東陽一

東陽一
ふりがな
ひがしよういち
別名
東ヨーイチ
誕生日
1934年11月14日
出身
日本/和歌山

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

和歌山県出身。早稲田大学文学部卒業後、岩波映画製作所に入社する。1962年に退社しフリーの映画監督として活動を始め、翌63年に短編「A FACE」で初メガホンをとる。ドキュメンタリー「東村山市」(64)と「沖縄列島」(69)を経て、初の劇映画「やさしいにっぽん人」で日本映画監督協会新人賞を受賞する。青春映画「サード」(78)では芸術選奨文部大臣新人賞をはじめ、数々の映画賞を受賞。続く「もう頬づえはつかない」(79)や「四季・奈津子」(80)で当代の若い女性の心理を描出し、81年にはにっかつロマンポルノ10周年記念作「ラブレター」を監督。その後も女性の生き様を描いた作品を多数発表していく。96年の「絵の中のぼくの村」は第46回ベルリン国際映画祭で銀熊賞に輝くなど、国内外で高い評価を受けた。その他の監督作に「橋のない川」(92)、「わたしのグランパ」(03)、「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」(10)、「だれかの木琴」(16)などがある。バリアフリー官能映画「エロバリ(エロティック・バリアフリー)」シリーズでは東ヨーイチの名義でメガホンをとった。

関連作品(映画)

東陽一の関連作品(映画)をもっと見る

受賞歴

東陽一の受賞歴の詳細を見る

写真・画像

東陽一の写真・画像をもっと見る

関連動画・予告編

東陽一の関連動画・予告編をもっと見る

関連記事

東陽一の関連記事をもっと見る

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

「東陽一」の関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る