ハウス・ジャック・ビルト

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ハウス・ジャック・ビルト
18%
44%
27%
7%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ダンサー・イン・ザ・ダーク」「ニンフォマニアック」の鬼才ラース・フォン・トリアーが、理性と狂気をあわせ持つシリアルキラーの内なる葛藤と欲望を過激描写の連続で描いたサイコスリラー。1970年代、ワシントン州。建築家を夢見るハンサムな独身の技師ジャックは、ある出来事をきっかけに、アートを創作するかのように殺人を繰り返すように。そんな彼が「ジャックの家」を建てるまでの12年間の軌跡を、5つのエピソードを通して描き出す。殺人鬼ジャックを「クラッシュ」のマット・ディロン、第1の被害者を「キル・ビル」のユマ・サーマン、謎の男バージを「ベルリン・天使の詩」のブルーノ・ガンツがそれぞれ演じる。カンヌ国際映画祭アウト・オブ・コンペティション部門で上映された際はあまりの過激さに賛否両論を巻き起こし、アメリカでは修正版のみ正式上映が許可されるなど物議を醸した。日本では無修正完全ノーカット版をR18+指定で上映。

2018年製作/152分/R18+/デンマーク・フランス・ドイツ・スウェーデン合作
原題:The House That Jack Built
配給:クロックワークス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 発狂する唇
  • インスマスを覆う影
  • 乱歩 妖しき女たち
  • 爆裂魔神少女 バーストマシンガール
  • ハングマンズ・ノット
  • ファミリー☆ウォーズ
  • メランコリック
  • オー・マイ・ゼット!
  • トリハダ 劇場版
  • トリハダ 劇場版2
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22
  • 画像23

(C)2018 ZENTROPA ENTERTAINMENTS31,ZENTROPA SWEDEN,SLOT MACHINE,ZENTROPA FRANCE,ZENTROPA KOLN

映画レビュー

4.0目を背けつつも陶酔する自分をどう捉えていいものやら

2019年6月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

怖い

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 12 件)
牛津厚信

4.0トリアー自身によるトリアー映画のサンプリング

2019年6月19日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

怖い

そんな印象を受けたのが今回の怪作。変態、露悪、実験、エログロ、バイオレンスなどなど、およそ良識とは対極にある要素に満ちた映画を撮り続けてきた鬼才が、やはり今回もシリアルキラーを題材に思うがまま自身の嗜好を追求しているかと思いきや、自身の過去作を引っ張り出してきてメタな視点を提示したり、グールドの演奏フッテージを繰り返し挿入したりと、音楽でいうサンプリングやリミックスの手法を応用した野心作だった。

マット・ディロンも俳優としてあらかた“消費”されてしまった気がしていたが、本作でまだまだ新境地を拓けるという感慨を抱いた。

まあ、好き嫌いが分かれるのは仕方ない。おぞましすぎて爆笑した場面もあり、妙な爽快感を覚えたことを白状しよう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 11 件)
高森 郁哉

3.5傑作か鬼作か?

2021年6月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

怖い

知的

難しい

この映画を人に勧めるかというとNoだろう。しかし映画として極めて立ってる映画であることは間違いない。ウイリアム・ブレイクの絵画が効果的に挿入され、それにより煉獄を知らず知らずにサブリミナルな効果が効果的にイメージとして植え付けられ、それによってあがらえない魅力を映像に感じてしまうのはどの観客の方々も同様のようだ。この映画は知る範囲で煉獄を描いたおそらく初めての映画でエンディングは2001年を想起してしまった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mark108hello

4.0本人は狂気でなく、大真面目という恐怖。

ytoshikさん
2021年5月18日
スマートフォンから投稿

悲しい

知的

難しい

ヒトラー発言でさよならとなったので、何やってんだよと思っていたが、そんな事も忘れてた頃にそう言えば、で鑑賞。
映画づくりという点では、視覚的、音的に相当なもの。殺人鬼物語云々の既成概念で、当然見始めるわけだけど、2人目くらいからすでに、大きく道がそれていく。
題名の通り、ジャックが建てた家は、ラストに明らかになるものの、彼は技師であり、建築家では無いというセリフも手伝って、単なる表現めいた箱だけの家が無目的に出来上がっている。
狩猟やらぶどうやらで、サイコパスにはサイコパスなりの理由があり、回路があり、思考があって、その経路自体はノーマルと何ら変わらない事を提示する。
提示はするが、お前だって、毎日毎日自己本位で生きてきたし、これからも自己保存だけで腐りながら生きていくんだろ、と問いかけてみた所で本質の確認で終わってしまうのが玉に瑕。
ましてや神曲CGで地獄行きは、彼の苦痛より欲望が上回っていく影のようで罰には思えない。映像作家としては、有数の人でも、精神世界についてはあまり深みに到達していない印象も。
とは言え、60人以上も殺すのを「止められない」人間の精神構造とその結果を描き尽くすなんて誰がやるのか、やれるのか。そういう意味では、”ラースの建てた家”をその類まれな作家性と映像技術で、二時間半見せ続けられたのである。絶対住まないけど。
草刈り風景に涙できたんだから、もう少し上の階のところで隠れサイコパスとして生きることもできたろうに。
つくづく人なんて紙一重なのか。いやいや愛と教育は必ず存在する。と、次回作では、落とし前をつけて欲しいところ。地獄のもっと先に何かあるかもよ!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ytoshik
すべての映画レビューを見る(全130件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る