ハウス・ジャック・ビルト

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ハウス・ジャック・ビルト
19%
49%
23%
6%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ダンサー・イン・ザ・ダーク」「ニンフォマニアック」の鬼才ラース・フォン・トリアーが、理性と狂気をあわせ持つシリアルキラーの内なる葛藤と欲望を過激描写の連続で描いたサイコスリラー。1970年代、ワシントン州。建築家を夢見るハンサムな独身の技師ジャックは、ある出来事をきっかけに、アートを創作するかのように殺人を繰り返すように。そんな彼が「ジャックの家」を建てるまでの12年間の軌跡を、5つのエピソードを通して描き出す。殺人鬼ジャックを「クラッシュ」のマット・ディロン、第1の被害者を「キル・ビル」のユマ・サーマン、謎の男バージを「ベルリン・天使の詩」のブルーノ・ガンツがそれぞれ演じる。カンヌ国際映画祭アウト・オブ・コンペティション部門で上映された際はあまりの過激さに賛否両論を巻き起こし、アメリカでは修正版のみ正式上映が許可されるなど物議を醸した。日本では無修正完全ノーカット版をR18+指定で上映。

2018年製作/152分/R18+/デンマーク・フランス・ドイツ・スウェーデン合作
原題:The House That Jack Built
配給:クロックワークス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ジェーン・ドウの解剖
  • 機械じかけの小児病棟
  • ハンガリー連続殺人鬼
  • 怪談新耳袋 百物語【TBSオンデマンド】
  • クリーピー 偽りの隣人
  • 霊的ボリシェヴィキ
  • もうひとりいる
  • 喰女 ―クイメ―
  • オーディション
  • カオス
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22
  • 画像23

(C)2018 ZENTROPA ENTERTAINMENTS31,ZENTROPA SWEDEN,SLOT MACHINE,ZENTROPA FRANCE,ZENTROPA KOLN

映画レビュー

4.0目を背けつつも陶酔する自分をどう捉えていいものやら

2019年6月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

怖い

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 9 件)
牛津厚信

4.0トリアー自身によるトリアー映画のサンプリング

2019年6月19日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

怖い

そんな印象を受けたのが今回の怪作。変態、露悪、実験、エログロ、バイオレンスなどなど、およそ良識とは対極にある要素に満ちた映画を撮り続けてきた鬼才が、やはり今回もシリアルキラーを題材に思うがまま自身の嗜好を追求しているかと思いきや、自身の過去作を引っ張り出してきてメタな視点を提示したり、グールドの演奏フッテージを繰り返し挿入したりと、音楽でいうサンプリングやリミックスの手法を応用した野心作だった。

マット・ディロンも俳優としてあらかた“消費”されてしまった気がしていたが、本作でまだまだ新境地を拓けるという感慨を抱いた。

まあ、好き嫌いが分かれるのは仕方ない。おぞましすぎて爆笑した場面もあり、妙な爽快感を覚えたことを白状しよう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 10 件)
高森 郁哉

3.5レビュー

2020年6月25日
iPhoneアプリから投稿

間違いなく人にオススメ出来る映画ではないです…😇
ただ、ここまで非人道的で、倫理感が欠如している映像でも、観ることが出来るものに仕上げるバランスは、さすがトリアー監督の成せる技です✨
みなさん観るときは、自己責任で🙇‍♂️

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
みそしる

4.0何を撮っても問題作となるラース・フォン・トリアー監督

kossyさん
2020年6月20日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 暗闇の中でのジャックとヴァージ(ブルーノ・ガンツ)との対話と有名ピアニストの演奏シーン、デビッド・ボウイの「Fame」が5章立ての犯罪歴を包む。

 第1章での山の中で出会ったユマ・サーマンとの事件。これが衝動的な初めての殺人なのだろうけど、車がエンコしたのを助けようとしたジャックに対してあまりにもぶしつけで横柄な罵倒には腹が立つほどでした。俺だったらその場で降ろしちゃいます・・・

 それ以降は完全に快楽殺人。被害者への接触の仕方とか警官に対する言い訳だとか、頭の悪そうな無計画さをも浮き彫りにするエピソード。それが運よく天候によって証拠が消えてしまったものだから、シリアルキラーとして確立してしまった。ヴァージが彼に対して否定もせず、セラピストのように聞くだけで、潜んでいる強迫性障害や少年時代からの残虐性を見つけてしまう。

 殺人の芸術性まで論ずるようになり、自分が支配者であるかのように振る舞うジャック。ヒトラーやスターリンなどの大量虐殺をも肯定する彼は芸術や医学的価値も見出し、フルメタルジャケット弾で一度に何人殺せるかを試したくなる。そしてヴァージは一体何者なんだという展開で進む、おぞましいストーリー。

 エピローグでの地獄のシーンはジャックも探求したい最終目的だったのだろう。悪事を誰もが止められなかった者の末路。冷凍室に〇〇で作り上げた“家”と同様、狂気と堕落のカタバシスなのです。このエピローグが無ければ、単なるシリアル・キラーの恐怖を描いたものになっただろうけど、こうした悪人が世の中にいるんだと思い知らされることになる。不快感いっぱいではあるけど、芸術と“反芸術”を見事に描き切った作品だと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全111件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る