アンダードッグ 前編

劇場公開日

アンダードッグ 前編
アンダードッグ 前編
31%
57%
10%
1%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「百円の恋」の武正晴監督が、森山未來、北村匠海、勝地涼をキャストに迎えたボクシング映画の前編。プロボクサーの末永晃はかつて掴みかけたチャンピオンの夢を諦めきれず、現在も“咬ませ犬”としてリングに上がり、ボクシングにしがみつく日々を送っていた。一方、児童養護施設出身で秘密の過去を持つ大村龍太は、ボクシングの才能を認められ将来を期待されている。大物俳優の2世タレントで芸人としても鳴かず飛ばずの宮木瞬は、テレビ番組の企画でボクシングの試合に挑むことに。それぞれの生き様を抱える3人の男たちは、人生の再起をかけて拳を交えるが……。「百円の恋」の足立紳が原作・脚本を担当。3人の男たちを中心に描いた「劇場版」は前後編の2部構成で同日公開。また、3人と彼らを取り巻く人々の群像劇として全8話のシリーズで描く「配信版」もABEMAプレミアムで配信される。

2020年製作/131分/R15+/日本
配給:東映ビデオ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22
  • 画像23

(C)2020「アンダードッグ」製作委員会

映画レビュー

4.0二人の生き様とぶつかり合いが、観る側を本気にさせる

2020年11月29日
PCから投稿

ボクサーを描く映画はみな少なからず同じ構造を持つ。すなわち人生を描き、そして対決を描くということ。この前後編で4時間半にも及ぶ長編は、序盤、実にスロースターターとして、地べたの人生を路上の反吐が映り込むかというくらいの過酷さで泥臭く描き込んでいく。そこで交わる3人の魂。とりわけ「前編」では二人のエキシビジョンマッチにむけて照準が絞られ、それぞれの思惑の差こそあれ、とてつもない熱量の戦いが繰り広げられる。映画の基調トーンを司るのが森山の鋭くも劣等感と優しさも秘めた目線ならば、そこに変化球を投げつけて他のボクシング映画にはない奇妙な質感を巻き起こすのは勝地の役目。その化学変化と、両者ともに後には引き返せないという覚悟が、観る側を本気にさせる。さらに言えば、彼のセコンドに立つ山本博のセリフ一つ一つが、さも観客の思いを代弁しているようで胸を打った。試合終了のゴングが鳴る頃、自ずと涙がこぼれていた。

コメントする
共感した! (共感した人 4 件)
牛津厚信

4.5リング上で展開する風景が異常にリアルなわけは

2020年11月29日
PCから投稿

泣ける

興奮

アンダードッグ、噛ませ犬の絶望と再起を、あの『ロッキー』の如く描き倒す。『百円の恋』でもボクシングを扱ったことがある脚本家と監督が、その経験値を生かして放った作品は、ちゃんと映像化するのは困難なはずのリング上の風景をリアルに見せてくれる。同じく『百円の恋』から続投のボクシング指導者、松浦慎一郎や、セコンドを演じるボクシングに精通したキャストたち(ここ大事)のおかけで、作り物とは到底見えないファイトシーンを堪能することができるのだ。もちろん、俳優たちの熱演も讃えたい。数台のカメラが映し出すのは、ボクサーを演じる森山未來や北村匠海や勝地涼が、ふらふらしながらパンチを繰り出し、その途端にへたり込みそうになる姿だ。絵に描いたようなマッチョではない彼らの体が消耗していく過程は、本作の最大の見どころ。それぞれ人としての尊厳をかけた2度のボクシングマッチに至る濃すぎる経緯も含めて、前後編合わせて4時間半の上映時間は決して長く感じない。2020年の日本映画屈指の1作。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
清藤秀人

