アンフェア the movie

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
アンフェア the movie
8%
37%
44%
9%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

篠原涼子がシングルマザーの敏腕刑事を演じ大ヒットを記録したテレビドラマの劇場版。女刑事・雪平は、娘の美央が入院中の警察病院がテロリストに占拠されたことを知る。犯人は警察庁長官を人質にとり、警察庁の裏金80億円を2時間以内に用意することを要求。愛娘を救うため、雪平は病院へと向かうが……。テレビ版のキャストに加え、スペシャル版に引き続いての登場となる江口洋介、さらに椎名桔平、成宮寛貴ら豪華俳優陣が顔を揃える。

2007年製作/112分/日本
配給:東宝

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ジェーン・ドウの解剖
  • 機械じかけの小児病棟
  • ハンガリー連続殺人鬼
  • 怪談新耳袋 百物語【TBSオンデマンド】
  • クリーピー 偽りの隣人
  • 霊的ボリシェヴィキ
  • もうひとりいる
  • 喰女 ―クイメ―
  • オーディション
  • カオス
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)2007 関西テレビ放送 フジテレビジョン 東宝

映画レビュー

2.5雪平夏見、ステレオタイプな事件

近大さん
2020年6月9日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

単純

興奮

萌える

検挙率ナンバーワンでシングルマザー。
警視庁の敏腕女刑事の活躍を描いた、篠原涼子主演の人気フジTVドラマの劇場版第1弾。
TVドラマは未見。10年以上前に、レンタルか地上波放送で一度だけ見た記憶あり。

改めて見ても、とにかく篠原涼子を見る為の作品である。
そのカッコ良さ、美しさ!
一貫してクールで少々クサく芝居掛かってる感じもあるが、男勝りな役柄が合う。
テロリストに占拠された警察病院の感染病棟に閉じ込められた愛娘を助ける為にボロボロになりながらも。ヒロイックな姿と母の愛。
絶体絶命の状況に追い込まれても、決して諦めない。
白シャツが濡れ、黒ブラジャーが透けて見えるセクシーショットも。
篠原涼子の魅力をたっぷりと。
公開時TVドラマのファンだけじゃなく、篠原涼子のファンだから見たかったという声も非常に多かった事を記憶している。
今も圧倒的な人気で第一線で活躍し続け…いや、さらに留まる事を知らず、本当に人気のある女優になったなぁ、と。

さて、話の方は…
先にも述べた通り、テロリストがある警察病院を占拠。警察に対し、隠し金80億円を要求。支払わなければ、この病院に管理されていた高い致死率のあるウィルスを東京にバラまくという。
…あれ? 『ザ・ロック』のパクり…?

巻き込まれた主人公。
最愛の人物が危機に。
協力者、内通者、裏切り者…。
事件の裏には、真の首謀者が…。
先日見た『AI崩壊』と設定はほとんど同じ。日本映画は10年以上前から進歩してない…?
警察上層部の腐敗。
それに恨みを持つ“元”の復讐。
フジTV作品なので『踊る』やその他と被る要素もちらほら。それにしても警察上層部がテロ首謀者よりヒール。これはリアル? 過剰?
何処かの化学研究施設ならまだしも、警察病院にこんな恐ろしいウィルスが管理されてるものか…?
真の首謀者も何となく分かる。
TVから映画になってスケールの大きいアクション目白押しかと思いきや、今一つ不発のアクション続き、サスペンスもあまり盛り上がらない。
涙を誘うようなシーンの演出も過剰過ぎ。
ステレオタイプやツッコミ所は多々。

つまらなくはないけど、やはりファンムービー。
昔見た時も思ったけど、篠原涼子さえ見れれば。

一番の“アンフェア”は、公開時完結編と謳われながら、ラストシーンは何やら謎を残し、その後映画が2作も続いた事!

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 4 件)
近大

3.0さらなる謎が浮かび上がる。

2018年11月10日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

興奮

知的

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
しゅうへい

2.0黒色潰疽菌に対抗して、復讐の連鎖球菌だ!

kossyさん
2018年10月24日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 TV版を知らない者が観ても大丈夫か?などと思いつつも、騙されたら「アンフェアだ!」と訴える覚悟での鑑賞でした。序盤でいきなり雪平の娘美央とベビーシッターが乗った車が爆破されてしまい、その時点で涙腺が緩んでしまいました・・・こんなに悲しい映画なのか思っていたら、途端に緊張感がなくなる展開。いきなりSAT突入はないだろうとか、完全要塞になっている大病院に侵入できるはずないだろうとか、病理研究の施設はあっても生物化学兵器研究が警察病院で行われるわけないだろうとか・・・

 裏切りとかどんでん返しが多いとは聞いてましたが、初っ端から偽SATの登場です。椎名桔平がテロ組織の首謀者だとは予告編でも明らかでしたし、テロリストたちとSATの複雑さはいいとしても、これらの人間関係を把握するのに先ず一苦労。江口洋介だって濱田マリだって、誰なのかよくわからなかった。そりゃTVシリーズを見ていた人ならば「これが新しく登場した人物だ」とわかるんでしょうけどね・・・予想できないところがアンフェアでした。

 この映画では、警察内部の不正を暴いた極秘文書を告発しようとした刑事が逆に逮捕され、警察上層部に復讐しようという内容。アンフェアな上層部と正義を追求しようとする側が対立する構図でもあり、裏切りとか内通者は誰だというテーマはとても描きやすいのでしょう。だからストーリーはしっかりしてるのに、観客も同時に推理したりするので、個々の登場人物のリアクションが気になってしまう。それを子供の鑑賞にも堪えうるようにしたためか、緊迫感のない演技が目立つのです。

 不正を裁くために暴力を肯定するテロリストになってしまうという発想もいかがなものでしょうか。しかも場所が病院です。追い出された患者の中には悪化して死んでしまう人も出てくることでしょう。命の重さと80億円。椎名桔平に賛同した仲間にしても金目当てで内通した者も、これではどこに賛同したのかさっぱりわかりませんでした。などと酷評しようとしていても、ラストはなかなかのもの。悪い奴は生き延びるんですよね・・・

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 3 件)
kossy

3.0地上波にて

2017年10月17日
iPhoneアプリから投稿

映画館で見た気がするな。

改めて見たら色々突っ込みどころがあるな。
椎名桔平がやられるところなんて、試験管が割れないのが不思議やな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
walkindude
すべての映画レビューを見る(全16件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「アンフェア」シリーズ関連作品

他のユーザーは「アンフェア the movie」以外にこんな作品をCheck-inしています。