第三の男

ALLTIME BEST

劇場公開日

21%
46%
26%
6%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

イギリス人作家グレアム・グリーンのオリジナル脚本を名匠キャロル・リードが映画化したフィルムノワール。第2次大戦終戦直後、米英仏ソの四カ国による分割統治下にあったウィーンに親友ハリー・ライムを訪ねてきたアメリカ人作家のホリー。だが、ハリーの家に着くと守衛からハリーは交通事故で死亡したと告げられる。腑に落ちないホリーはウィーン中の関係者をあたり、真相究明に奔走するが……。出演はジョセフ・コットン、アリダ・バリ、そして謎の男ハリー・ライムにオーソン・ウェルズ。カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞。1949年製作で、日本では52年に劇場公開。2020年8月、人気声優による名画吹き替えプロジェクト「NEW ERA MOVIES」で新たに制作された吹き替え版(ホリー・マーチンス役=平田広明/ハリー・ライム役=鈴村健一/アンナ・シュミット役=本田貴子)で公開(モービー・ディック配給)。

1949年製作/105分/G/イギリス
原題:The Third Man
配給:モービー・ディック
日本初公開:1952年9月16日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 血を吸う粘土
  • 吸血鬼ゴケミドロ
  • テケテケ
  • テケテケ2
  • キラー・メイズ
  • ファンハウス
  • ディヴァイド
  • ザ・プリズン・ブレイク 大脱獄
  • インシディアス
  • ダークスカイズ
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

写真:Album/アフロ

映画レビュー

3.5カメラワークが不思議

みなさん
2021年10月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

興奮

難しい

全編を通してヱビスビールが飲みたくなるミステリー作品。この表題の意味が暫くわからないが、中盤で判明してから物語が大きく動き出す。それにしても、ホリーやアンナの口から語られるハリーの姿と実際の彼の容貌の印象が結構違って最初は違和感あり。ラストシーンもかなり印象的。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
みな

3.0ビール飲みたくなる

yuuさん
2021年7月30日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

ずっと後回しにしてた『第3の男』観ました。
戦後はこうゆうことが頻繁に起こっていたんですねー

ハリーとホリー、20年?以来の仲でも人って変わるのね。

最初からハリーは生きてると思っていたから途中現れた時はビックリしなかったけど、ホリーは最後、友情で逃がすかと思った。ほんとに打ったのかな…

最後の終わりシーンでアンナは最後までハリーを愛していたのが分かったから切なくなった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yuu

3.0名画と名曲

2021年2月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

先日の「禁じられた遊び」と同様
ひとつの楽器だけで終始場面が作られる
軽くて単調なのに不思議とハマる…
こんなんでいいの?と思うけど
昔の映画だもんね…
フイルムノワールの美しい表現と根底に潜むギャップみたいな
さらっとした演技がなんともカッコ良い

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mamagamasako

3.5親友を訪ねウィーンにやってきた主人公。しかし、親友は事故で死んだと...

2020年12月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

親友を訪ねウィーンにやってきた主人公。しかし、親友は事故で死んだと伝えられる。彼との友情から事件を調べ始めると、事件現場に第三の男がいたことが分かる…
どことなく怪しい登場人物、そして明らかになる衝撃の事実とラストの緊迫感溢れる銃撃戦。

当時は衝撃的だったのかもしれないが、今見るとあまり驚きはない。ただ、オーソンウェルズの怪演は主役を食うほどの印象を残してさすがだなと思った。

音楽がちょっと明るめで内容にあっていない気がした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
いたかわ
すべての映画レビューを見る(全37件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る