マチュー・アマルリック

マチュー・アマルリック
英語表記
Mathieu Amalric
誕生日
1965年10月25日
出身
フランス/パリ

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

仏・パリ近郊に生まれる。父はジャーナリスト、母はポーランド人で文芸評論家。84年、「Les favoris de la lune(原題)」で映画に初出演した後、裏方の仕事をしながら短編の制作を行う。90年代に端役ながら出演の機会が増え、アルノー・デプレシャン監督作「そして僕は恋をする」(96)で、フランスのアカデミー賞にあたるセザール賞の有望若手男優賞を受賞した。デプレシャン監督の「キングス&クイーン」(04)が米国でも評判になり、スティーブン・スピルバーグ監督作「ミュンヘン」(05)でハリウッド映画に初出演する。「潜水服は蝶の夢を見る」(07)でフランスを代表する演技派俳優として定着。「007 慰めの報酬」(08)に悪役で出演した。97年に長編監督デビュー作「Mange Ta Soupe(原題)」を発表、「さすらいの女神たち」(10)でカンヌ国際映画祭の監督賞を受賞した。

関連作品(映画)

マチュー・アマルリックの関連作品(映画)をもっと見る

受賞歴

マチュー・アマルリックの受賞歴の詳細を見る

写真・画像

マチュー・アマルリックの写真・画像をもっと見る

関連動画・予告編

マチュー・アマルリックの関連動画・予告編をもっと見る

関連記事

マチュー・アマルリックの関連記事をもっと見る

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

「マチュー・アマルリック」の関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る