西島秀俊×佐々木蔵之介!かわぐちかいじ「空母いぶき」実写映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年3月6日 > 西島秀俊×佐々木蔵之介!かわぐちかいじ「空母いぶき」実写映画化
メニュー

西島秀俊×佐々木蔵之介!かわぐちかいじ「空母いぶき」実写映画化

2018年3月6日 06:00

「空母いぶき」の艦長&副艦長役に!「空母いぶき」

「空母いぶき」の艦長&副艦長役に!
(C)かわぐちかいじ・惠谷治/小学館
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 累計発行部数300万部を突破したかわぐちかいじ氏の人気漫画「空母いぶき」が実写映画化されることが決定。主演に西島秀俊、共演に佐々木蔵之介を迎え、「ホワイトアウト」「沈まぬ太陽」「柘榴坂の仇討」の若松節朗監督がメガホンをとる。

「ジパング」「沈黙の艦隊」で知られるかわぐち氏の漫画「空母いぶき」(協力:惠谷治)は、2014年から「ビッグコミック」(小学館刊)で連載を開始し、第63回小学館漫画賞一般向け部門を受賞した作品。物語の背景は、世界が再び「空母の時代」へと突入した20XX年。日本の最南端沖、国籍不明の漁船20隻が突然発砲、波留間群島の一部が占領され、海保隊員が拘束された。未曾有の緊張が走るなか、政府は戦後初の航空機搭載護衛艦「いぶき」を中心とする護衛群艦隊を現場に向かわせる。空がうっすらと白み始めた午前6時23分、日本は、かつて経験したことのない1日を迎えることになる。

国家間に極限の危機が生じた時、最前線の自衛官たち、総理大臣を中心とする政府、そしてジャーナリストや一般市民は何を選択し、何を判断するのか。映画では、連載中の原作をベースに、描かれる局面とテーマを「24時間の物語」として構築している。「『未来の命に平和な世界を残しましょう』。それがプロデューサーからのオファーの言葉でした」と明かす若松監督。「原作である『空母いぶき』には、現実の世界の方が後追いしているような先見性があります」「この映画が平和や命の重みを考えるきっかけとなるよう、頑張りたいと思います」と語っている。


画像2

[拡大画像]

航空自衛隊出身の「空母いぶき」艦長・秋津竜太に扮する西島は「多くの熱狂的なファンが次の展開を心待ちにする、かわぐちかいじ先生の傑作『空母いぶき』の映画化のお話を頂き、興奮で震える思いです」と喜びを爆発させる。そして「若松節朗監督をはじめとした撮影スタッフ、本作品に協力して下さっている全ての皆さんと共に、現在、全力で準備が進んでいます。鋭い洞察で今を見つめ、圧倒的なリアリティーで描かれる近未来、その作品世界に生きる登場人物達に負けないよう、命がけで取り組みたいと思います」と意欲をみなぎらせている。

西島と映画では初共演となった佐々木は、海上自衛隊出身で秋津のライバルとなる「空母いぶき」副艦長の新波歳也役に挑戦。「“必ず平和を守る”という信念を持ち、凡ゆる戦況と対峙し悩み葛藤する登場人物たち。この作品に若松節朗監督と西島秀俊さんをはじめ多くの出演者、スタッフと挑めることを嬉しく思います」と思いの丈を述べると「原作ファンの方は勿論、たくさんの方に愛される作品をお届け出来るよう、強い覚悟を持って航海に臨みます。映画『空母いぶき』、楽しみにお待ちください」とコメントを寄せている。

空母いぶき」は、「機動警察パトレイバーREBOOT」の伊藤和典と「聯合艦隊司令長官 山本五十六 太平洋戦争70年目の真実」の長谷川康夫が脚本を担当し、企画に「ローレライ」「亡国のイージス」の原作者・福井晴敏氏、かわぐち氏が監修として参加。3月にクランクインし、19年に全国公開される。

柘榴坂の仇討[Blu-ray/ブルーレイ] 柘榴坂の仇討[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,275 浅田次郎文学の最高峰が完全映画化。若松節朗監督が心打つ人間ドラマを細やかに描く。
沈まぬ太陽[Blu-ray/ブルーレイ] 沈まぬ太陽[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥6,394 魂が、震える。信念は決して消えない。激動の昭和を駆けぬけた男の生き様とは…。山崎豊子原作の国民的ベストセラーを、渡辺謙、三浦友和、松雪泰子、鈴木京香、石坂浩二といった豪華キャストで映画化!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • ワイルドライフの評論 ワイルドライフ 14歳の少年の多感が画面から溢れ出る。初監督作とは思えない驚きのクオリティ!
  • ピアッシングの評論 ピアッシング 異常心理、猟奇、ユーモアを斬新なアートワークでくるんだナイトメア映画
  • X-MEN:ダーク・フェニックスの評論 X-MEN:ダーク・フェニックス 現体制最後のX-MENは、旧シリーズの一大事件を踏襲し、テーマの原点へと帰着する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報