劇場公開日 2019年11月8日

永遠の門 ゴッホの見た未来のレビュー・感想・評価

3.360
12%
41%
39%
7%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全60件中、1~20件目を表示

3.0がっかりだった

2019年11月20日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

当時、赤の他人の目で、ゴッホを眺めてるようなスタンスの映画と感じました。期待ハズレでした。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
スミちゃん

4.0ウィレム・デフォーの映画

わんさん
2019年11月20日
スマートフォンから投稿

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
わん

4.5映画を観てからゴッホ展へ

Takuさん
2019年11月19日
iPhoneアプリから投稿

泣ける

知的

111分でゴッホの多くを語りきれないとは思うし、実際に端折られたエピソードは幾つも有る様に思われるけれど、
それでもゴッホの見たであろう景色を垣間見る事が出来る可能性を持てる作品です。
また、主人公のゴッホ自身の外見は、かなり精密に再現されているの様に感じました。
最初から最後まで通して興味深く観ることが出来ました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Taku

3.5ひたすらゴッホの視点映画。揺れるので注意

andhyphenさん
2019年11月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

フィンセント・ファン・ゴッホの視点は走り、回り、ぼやけ、よく動く。最初からその動きに完全に酔ってしまった。酔い止めを飲んでから観るべきであった。かなり揺れるので揺れが駄目な方は気をつけたほうがよい。
事前に軽くファン・ゴッホ(ファンはちゃんと姓だから省略しないらしい)について調べてから行ったので、彼の孤独、ゴーギャンとの友情とそのゆきちがい、弟テオとの愛(というかあれはなんだろう、弟の慈悲というのだろうか、兄弟が逆転しているかのよう)、彼のエキセントリックさというか、感情の起伏の激しさ、苦悩が淡々と描写されているように感じた。
この映画におけるファン・ゴッホはアルル時代から描かれるので、人生としてはかなり後半のところにいる。神に仕えようとした過去は対話で語られるが、それ以外の生涯は具体的には語られない。しかし、この時期を切り取ったことにはやはり意味がある。自分を制御できなくなってゆく様。自然に対する思考、そして彼自身が狂気に寄ることで生まれる芸術。
しかし狂気(例えば「耳切り事件」や、具体的にファン・ゴッホが錯乱している描写)はほとんどなく、暗転及び、彼と様々な人物(医師や牧師)との対話で表現される。それを観ると、彼は最終的には自己の中に存在する極端さと共存し、世界に絵を提示してゆく気持ちを持っていたように思われる。最期も一般に知られているものとは異なっており、ファン・ゴッホの印象を一転はさせぬまでも、新たな視点で提示する。(この映画は2011年に提示された新説に基づいて描かれているようだ)。
ファン・ゴッホ役のウィレム・デフォーは何かが憑依したような演技であった。勿論私はファン・ゴッホ本人に会ったことがあるわけないので、憑依感というのも印象に過ぎないが、彼は完全にフィンセント・ファン・ゴッホを自身の中に取り入れているように見えた。完全に彼の映画であり、ファン・ゴッホの映画である。彼が中心に立ち、魅力ある役者陣と対話することで成り立つ映画。最初から最後まで徹頭徹尾フィンセント・ファン・ゴッホ=ウィレム・デフォーの物語であった。この徹底した自己視点がこの映画の壮絶さであり、私を酔わせたカメラワークであり、滲む画面であったのだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
andhyphen

5.0ただ寄り添いたい

柴左近さん
2019年11月18日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

幸せ

ゴッホの映画は数あれど、この映画はゴッホの人生を描くというより、ゴッホが見ていた世界を描いていた。
史実を重視している人には鑑賞をおすすめはしない。
ゴッホの純粋な感性と、現代に彼の作品を鑑賞する私たちとを繋ぐ架け橋的な作品

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
柴左近

2.5良い演技を潰す映画・・・

ミッチさん
2019年11月18日
Androidアプリから投稿

ゴッホの事は昔ゴッホ展で作品を見て何点か知ってる程度、あと自殺した事、生前評価されてなかった事くらいか。
予告編で見たウィレム・デフォーの演技に惹かれて観賞するも、手振れや接写を多様するカメラがウザく、ゴッホの色彩感覚溢れる映像美も全く無く、ただただ売れなく惨めで迫害され、精神を病む孤独なゴッホを延々と見されられる2時間になった。

