空母いぶき

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
空母いぶき

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「沈黙の艦隊」で知られるかわぐちかいじ原作のベストセラーコミック「空母いぶき」を、西島秀俊と佐々木蔵之介の共演で実写映画化。国籍不明の軍事勢力から攻撃を受ける中、それぞれの立場で国民の命と平和を守るため奔走する者たちの姿を描く。世界が再び「空母の時代」に突入した20XX年。日本の最南端沖で国籍不明の軍事勢力が領土の一部を占拠し、海上保安庁の隊員を拘束する事態が発生。未曾有の緊張感に包まれる中、政府は初の航空機搭載型護衛艦「いぶき」を中心とした護衛艦群を現場に派遣するが……。西島が、航空自衛隊のパイロットとしての実績を買われていぶき艦長に抜擢された秋津竜太、佐々木が、海上自衛隊の生え抜きながら副長に甘んじる新波歳也を演じる。監督は「沈まぬ太陽」「ホワイトアウト」などの大作を手がけてきた若松節朗。脚本は「機動警察パトレイバー」の伊藤和典と「亡国のイージス」の長谷川康夫。「ローレライ」「亡国のイージス」などで知られる作家の福井晴敏が企画に携わっている。

2019年製作/134分/G/日本
配給:キノフィルムズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22
  • 画像23
  • 画像24
  • 画像25
  • 画像26
  • 画像27
  • 画像28
  • 画像29
  • 画像30
  • 画像31
  • 画像32

(C)かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/「空母いぶき」フィルムパートナーズ

映画レビュー

3.5良くも悪くも日本の現実であり、邦画の現実

AuVisさん
2019年5月22日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

興奮

知的

中国が敵でなくなったのは、多様な出資者から製作費を集めなければいけない点からも、マーケティングの観点からも致し方ない。むしろ憲法9条と自衛隊の存在や、専守防衛のあり方など、娯楽映画が避けがちな難しい題材を正面から扱った点には敬意を表する。

海上、海中、空中での戦闘の描写も、邦画では健闘した方だ。CG制作のコストダウンも一因だろう。ハリウッド製の戦争大作には見劣りするが、製作費も市場規模も桁が違うのだから。

ただ、脚本と演出には課題も多い。邦画アクションやサスペンスの悪習ともいうべき、流れと緊迫感を断ち切る説明台詞、理想論、思い出話…。135分が一層冗長に感じられる。

国民の反応の描写も、街頭で報道を見る人々のショットが少しあったほかは、ほぼコンビニ店内の様子だけというのも手抜き感。店長は“平和ボケの象徴”だろうが、客が殺到してるのに居眠りしてたりとか、キャラもエピソードも嘘くさい。

コメントする (コメント数 4 件)
共感した! (共感した人 72 件)
AuVis

1.0羊頭狗肉

odeonzaさん
2019年12月11日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
odeonza

0.5この内容ならムリに映画化せんでも良かったと思う

2019年12月10日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

映画化と言う事で、右に左に賛否両論沸き上がると思ったが、それ以前の問題作とは驚いた。

まずはくだらないエピソードも多過ぎる。
自衛艦に搭乗して取材出来るマスコミの艦内での様子はイライラした。何かあると飛び出してカメラ構えてって特ダネ映像欲しがってやるならともかく、本田翼の雰囲気もあの状況では中途半端。
映像をホイホイ流すとかクソにも程がある。
自由に取材させる状況じゃない。
それにクリスマスのコンビニの話なんか必要か?
平和を感じるのがクリスマスのくだらない騒ぎなのか?
店長が寝こけてるのも酷い演出だし、「空母いぶき」に必要か?

原作はあれだけ長々と理由をつけて(右も左もそれなりに納得する)読者の読みたいものを見せているのに、なんだこれは?
ド素人にも解るように説明してくれる原作と比べると雑な展開だし、敵の顔も熱意のような意志も見えない。
これでは入り込み難い。

正直、ここまで架空の敵をこさえたのに映画くらい好きに作れ!と言いたいが、資金提供した奴等の都合もある…としてもちょっと酷いぞ。

国連安保理部隊が来たら終わりとか…マンガとは敵も違うから真剣みがなくなるし。
盛り込まれたエピソードの濃さが違う。

自衛隊、マスコミ、政府とそれなりに演者は揃えたものの満足な作品になったとは思えない。
無論、CGを使った戦闘シーンには特に不満はないが、存在しない第三国と捕虜になったその国の操縦士、安保理国の潜水艦隊が仲良く会戦に割って入るって…なんじゃこりゃ。

そもそも、この原作のキモは命のやりとりに発展している場面において、憲法や世界のルールをギリギリ守りつつ、戦争とは何か?戦争による影響とは何か?
自衛官として、マスコミとして、1国民として、“明らかな”他国の侵略をどう処理するか?
こういった内容によって支持されていると思う。
それがこの改変具合だとファンは怒っても仕方ない。
憲法改正を進める助けにもならないし、平和を主張するには陳腐な訴えしかない。毒にも薬にもならない。
文句ばっかり書いてしまった。
でもクリスマスに毎年観たくなる作品ではない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
うにたん♪コメント書き込み一部を除き回復、皆様色々ありがとうございます

4.0面白い!

2019年12月8日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

シビリアンコントロールを考えさせられる。ここ数年の邦画の中では久しぶりに面白いと感じた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ポッキー
すべての映画レビューを見る(全440件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「空母いぶき」以外にこんな作品をCheck-inしています。