戦国自衛隊

劇場公開日

9%
49%
27%
8%
7%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

四百年前の戦国時代にタイム・スリップした演習中の自衛隊一個小隊の姿を描く。半村良の同名の小説の映画化で、脚本は鎌田敏夫、監督は「悪魔が来たりて笛を吹く(1979)」の斎藤光正、撮影も同作の伊佐山巌がそれぞれ担当。千葉真一芸能生活20周年作品。

1979年製作/139分/日本
配給:東宝

ストーリー

伊庭三尉を隊長とする二十一名の自衛隊員は、日本海側で行なわれる大演習に参加するために目的地に向かっているとき“時空連続体の歪み”によって四百年前の戦国時代にタイム・スリップしてしまった。東海には織田信長が勢力を伸ばし、上杉、武田、浅井、朝倉らが覇を競いあい、京へ出て天下を取ろうと機をうかがっていた時代。成行きから彼等は、のちの上杉謙信となる長尾平三景虎に加担することになり、近代兵器の威力で勝利をもたらした。戦いの中で、伊庭と景虎は心が通じあうなにかを感ずる。隊員のひとり菊池は、恋人和子と駈け落ちすることになっていたが戦国時代にスリップ、和子は約束の地で菊池を待ち続けた。三村は農家の娘みわに出会い、恋に落ちていく。そんな中で、矢野は、自分たちだけで天下を取ろうと、加納や島田を誘って反逆を起こし、魚村を襲い、手あたりしだいに女を犯すが、伊庭たちの銃撃のはてに殺される。近代兵器を味方につけた景虎は、主君小泉越後守の卑怯さに我慢がならず、春日山城で斬り殺し、天守閣からヘリコプターにぶら下がって脱出する。そして戦車が春日山城を陥落させた。その勢いで景虎と伊庭は京へ攻め上がろうとする。景虎は浅井・朝倉の連合軍と戦い、伊庭は川中島で武田信玄と戦闘をまじえることになった。「歴史がなんだっていうんだ。俺たちが歴史を書きかえるんだ」と、自衛隊員と二万人の戦いが始まった。戦車、ジープ、ヘリを駆使しての互角の勝負、そして目指す武田信玄の首を取ることにも成功するが、その激しい戦いの中で、伊庭たち隊員も死んでいった。隊員の中で生き残ったのは、農夫となってその時代に生きようと決意した根本だけであった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

監督
アクション監督
千葉真一
特撮監督
鈴木清
脚本
鎌田敏夫
原作
半村良
製作
角川春樹
プロデューサー
元村武
撮影
伊佐山巌
美術
植田寛
筒井増男
音楽監督
角川春樹
音楽
羽田健太郎
音楽プロデューサー
鈴木清司
高桑忠男
主題歌
松村とおる
録音
橋本文雄
照明
遠藤克巳
編集
井上親弥
衣裳
柳生悦子
監督補
戸田康貴
助監督
山下稔
記録
堀北昌子
スチル
遠藤功成
擬斗
菅原俊夫
斉藤一之
全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0かっこいい

ぽっぽさん
2020年4月30日
iPhoneアプリから投稿

B級大作。脚本などはグタグタだが熱量がすさまじい。とにかく主演二人がかっこいい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ぽっぽ

3.060~70年代日本映画のダメなところが作品を台無しにしている好見本だ

あき240さん
2019年11月26日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

残念な事だが正直つまらない
千葉真一初めアクションシーンは素晴らしい
だが映画作品としては全くつまらない
本当に残念としか言いようがない

製作方針が痛快アクションに徹し切れてない
そもそも戦国自衛隊とは何かに政治性を持たしているのは間違いだ
歴史という正統なものに対する自衛隊のクーデターと言う政治性を主張しようという演出意図が透けていては痛快もなにもあったものではない

90分程度に短縮された海外版は観ていないが、そのような不純物をバッサリ削ぎ落として編集し直した方がはるかに面白い作品になったはずだ
無駄に冗長なシーンも多すぎる

その中でも岡田奈々と薬師丸ひろ子は美しいのは認めざるを得ないのだが

60~70年代日本映画のダメなところが作品を台無しにしている好見本だ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240

3.5夏八木勲が素晴らしい

2019年10月24日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

千葉真一と夏八木勲と友情と別離を描く。夏八木さんすごい鍛えてるなぁ。
ストーリーはそこそこ単調だが、自衛隊と戦国武者というパラレルワールドの面白さはある。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
さすまー

2.5舞台は戦国、テイストは昭和

2019年8月18日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

カット版を観てしまったようだが長く感じられたのでまあ良しとしよう、完成度を云々する作品でもなし(笑)

この時代としては頑張ったと思う。左翼が元気だった時代だし。でも隊員をヒーローとしても描いていないんだよな。随分自由に作ったもんだ(笑)

信玄は見せないほうがよかったのではない?しかも姑息な方法で首級を上げちゃうし。
ところで小野みゆきが一番怖かった(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
肉ネ~ム
すべての映画レビューを見る(全13件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「戦国自衛隊」シリーズ関連作品