せっかくウィレム・デフォーや他の俳優達が素晴らしい演技をしているのに、作品つくりを間違って監督だけが自分に酔っている裸の王様的な映画と言ったらいいだろうか。

史実を改変してるのは映画を見終わっていろいろ調べていて分かったのだが、大地真央が「あんた、そこに愛はあるんか?」とツッコミをいれそうなくらい、愛の無い改変だろう。

演技以外全く見るところの無い、そんなガッカリ映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ミッチ

3.5絵画はゴッホの目を透して見る世界

movieさん
2019年11月18日
Androidアプリから投稿

214.この作品はシュナーベル監督の目を透して見るゴッホの世界。「ゴッホ 最期の手紙」では異なる角度からゴッホの世界を見ることが出来る。映像作家の視点を楽しむ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
movie

3.5ゴッホが見たものってそういうことか

mikyoさん
2019年11月18日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

好き嫌いが別れるところ。

それよりウィリム・デフォーのがずっと年上のはずなのに、オスカー・アイザックやルパート・フレンドとそんなに年齢違わないように見えたことに驚いた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mikyo

3.0デフォー様の芝居は憑依!

ZUNKOさん
2019年11月17日
iPhoneアプリから投稿

ゴッホとゴーギャンのやり取りが
再現されてるなら一見の価値有りと思い
観ました。

うん、綺麗で、切ないし
アートの歴史をかいまみれたけど、、

ちょっと盛り上がりに欠けていましたね。。

死因とか知らなかったし
スケッチブックが最近見つかったとか
発見はあります!

そしてデフォー様の芝居は
もう憑依そのもの!
ハリウッド俳優はリッチなのに貧乏な役もちゃんと
出来る人が沢山いるなぁと改めて感じいりました。

時間のある日なら、、是非。

@恵比寿ガーデンシネマ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ZUNKO

2.5無題

じーるさん
2019年11月16日
Androidアプリから投稿

ゴッホの心象を象徴しているのでしょうが、映像酔いに注意。後ろで見ないと目が回ります。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
じーる

とりあえずキレイ

さん
2019年11月15日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

ゴッホ見たものを共感する映画。とにかくキレイ。こういう風景がきらいじゃなければ、ストーリーがなくても満足できる。ゴッホのPVという印象。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ぴ

3.5ウィリアムデフォーはさすが。

peanutsさん
2019年11月14日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

グリーン・ゴブリンだったのになー、なんて思っちゃいました。
ゴッホ、って自殺したんだと思ってた。手紙のやり取りの量も当時は多かったらしいけど弟のテオの存在はとても大きかったんだな。精神状態が不安定なゴッホの哀しみがひしひし感じられた。生きてるうちに認められたかっただろうなー。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
peanuts

3.0甘えん坊なお兄ちゃん

2019年11月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

難しい

萌える

ゴッホの人生、良しとするか?

結果論、弟孝行は出来たのかなぁ、、、、

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
万年 東一

3.0すげえ上品な出汁で食べる、キャベツのラーメン

HDD4455さん
2019年11月14日
スマートフォンから投稿

そんな感じの映画です

え?麺は?
このキャベツです

チャーシューは?
左耳で良ければ

嫌いじゃ無いけど、なんか不思議な映画でした
人によっては見てて辛いかも知れないけど、
自分は辛くは無かった

感動とかは自分は無かった

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
HDD4455

3.0画面が見難い

2019年11月14日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

難しい

ゴッホの心情やらを映像にして見せたかったのだろうけどとにかく画面がブレているシーンが多いし、画面の下1/3がボヤけている様な感じにしていて涙で前が見えない様な感じに似ています。しっかり見ていると酔いそうな感じです。

