鉄拳のパラパラ漫画「家族のはなし」が実写映画化! 主演は岡田将生に決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年3月6日 > 鉄拳のパラパラ漫画「家族のはなし」が実写映画化! 主演は岡田将生に決定
メニュー

鉄拳のパラパラ漫画「家族のはなし」が実写映画化! 主演は岡田将生に決定

2018年3月6日 07:00

金髪のバンドマン役を演じる岡田「家族のはなし」

金髪のバンドマン役を演じる岡田
(C)「家族のはなし」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] お笑い芸人・鉄拳のパラパラ漫画「家族のはなし」の実写化が決定し、岡田将生が主演することがわかった。岡田は「台本を読む前に鉄拳さんのパラパラ漫画を見させて頂いたのですが、とても素敵な話で映画になるなら是非参加させて頂きたいと思いました」と念願の出演であったことを明かしている。

パラパラ漫画「家族のはなし」は、2013年に信濃毎日新聞との企画として発表され、第17回「アジア太平洋広告祭」のフィルム部門、プレス部門でダブル受賞した作品。主人公は、リンゴ農園を営む両親のもとを離れ、東京で仕送りを受けながら生活している大学生・小林拓也(岡田)。ある挫折をきっかけに自分の進むべき道を失った拓也は、バンド活動に熱中し、プロを目指すように。さまざまな挫折を経て家族の温かさを再発見しながら成長していく拓也、人生を必死に生きる彼をそっと支える両親の姿を描き出す。

髪の毛を金色に染め上げ、ギター演奏に初挑戦した岡田は「僕が演じるのはなかなか目が出ないバンドマンで、売れたいという気持ちで焦り、壁にぶつかっている役です。そんななか親の温かい気持ちを知り、改めて親の存在を考えます」と自身の役どころを説明。「とても温かい映画になったと思います。是非楽しみにして頂けたら幸いです」と作品の出来に自信をにじませている。

撮影現場へ見学に訪れることもあった鉄拳は「家族のはなしは、パラパラ漫画作品の中で隠れた名作だと思っていたので映画化される事はとても嬉しいですし、主人公を岡田将生さんに演じて貰えると聞いた時に、僕の中で奇跡的に主人公に合っていたのでとても光栄で嬉しかったです。映画は沢山の方に見てもらいたいですが、特に親元から離れ都会で挑戦している若い方に是非、見てもらいたいです」と胸中を吐露。本作では、アートディレクターとしても参加しており、物語の鍵となるパートのために、新たに描き下ろしたパラパラ漫画を提供している。

家族のはなし」は、連続ドラマW「海に降る」、NHKドラマ「絆 走れ奇跡の子馬」の山本剛義監督がメガホンをとり、「伊藤くん A to E」の青塚美穂が脚本を担当。18年内公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報