復活の日

劇場公開日

14%
49%
29%
7%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

恐怖の細菌兵器のために人類はほとんど絶滅、南極に残されたわずかな人々の生きのびる姿を描く。小松左京の同名の小説の映画化で、脚本は「日本の黒幕」の高田宏治とグレゴリー・ナップ、「赤穂城断絶」の深作欣二の共同執筆、監督も同作の深作欣二、撮影は「金田一耕助の冒険」の木村大作がそれぞれ担当。

1980年製作/156分/日本
原題:Virus
配給:東宝

ストーリー

一九八×年冬、東ドイツの陸軍細菌研究所から新種のウイルスM-88が盗まれた。この細菌は摂氏マイナス10度で自己増殖をはじめ、零度を越えると猛烈な毒性を発揮する。M-88を奪ったスパイは小型飛行機でアルプスを越えようとするが、吹雪の中で墜落、恐るべき細菌が飛散してしまう。春が来ると、奇妙な事件が頻発。ソ連では羊が集団死、中国ではアヒルの死体が川を漂った。イタリアでは乳幼児が次々と意識不明になり、医師は「イタリア風邪」と名付けた。初夏になると南極昭和基地にも全世界に猛威をふるうイタリア風邪のニュースが伝わってきた。越冬隊員の吉住周三は東京に残してきた恋人、浅見則子の身を案じていた。その頃、東京では次々と死んでいく人々で路上は溢れ、混乱の極に達していた。ホワイトハウスでは連日閣議が開かれていた。そして、バークレイ上院議員はイタリア風邪の原因は、ガーランド将軍が大統領にも内密に開発した細菌兵器M-88であることをつきとめた。そしてM-88は何者かによって東ドイツに渡ったという。リチャードソン大統領は南極基地に「一致協力して生きる努力を傾けていただきたい」とのメッセージを残して息絶えた。夏の終り、南極に残る十一ヵ国八六三人を除いて世界は死滅した。八人の女性を含む残された人々の生活が始まった。そこへ、地震学者の吉住が人類滅亡の第二の危機が迫っていることを伝える。地穀変動調査でアメリカを垂直型地震が襲うことを探知、その衝撃波は、ガーランド将軍が死ぬ前にスイッチを入れた、ホワイトハウス地下にある対ソ連ミサイル攻撃の自動報復システムに作動すると言う。ミサイルが発射されれば、ソ連の報復システムも作動し、そのうちの一つが南極の米軍基地に降ることになるのだ。地震が起きる前に誰かが行かなければ。ホワイトハウスに詳しいカーター少佐は自分がいかねばならないことを知っていた。そして、吉住もカーターの助手として志願する。ノルウエーの女性隊員マリトは密かに吉住を慕っていたが、人類の種を絶やさないために、多くの男性との性交渉を義務づけられていた彼女に、吉住を独占する権利はなかった。吉住が死の旅へ出発する前夜マリトの愛は燃え上がった。「君が生き続けるために役立てるなら……」力をこめて抱き合う二人を染めて、南極の夜が明けようとしていた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0コロナの時代に見直されるべき力作

2020年4月17日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

怖い

興奮

出版社社長から映画製作に進出した角川春樹が『人間の証明』『野性の証明』など大ヒットを連発した勢いで放った製作費25億円、1980年公開の超大作。南極ロケを筆頭に壮大なスケールの映像に圧倒される。草刈正雄演じる吉住が終盤、北米から徒歩で南極を目指す途中で標高2000m超のマチュピチュに登るのは馬鹿げた寄り道だが、ロケに大金をかけたのは確かに伝わる。深作欣二監督ゆえか、人を殴る時の効果音がやくざ映画と一緒なのはご愛嬌。

医療従事者がマスクすらしないで感染者に接するなど、不自然な描写も若干あるが、新しいウイルスの世界的流行が現実になった今、作り手も予期しなかったであろう迫真性を獲得することになった。南極の生存者の男女比が約100対1になり、女性が希少な“資源”として扱われるくだりも想像するだに恐ろしい。コロナの治療薬もワクチンもない現在、さらなる事態悪化を想定して心の準備に役立てるのもありだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 11 件)
高森 郁哉

4.0コロナ禍のいま見直すべき作品。

佐ぶさん
2022年4月29日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

怖い

興奮

昔テレビで観たことがあるが忘れているので再鑑賞。
風邪が流行ってるのにマスクしないの?とか患者隔離しないの?とか不自然な箇所が多々あるのだけど、コロナ禍に加え核の脅威までも状況か一致しまくっており今観ておくべき映画だと思う。
少し前にスレッズというBBCが作成したシミュレーション映画を観たのだが、そちらもおすすめ。

若き日の草刈正雄がイケメンすぎ。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
佐ぶ

4.0"人生はいいものだ"

tabletapさん
2022年3月21日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

前から見ようと思っていたが手を出していなかった作品
録画データの整理中に見つけてつい見始めたら
ウィルス蔓延、核戦争危機と2022年現在タイムリーな内容だった

監督深作欣二
原作は『日本沈没』の小松左京
若き日の草刈正雄、千葉真一、緒形拳が出演
音楽は羽田健太郎
と大変豪華

紛うことなき日本映画であるが
ほぼ全編英語で展開され、潜水艦シーンや
各ロケ地は当時にしてはお金がかかっている印象
今の邦画の低コスト小規模感はこの時代の映画にはないのでとてもいい

"理性のある人間だけが権力を握るとは限らない"
"愚か者は米国にだけ居るわけではありません"
などのセリフがいい、特にソ連将校は抜群に面白い

以下印象深いシーン
※角川のDVD紹介に書いているのでネタバレありにはしてない

ドローンによる撮影
大量の遺体と火炎放射器
疲弊する医療従事者
無線の向こうの無力
ポーランドとソ連など各国代表の関係にニヤリ
人間の本能的問題にきちんと触れる
ヨシズミとカーターの殴り合いのシーン
潜水艦乗船シーン、敬礼ではなくお辞儀がいい
美しい音楽を背景に海原を行く潜水艦ネレイド
水面を背景にシルエットが格好いい
時代を超えて愛されるコカ・コーラ
オベリスクを背景に走るシーン
荒れ果てたホワイトハウス
映画お約束のタイムリミット感
"Life is wonderful"
『博士の異常な愛情』の『また会いましょう』が脳内再生
世界は二度死んだ
かつての文明の痕跡、過酷な道のり
無邪気さと絶望
そして希望へ

南極基地、潜水艦、地下司令所、ホワイトハウスなど
映像的に見ていて面白いセットで
ストーリーも音楽も役者も良好

今見ると色々とツッコミどころがあるのが少し残念なのと
さりげない人物描写がもう少しあればなお良かった

どうも『アンドロメダ病原体』を彷彿とするなぁと思ったら、影響を与えていたらしい
そしてアンドロメダ病原体の変異シーンは『エヴァンゲリオン』に影響している
この一連の流れに健全な文化的進歩というものを感じた

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tabletap

3.0ノアの箱舟

tatechanさん
2021年12月9日
スマートフォンから投稿

ウィルス兵器の恐怖を描いたものだと思ってみたら、生き残った人間たちのサバイバルが主眼だった。
とにかく金はかかっているなぁとそこだけは感心した。
ラストは冗長。もう少しなんとかしたほうがいい。
しかし0度以下の地域なんて結構あるから南極以外にも人が生き残ってるはずなんですけどね。地震で核兵器を発射してしまうというのも不思議だし、なんで南極基地が狙われるのかもよく分からない。まぁ疑問を言い出したらキリがない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tatechan
すべての映画レビューを見る(全45件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る