それと出来れば英語ではなくて全編フランス語にして欲しかったですね。手紙の音読はフランス語なのに。

内容についてはゴーギャンと出会ってから死ぬまでの話なので画家としては後半生、良く知っているゴッホの絵からになります。
伝記物?とは言え牧師から色々あって画家に転身し…から始まって無いのでちょっとと思わなくも無いですが、全部入れると4時間越えになりそうなので、まあこんな所なのかな。
俳優さんは本物のゴッホっぽいイメージですね。なかなかいい演技だと思います。
絵のモデルも出てくるしゴッホの絵を少しでも知っているとクスッとします。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ひろちゃん

4.0生み出し続けるだけでは人は狂う

98さん
2019年11月14日
iPhoneアプリから投稿

ゴッホの絵を見ているような気持ちになる映画でした。
作品を沢山の人間に観てもらえる監督は、幸せ者。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
98

2.5んー

さん
2019年11月13日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

既にゴッホの人生を知っている人からすると振り返り作品
新しい見方や事実はなにもなく既存の事実を斬新なカメラワークでやっただけという印象です。

しかし一方でゴッホ少し興味あるけど彼の生き方を知らない人からしたら情報量が少ない気がしました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
す

3.5太陽の黄金

2019年11月13日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

難しい

ゴッホの生涯を静かに描く作品。
美しくも淡々とした音楽と精神の不安定さを表すようなカメラワークは酔ってしまう人もいるかも。
時折絵画のような情景がある。
ゴッホと言えば激しく病的なイメージがあったが、この作品では絵を描くことしかできず、人間関係をうまく築けずも静かなゴッホ。
80日で78作品(うろ覚えです)描いたという早い筆先もうまく表現していてその凄さを感じさせる。
監督がゴッホ好きなんだろうな〜。
生きている間に報われなかった、苦しかっただろう彼に向けて、デフォーのゴッホは「未来の人々のために絵を描いている」「時が早過ぎた」と語らせる。
見たらゴッホを知りたくなる。映画の体験の先がある作品と感じた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
タピオカジャスミンティー

1.5あんたは何を描く?

栗太郎さん
2019年11月12日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

残された多くの手紙によって、すでにその生涯がよく知られているゴッホ。で、見終えた後の感想は、だから何が言いたいの?だった。まるで彼の人生をおさらいしたようなあらすじなのだ。だから細部が雑で、味気ない。入門編としての映画なのか、たまに撮るとそこそこ客が入るからなのか。そんなことしか発想が出てこない。
とにかく、寄りすぎのカメラワークに酔う。たぶん、ネガティブな感想はそのせいだ。

ゴーギャンにとってアルル時代のゴッホは、同棲中のメンヘラ女子のようなもの。メンドクサイ。こちら側にそう思わせないように作らないと、映画としては物足りなさしか残らない。

唯一、「天使は悲しむ者のそばにいる」の言葉が心に残った。まるで、苦しむ者にこそ阿弥陀様は救済の手を差しのべる「悪人正機」のよう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
栗太郎

3.0太陽の画家が見続けた、永遠の風景

2019年11月12日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

フィンセントが見ていたものは
肉眼が捉えたものでも、幻影でもない。

画家が見たのは、
太陽のフィルターを通した、
いのちの輝き。永遠の煌めき。

けして色褪せない、覚めない夢…

寄りのカメラでゴッホの主観を描き
引きのカメラでまわりの客観を描く
今、洋画で流行りの手法ではありますが
わたし個人としてはあまり好みではありません。が、
本作にかぎっては好意的に機能していたと思いました!

自身も画家であるジュリアン・シュナーベル監督の
審美眼が創り出すルックの美しさに目を見張る。

『ゴッホ映画』には欠かせない、言い換えれば
『ゴッホの画家人生』を語るうえには欠かせない
弟・テオやゴーギャンの描き方、
フィンセントを快く思ってない人物たちの態度も含めて
定石通りではありますが…
でも!エンドロールの“フランス語”での、
つまりはゴーギャンのモノローグが、
美術史的にも意義のある作品に仕上げている!
と、わたしは思いました♪

西洋絵画に興味がおありの方、
美術館でゴッホ作品にふれて知識を深めたい方にはおすすめ!

既存のゴッホファン、美術ファンには
少々退屈な展開かもしれませんが、
モティーフの人物、風景をみつける楽しみは十分に味わえます!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
野々原 ポコタ
「永遠の門 ゴッホの見た未来」の作品トップへ