酔いがさめたら、うちに帰ろう。
ホーム > 作品情報 > 映画「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」
メニュー

酔いがさめたら、うちに帰ろう。

劇場公開日

解説

人気漫画家の西原理恵子の元夫で、2007年に死去した戦場カメラマン・鴨志田穣さんの自伝的小説を、浅野忠信&永作博美主演で映画化。重度のアルコール依存症で入院することになった主人公が、個性的な患者たちと触れ合いながら、家族の深い愛情に支えられて心身ともに再生していく姿を描く。監督は「サード」「絵の中のぼくの村」の東陽一。共演に香山美子、市川実日子、利重剛ほか。

スタッフ

監督
原作
鴨志田穣
脚本
東陽一
企画
山上徹二郎
製作
山上徹二郎
大和田廣樹
定井勇二
大島満
プロデューサー
渡辺栄二
撮影
釘宮慎治
美術
磯見俊裕
編集
東陽一

キャスト

作品データ

製作年 2010年
製作国 日本
配給 ビターズ・エンド
上映時間 118分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

“すでに死にかけた男”の魂の放浪、その儚くも美しい終着点
酔いがさめたら、うちに帰ろう。の映画評論・批評

いきなり主人公が死にかけている。そこから過去にさかのぼり、“なぜ彼はこんな苦境に陥ったのか”を明かしていくというのはスリラーなどによくあるパターンだが、この映画は時間を逆戻ししたりしない。すでに死にかけている男のその後の虚ろな闘病の日...酔いがさめたら、うちに帰ろう。の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.3 3.3 (全13件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

30日間無料トライアル 月額400円で映画見放題

シン・ゴジラ 沈黙 -サイレンス- 三度目の殺人 ミュージアム
シン・ゴジラ 沈黙 -サイレンス- (字幕版) 三度目の殺人 ミュージアム
  • Powered by Amazon

他のユーザーは「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi