーに自分の最後を希望するシーンの名演技は圧巻で、ホリーをこの街に呼び戻した目的が、そうであるかの様に思われ逆光で帰ってくるホリーは人の心を無くしてハリーと一体になった様に感じた。何か失くすと言うことは何か得る事を痛い程感じさせる苦い大人の我儘な作品。

コメントする (0件)
共感した! 10件)
コバヤシマル

5.0第二次世界大戦が生んだ唯一の産物

2022年3月29日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

言わずと知れたサスペンス映画の金字塔である本作は、今や神格化し、このタイトルを聞いただけで誰もがひれ伏してしまう。

そのため、あまりに期待し過ぎて楽しめなかったという人もいるかもしれない(私はそんなことはなかったけれど)。

何故この「第三の男」がすばらしいのかを書き出してみると・・・
・戦後の退廃したウィーンを舞台にし、リアルタイムで行われていた闇市や密売を描いたという点
・占領地区が細かく分類されていたという時代背景で進行する上質のサスペンス
・音楽は民族楽器であったチターのみを全編通して使用し、それがすばらしい効果を上げている
・脚本を文豪のグレアム・グリーン、監督を全盛期のキャロル・リードが務めている
・ジョセフ・コットンとオーソン・ウェルズという実生活でも親交があった二大俳優演じる渋い、魅力的すぎるキャラクターたち

ぐらいだろうか。

三流の西部劇作家マーティンズ(コットン)は親友のハリー(ウェルズ)を頼ってアメリカからウィーンへとやって来る。
しかし、ハリーの住むアパートへ着くと管理人から彼は死んだと聞かされる。
ここから物語が始まるわけだが、僅かに傾いたカメラは不気味さを醸し出しており、斬新な映画的手法として成立している。

ハリーは聞くところによると事故死したようだが、不審な点が多く、納得のいかないマーティンズは独自に真相を突き止めようと捜査を始める。
タイトルの「第三の男」とはこの事故に関わった人物の事で、皆ハリーの顔見知りだったのだが、アパートの管理人の証言によって存在が明らかになった"第三者の男"を指している。

中盤まではこの謎に包まれた"第三の男"探しと、ハリーの恋人で舞台女優のアンナ(アリダ・ヴァリ)とのロマンスに費やされている。

しかし、そこから全てが覆される。
あえて記さないでおくが、後半からぐっと強くなるウィーンの荒廃感は記録映像のようだ。
すばらしい名シーンの数々は俳優の完璧な演技、ロバート・クラスカーによる"影"のコントラストが際立つカメラワーク、グレアム・グリーンのユーモアを織り交ぜた脚本に支えられ、色褪せるどころか現代に生きる我々をも驚かせてくれる。

テーマも多く潜んでおり、表面上では悪は罰せられるべきという単純なものだが、人間の二面性、冷静な残虐さ、さらには女の性(さが)にまで触れているように感じた。

ラストはグリーンの小説と異なるが、多くの人が賞賛する通り、最高の幕切れだろう。

「ハリー・ライムのテーマ」を演奏するチターの弦にタイトルが映るファースト・シーンから、名高い一本道のエンディングまでの105分間は完成された芸術であり、戦後間もないという時代背景も手伝って"映画史上最高"のタイトルが最も良く似合う名作となった。

コメントする (0件)
共感した! 3件)
K
すべての映画レビューを見る(全44件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る