Fukushima 50

122分

予告編・フォトギャラリー

ご使用のブラウザはHTML5に対応していません。

解説

2011年3月11日に発生した東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所の事故で、未曾有の事態を防ごうと現場に留まり奮闘し続けた人々の知られざる姿を描いたヒューマンドラマ。2011年3月11日午後2時46分、マグニチュード9.0、最大震度7という日本の観測史上最大となる地震が起こり、太平洋沿岸に押し寄せた巨大津波に飲み込まれた福島第一原発は全電源を喪失する。このままでは原子炉の冷却装置が動かず、炉心溶融(メルトダウン)によって想像を絶する被害がもたらされることは明らかで、それを防ごうと、伊崎利夫をはじめとする現場作業員や所長の吉田昌郎らは奔走するが……。現場の最前線で指揮をとる伊崎に佐藤浩市、吉田所長に渡辺謙という日本映画界を代表する2人の俳優を筆頭に、吉岡秀隆、安田成美ら豪華俳優陣が結集。「沈まぬ太陽」「空母いぶき」などの大作を手がけてきた若松節朗監督がメガホンをとった。第44回日本アカデミー賞で最優秀監督賞や最優秀助演男優賞(渡辺謙)などを受賞した。

キャスト

キャストの続きを見る

スタッフ

監督

原作

脚本

スタッフの続きを見る

製作代表

エグゼクティブプロデューサー

製作

企画

企画プロデュース

プロデューサー

撮影

照明

録音

美術

衣装

へアメイク

サウンドデザイナー

編集

音楽

演奏

特撮

VFX監督

スクリプター

キャスティング

技術指導

ラインプロデューサー

音楽プロデューサー

作品データ

製作年 2020年
製作国 日本
配給 松竹、KADOKAWA
上映時間 122分
映倫区分 G
オフィシャルサイト

映画レビュー

レビューする

現場の人間を見つめる作品

この作品を鑑賞する際には、まず作り手がどのポジションから原発事故を描いているのかを確認する必要があるだろう。本作は徹底的に東日本大震災が起きてからの福島原発の現場にフォーカスしている。原発事故が...

杉本穂高さん

日本人としてずっと対峙し続けなければならない映画

原発問題は何ら収束していない。私が本作と向き合う時、自身が一体どのような感情へいざなわれるのか、恐ろしくさえあった。いちばん避けたいのは、何か安易な感動に涙して、そこで示された着地点に満足してし...

牛津厚信さん

新しい発見はありませんが心に来るものはありました

原発事故の原因は色々言われています 私が聞いている内容としては、「福島原発はGE(アメリカ)が作ったもののため、非常電源設備が地下に設けられていた。本来なら、津波に備えて原子炉建屋よりも高い位置...

赤さん

振り切れ!

公平性もなく、すべてが中途半端。 吉田所長の英雄談にしたいなら、徹底的に政府を叩いてほしかった。 公平性を担保するなら、設計時の所長のミスにも言及すべきだった。 泣かせよう泣かせようの演出も気に...

ばーどさん

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Powered by Amazon

DVD・ブルーレイ情報

映画評論

いつかは誰かが描かねばならなかった。あの日現場で起こっていた「死闘」に衝撃

実に生々しく、恐ろしい。起こった出来事の怖さだけではない。この事実を知らなかったことが、恐ろしいのだ。3.11のあの日、福島第一原子力発電所の中で何が起こっていたのか。90人以上に取材した門田隆将氏のノンフィクションをもとに、作業員た...

インタビュー

佐藤浩市と渡辺謙の逡巡と決断

まだ9年なのか、もう9年なのか、東日本大震災から流れた歳月を明確に計ることは難しい。佐藤浩市と渡辺謙にも、逡巡(しゅんじゅん)はあったはずだ。それでも2人は「Fukushima50」に挑むことを決断した。津波に襲われ全電源が喪失した福...

関連ニュース

受賞歴

第44回 日本アカデミー賞(2021年)

受賞

最優秀監督賞 若松節朗
最優秀助演男優賞 渡辺謙

ノミネート

最優秀作品賞
最優秀脚本賞 前川洋一
最優秀主演男優賞 佐藤浩市
最優秀助演女優賞 安田成美