4.0カロリー高め、中毒性含めて抜群の面白さ

2020年11月1日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

「百円の恋」チームが再び結集し、新たなボクシング映画を手がけた。それも2部作、合計で約4時間半の超大作。ただ驚くなかれ、これが全然長さを感じず、どんどんのめり込んでいく。
3人のボクサーが登場する。森山未來が演じる末永晃は、かつて日本チャンピオンまであと一歩のところまでいきながらピークが過ぎてしまったプロボクサー。北村匠海扮する大村龍太は児童養護施設出身で、ボクシングの才能を認められ将来を嘱望される期待の若手ボクサー。勝地涼が息吹を注ぎ込んだ宮木瞬は、大物俳優の2世タレントとしてパッとせず、テレビ番組の企画でボクシングの試合に挑むことになる。
森山が上手いのはもちろん知っている。北村が才能豊かな若手俳優であることも、知っている。ただ今作では、勝地が素晴らしい存在感を放っている。非常に美味しい役どころであることも含め、現時点で彼の代表作といえるのではないだろうか。

コメントする
共感した! (共感した人 3 件)
大塚史貴

5.0観た後に興奮と心地良い疲れが残る5時間

まつこさん
2021年3月3日
iPhoneアプリから投稿

私の好きな映画のジャンルは数あれど、やっぱりボクシングはぶっちぎりの第一位なんです。
で、アンダードッグ。
仕方ないぐらい大好きな「百円の恋」という映画があり、それは安藤サクラ主演の人間ドラマ+ボクシングの大傑作映画なのですが…
その監督・武正晴と脚本・足立紳+スタッフ陣がまたタッグを組んで作ったのが「アンダードッグ前・後編」…!!
勿論期待値は天をも超える高さだったけど、それをあっさりと超えました◎宇宙だ笑
ストーリーは、主人公の森山未來と、北村匠海、勝地涼の3人の男達、それぞれが自分達の人生や境遇に不満や闇や不安を抱きながら再起もかけてボクシングに挑む人間ドラマ、群像劇。3人の過去と現在の生き方、生活の描き方も様々だけど目が離せない。その3人がボクシングきっかけでひょんなところやシーンで交わっていくのもめちゃくちゃ面白いよ。そこには感動や変な滑稽さも散りばめられている。試合に関しては真剣勝負のシーンも大人の嫌な事情が深まれた勝負のシーンもあるけど、怒りを覚えるところもあるけど、観てる側的には色んな意味で面白くて相当そそられます。目を背けたくなるようなトラウマ確定なシーンもあれど、目を背けちゃいけないという思いにも駆られました。
出てくる登場人物達、メインの3人も良かったし、その人らに関係する女性陣も良かったけど、それ以外の関わる人達も、みんなみんなめちゃくちゃ良かったなぁ。森山未來演じる末永晃が働く風俗店の幼馴染であり雇われ店長の木田と、そこで働く兼子の掛け合いとか愛のあるシーン、最初は笑いながら見てたけど途中からまじで泣けたし。
オープニングというか、始まり方とか最高過ぎたよ。始まり方が最高な作品って、結局作品自体も最高というパターンは映画あるあるだね。
そそられたしセンスあり過ぎた。
森山未來の演技はもう国宝級とか呼んでも良いレベルですね。今回の役ももう末永晃にしか見えなかった。今この感想を書いてる時は日本アカデミーのノミネートが発表されてしまってるからあれですが、私にとっちゃ2020年は最優秀主演男優賞は群を抜きに抜きまくって森山未來ですね。
好きなボクシング映画、「どついたるねん」「キッズ・リターン」「百円の恋」「あゝ、荒野前後編」、で、「アンダードッグ前後編」も加えて現時点でこれをベスト5とします。順位は…難し過ぎる!!
アンダードッグ、前後編同時公開で、観に行った時は5時間ほぼぶっ続けで観たけど、最初っから最後まで駆け抜けられる面白さで凄く心地良い疲労感が残る最高に重圧・胸熱な作品でした。足立紳× 武正晴の功績凄いなぁ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まつこ
すべての映画レビューを見る(全44件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「アンダードッグ」シリーズ関連作品