劇場版マクロスF イツワリノウタヒメ

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
劇場版マクロスF イツワリノウタヒメ
劇場版マクロスF イツワリノウタヒメ
17%
52%
24%
7%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

1982年にTV放映されたSFアニメ「超時空要塞マクロス」を発端とする「マクロス」シリーズの、「マクロスF(フロンティア)」を新たな解釈で再構築した劇場版2部作の第1弾。西暦2059年、新天地を目指し宇宙をさまよう銀河移民船団「マクロス・フロンティア」でパイロットになることを夢見る少年・早乙女アルトは、毎日同じことが繰り返される日常に閉塞感を感じていた。そんなある日、歌姫のシエリル・ノームが船団へやって来る。

2009年製作/120分/G/日本
配給:クロックワークス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
原作
河森正治
スタジオぬえ
脚本
吉野弘幸
河森正治
エグゼクティブプロデューサー
大西加紋
鵜之澤伸
佐藤道明
プロデューサー
平井伸一
アニメーションプロデューサー
葛西励
演出
菊地康仁
絵コンテ
河森正治
菊地康仁
阿保孝雄
松田清
田中孝行
キャラクターデザイン
江端里沙
高橋裕一
メカニックデザイン
石垣純哉
高倉武史
バルキリーデザイン
河森正治
コンセプチュアルデザイン
宮武一貴
メカニカルアート
天神英貴
モニターグラフィクス
笹倉逸郎
HIBIKI
サブメカニックデザイン
池田幸雄
総作画監督
江端里沙
作画監督
高橋裕一
丸藤広貴
入江篤
藤川太
大籠之仁
CGIプロデューサー
橋本トミサブロウ
CGIテクニカルディレクター
八木下浩史
CGIディレクター
高橋将人
井野元英二
美術監督
吉原俊一郎
美術設定
平澤晃弘
色彩設計
中山久美子
撮影監督
笹倉逸郎
音響監督
三間雅文
音響効果
倉橋静男
編集
定松剛
音楽
菅野よう子
音楽プロデューサー
佐々木史朗
太田敏明
音楽ディレクター
井上裕香子
エンディングテーマ
ランカ・リー=中島愛
挿入歌
シェリル・ノーム starring May'n
ランカ・リー=中島愛
アニメーション制作
サテライト
エイトビット
全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

(C)2009 ビックウエスト/劇場版マクロスF製作委員会

映画レビュー

3.5虚空歌姫

近大さん
2018年1月6日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

興奮

萌える

2008年に放映された『マクロス』の新たなシリーズ、『マクロスF(フロンティア)』。
そのTVシリーズを再構築した劇場版2部作の前編。
TVシリーズの続きではないので、TVシリーズ未見でもすんなり見れる。(TVシリーズと多少設定を変えてるようだが)
また、初代マクロスは見てるので、大体の概要・世界観も把握出来た。
ロボット!歌!三角関係ラブ!…これさえ抑えておけばOK!

突如、謎の昆虫型宇宙生物“バジュラ”の攻撃を受けた宇宙移民船団“フロンティア”。
そんな中、パイロットのアルト、民間人の少女ランカ、歌姫シェリルは出会い…。
大まかなストーリーも初代を踏襲。
全く別の作品ではなく、初代の50年後の世界と言うのも、初代を見てる者には嬉しい。

全く違うのは画のクオリティ。
キャラやメカニック・デザインも初代よりずっとハイクオリティ。
3DCGを駆使したバトルシーンの迫力は実写のSF映画にも引けを取らない。
歌唱シーンはライブ感たっぷり。
『ラブライブ!』もそうだが、昨今のアニメの歌演出のこだわりは見事。
序盤のシェリルのライブシーンなど、斬新で独創的で目を見張るものがある。
クライマックスは勿論、歌をバックに繰り広げられるスペース・バトル。
この高揚感こそ、マクロス!

メカニックや歌に話題を行きがちだが、自分は『ガンダム』もそうだが、登場キャラやそのドラマが好き。
主人公アルトはさることながら、やはりWヒロイン。
アイドルに憧れ、歌手デビューを果たすランカ。彼女の悲しい過去など、これからの展開で中核となるであろう。
“銀河の妖精”の名を持つシェリル。彼女にはスパイの疑いがあり、それはランカの過去と関わりが…。
前編だけではまだ明かされてない謎もあり、三人の関係など、後編も期待出来そう。(今日見ようっと)

初代然りファンの間で話題となるのが、ヒロインどっち派?
前編見た限りでは、今のところシェリル推し。
銀河の歌姫として、いざ舞台に立つとプロ意識高く、見る者を魅了する。
強気に見えて、子供っぽい一面や脆い一面も。ツンツンデレデレ。
加えて、ボリューミーな髪型のナイスバディ。
うん、タイプ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
近大

4.510年経っても素晴らしい映像と音楽のクオリティ

2017年12月16日
iPhoneアプリから投稿

2017.12.15 トーホーシネマズ上野の激情でのリバイバルを観てきました テレビ版のストーリーをスッキリしたカタチと新たな要素でのアレンジを加えた内容とミュージッククリップとしても秀逸なライブ映像そして10年経っても今だ古さを感じさせない楽曲達で作品を彩ります ストーリー終盤になる程に見せ場を盛り立てる音楽と映像は実に爽快です 素晴らしいの一言に尽きます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
すぐ太る

4.0シェリル派です

2016年4月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ゆうり

4.5アニメ版より好きかも

cure0101さん
2015年3月2日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

興奮

戦闘シーンやライブシーンなど演出やCG、作画などは文句なし。
音楽も新曲があればアニメの人気曲まで流れてファンにはたまらないかと。

序盤はテレビアニメ版と同じだが中盤からは設定が異なり、新鮮な気持ちで最後まで見れた。
もちろんアニメ版を未視聴の人でもフルで楽しめるようになっている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
cure0101
すべての映画レビューを見る(全10件)