永遠の門 ゴッホの見た未来

劇場公開日

永遠の門 ゴッホの見た未来
10%
37%
42%
8%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「潜水服は蝶の夢を見る」「夜になるまえに」のジュリアン・シュナーベル監督が画家フィンセント・ファン・ゴッホを描き、2018年・第75回ベネチア国際映画祭コンペティション部門で、ゴッホ役を演じた主演ウィレム・デフォーが男優賞を受賞した伝記ドラマ。画家としてパリで全く評価されないゴッホは、出会ったばかりの画家ゴーギャンの助言に従い南仏のアルルにやってくるが、地元の人々との間にはトラブルが生じるなど孤独な日々が続く。やがて弟テオの手引きもあり、待ち望んでいたゴーギャンがアルルを訪れ、ゴッホはゴーギャンと共同生活をしながら創作活動にのめりこんでいく。しかし、その日々も長くは続かず……。作品が世に理解されずとも筆を握り続けた不器用な生き方を通して、多くの名画を残した天才画家が人生に何を見つめていたのかを描き出していく。ゴッホ役のデフォーのほか、ゴーギャンをオスカー・アイザック、生涯の理解者でもあった弟テオをルパート・フレンドが演じるほか、マッツ・ミケルセン、マチュー・アマルリックら豪華キャストが共演。

2018年製作/111分/G/イギリス・フランス・アメリカ合作
原題:At Eternity's Gate
配給:ギャガ、松竹

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第76回 ゴールデングローブ賞(2019年)

ノミネート

最優秀主演男優賞(ドラマ) ウィレム・デフォー

第75回 ベネチア国際映画祭(2018年)

受賞

ボルピ杯(最優秀男優賞) ウィレム・デフォー

出品

コンペティション部門 出品作品 ジュリアン・シュナーベル
詳細情報を表示

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14

(C)Walk Home Productions LLC 2018

映画レビュー

4.0ゴッホの色彩に彩られた映像美

garuさん
2022年1月22日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 ウィリアムデフォーが好きなので観に行った。
相変わらず不思議な魅力のある演技と存在感で、ゴッホが完全に乗り移っていた。 顔が似ているとは思えないが、観ているうちにゴッホそのものに思えてくる。

 監督が画家でもあるということで、 映像全体がゴッホの色彩で彩られていた。 まるで、ゴッホが見ていた世界の中で、ゴッホが生きている様を映し出しているかのようだ。 金色に輝く小麦畑と水色の空のコントラスト。 その美しさの中に溶け込むゴッホ。 一瞬だが、自分もゴッホの空想の中に入ってしまったような感覚に陥る。

 ヴェネチア国際映画祭で男優賞を受賞するなど評価を受けたのは、 デフォーのファンとしては嬉しい限りだ。 ただ、ゴッホという人物の個性の強さもあるのだろうが、 ウィリアムデフォーのなりきり演技の凄さも相まって、 逆に作品としての個性は抑えられてしまった感はある。

 定石通りに、渦巻く魂の猛りや狂気を強め出した方が、観る者を引き付ける映画になったかもしれない。 そうならなかったのは、 ゴッホとデフォーとジュリアンシュナーベル監督との出会いが生み出した化学反応の結果ーとしか言いようがないだろう。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
garu

2.5映画というか風景映像?

赤垣さん
2022年1月9日
Androidアプリから投稿

ゴッホが見てきた素晴らしい風景を追うような映像
ゴッホが好きな人には興味深いかもしれないが、ゴッホを知りたくて見始めたい人にはちと分かりにくい内容かな

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
赤垣

4.5新国立美術館でのゴッホ展では

2021年11月4日
iPhoneアプリから投稿

まだ理解できていなかったが、天照や毘盧遮那仏を経由した今だからこその感想◎
ゴッホは生涯を通じて神を描こうと描き続けた画家だったのだと至った。我々地球に生きる生物も想像の先にあるイメージも広い宇宙の中では小さくとも太陽系にある限りは太陽が全ての元であり源であると言う事実は誰にも覆すことのできない事実であり太陽により生み出され我々を取り巻く自然が全てである。
最後に久々の自己理解の一つの記載をしたい。
自分とは自然の分身であり、私とはカミと仏が同座する姿なのだ(^^)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tomokuni0714

3.0画家の画家による画家のためのゴッホ

2021年10月2日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mark108hello
すべての映画レビューを見る(全100件)

他のユーザーは「永遠の門 ゴッホの見た未来」以外にこんな作品をCheck-inしています。