ハウス・ジャック・ビルト

劇場公開日

ハウス・ジャック・ビルト
17%
44%
28%
7%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ダンサー・イン・ザ・ダーク」「ニンフォマニアック」の鬼才ラース・フォン・トリアーが、理性と狂気をあわせ持つシリアルキラーの内なる葛藤と欲望を過激描写の連続で描いたサイコスリラー。1970年代、ワシントン州。建築家を夢見るハンサムな独身の技師ジャックは、ある出来事をきっかけに、アートを創作するかのように殺人を繰り返すように。そんな彼が「ジャックの家」を建てるまでの12年間の軌跡を、5つのエピソードを通して描き出す。殺人鬼ジャックを「クラッシュ」のマット・ディロン、第1の被害者を「キル・ビル」のユマ・サーマン、謎の男バージを「ベルリン・天使の詩」のブルーノ・ガンツがそれぞれ演じる。カンヌ国際映画祭アウト・オブ・コンペティション部門で上映された際はあまりの過激さに賛否両論を巻き起こし、アメリカでは修正版のみ正式上映が許可されるなど物議を醸した。日本では無修正完全ノーカット版をR18+指定で上映。

2018年製作/152分/R18+/デンマーク・フランス・ドイツ・スウェーデン合作
原題:The House That Jack Built
配給:クロックワークス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22
  • 画像23

(C)2018 ZENTROPA ENTERTAINMENTS31,ZENTROPA SWEDEN,SLOT MACHINE,ZENTROPA FRANCE,ZENTROPA KOLN

映画レビュー

4.0目を背けつつも陶酔する自分をどう捉えていいものやら

2019年6月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

怖い

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 12 件)
牛津厚信

4.0トリアー自身によるトリアー映画のサンプリング

2019年6月19日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

怖い

そんな印象を受けたのが今回の怪作。変態、露悪、実験、エログロ、バイオレンスなどなど、およそ良識とは対極にある要素に満ちた映画を撮り続けてきた鬼才が、やはり今回もシリアルキラーを題材に思うがまま自身の嗜好を追求しているかと思いきや、自身の過去作を引っ張り出してきてメタな視点を提示したり、グールドの演奏フッテージを繰り返し挿入したりと、音楽でいうサンプリングやリミックスの手法を応用した野心作だった。

マット・ディロンも俳優としてあらかた“消費”されてしまった気がしていたが、本作でまだまだ新境地を拓けるという感慨を抱いた。

まあ、好き嫌いが分かれるのは仕方ない。おぞましすぎて爆笑した場面もあり、妙な爽快感を覚えたことを白状しよう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 11 件)
高森 郁哉

3.5クスッとしてしまう自分が怖い

おんこさん
2022年6月13日
iPhoneアプリから投稿

欝々とした気分になりたくて、鬱々と言えばダンサー・イン・ザ・ダークかな。ということでラース・フォンン・トリアー監督の映画かな!狂気と笑いはやっぱり紙一重ですね。シリアル・ママを観た時に似ている、くすっと感。ちょいちょい流れるデビットボウイがお洒落感を演出。ジャックのハウスも予想できたし、ラストはまあ、そっちの世界かって感じだし少しモヤモヤは残りながらも、でもじわじわとジャックが愛おしくなってきたところではっと我に返るエンディング。やっぱ二度と戻ってくるなよ、ジャック、てか。というわけで、全然鬱々になりませんでした(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
おんこ

3.5イライラしたら監督の狙い通りです

2021年12月22日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

簡単に言うと、殺人鬼の生活って感じですが、章ごとに展開されているので淡々と見れます。
ジャックの段取りの悪さや出演者にいらいらしてきたら、ラース・フォン・トリアー監督の勝ち。そういう風に作られたそうです。私もいらいらしましたし、早くやれ…!!って最後はなってました(笑)

殺人鬼の頭の中を理解するなんてできない。
=監督の頭の中を理解するなんてできない。

といったことが言いたかったんでしょうか。

ビジュアルは美しくて好きでした。赤が映えて綺麗。
暗くてぬるま湯にいるような殺人映画で、監督らしいなって思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
魅咲✝️
すべての映画レビューを見る(全139件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ハウス・ジャック・ビルト」以外にこんな作品をCheck-inしています。