ローレライ

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
ローレライ
8%
24%
48%
13%
7%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

平成ガメラシリーズの特技監督として知られる樋口真嗣が長編監督デビュー。45年8月、広島に原爆を投下され、窮地に陥った日本軍は、ドイツから極秘裏に入手した潜水艦・伊507に特殊兵器「ローレライ」を搭載し、米原爆搭載機の発信基地の奇襲を目論む。だが乗組員たちの思いはさまざまだった。原作は福井晴敏の「終戦のローレライ」。同じ原作者による大作「戦国自衛隊1549」「亡国のイージス」が続々公開されるのも話題。

2005年製作/128分/日本
配給:東宝

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

(C)2004 フジテレビジョン・東宝・関西テレビ放送・キングレコード

映画レビュー

1.5何だこりゃ

たまさん
2019年10月24日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

バリバリの潜水艦乗りの映画と思いきや(軍歌・轟沈のような)グダグダしててなんとも面白くない映画。
潜水艦乗りのプライドとかそんなもんが微塵もない。
役所さんではどうも軽いんだよな。重厚感がない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たま

5.0戦争映画の最高峰

2019年9月13日
PCから投稿

ある意味荒唐無稽なところもありますが、リアリティは抜群です。
切迫感、凄み、テンションが上がりまくりです。
テンポも良いし、演技も最高。
最高品質の映画です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシンⅡ

5.0空母いぶきに感動したバカどもは、これを観て目を覚ませ!

2019年5月29日
PCから投稿

泣ける

興奮

知的

なにこれと言う展開は有るが、それが腑に落ちるのは、細部までしっかりと詰められたストーリーがあるからこそ。
セリフの端々に人間の生き様が垣間見れる。
空母いぶきとは雲泥の差である。
この映画が10年以上前に作られた事に、驚きと感動を覚える‼️
そして、凄い創造性が有るにも関わらず、そのリアリティーはドキュメンタリーと思うほどの重厚感。
キラーハンターを観てから言うのだから間違いない。
人間ソナーのオダギリジョー妻の存在感は半端ない、ガンダムかエバンゲリオンの再来かー。
ピエール瀧の腐れ感はさすがコカイン大王。
不倫鬼の阿川佐和子は目障りですが。
堤真一の悪役感、佐藤隆太のアホ感、など名優揃いで持ち味はなかなか引き出されている。
空母いぶきの後で口直しですよ!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
アサシン

4.5祖国(日本)の未来のために戦った男たち。

2018年8月18日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

悲しい

自ら犠牲になって死んだ戦友そして祖国(日本)の未来のために戦ったシーンを観ると泣けてきます。
最期まで生き延びた折笠(妻夫木聡)とパウラ(香椎由宇)のその後も見てみたかったなぁー

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
HIDE Your Eyes
すべての映画レビューを見る(全14件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ローレライ」以外にこんな作品をCheck-inしています。